【Zenefits】人事の無料クラウドは、実は保険で稼いでいた!?

Zenefitsは中小企業向けに給与計算・支払、住民税支払、健康保険、401K、ストックオプション、採用手続き、勤怠管理などの人事管理サービスをSaaSで無料提供。保険仲介業務の免許取得業者でもあり、保険会社からの販売手数料で収益をあげている。

決め手はオバマケア。「法改正にビジネスチャンス」の典型例

 
米国のFINTECHスタートアップ、Zenefitsは2013年に創業。約600億円の資金調達をし、時価総額は5400億円になっています。
 
 
創業者のパーカーコンラッド氏は、若かりし頃に精巣癌となり闘病生活を送りました。「癌の既往歴」は医療保険で大変苦労をします。その頃からパーカーは医療保険制度に強く関心を持つようになりました。
 
 
オバマ大統領の医療改革を熱心にフォロー、2000ページの法案をすべて精読、そして、このZenefitsの構想を思いつきました。
 
 
アメリカでは、健康保険は各企業が保険会社から購入する仕組みで、オバマケアにより、フルタイム従業員が50人以上の中小企業では、健康保険加入が義務付けられました。
 
 
パーカーは全米50州すべての州での医療保険ブローカーの資格を取得。
オンラインで健康保険の比較・購入ができるサイト「Zenefits」をスタートしました。
 
 
とはいえ、販売サイトをこしらえただけでは、人はやってきませんので、周知のとおりの人事管理サービスを無償提供しました。
 
Zenefitsといえば人事クラウド」というのは「保険販売」のプロモーション戦略のひとつだったわけです。
 
 
なお、Zenefitsの由来は、「禅(Zen)」と「福利厚生(Benefit)」の組み合わせ。
 
制度も手続きも面倒年金や保険をもっと身近なものにしたい」という想いが込められているそうです。
 
 
Zenefitsは保険を売るだけでなく、課税控除の申告手続きも無償でやってくれます。
同業者から見て、Zenefitsは一介の保険販売ECではないところも競合優位性があるのでしょう。
 
 
ちなみに、オバマケア、いま大変なことになっているようです。
 
 
オバマケアの影響で保険料が数倍に値上がりしているのです。
そうなると企業も対応しきれずに正社員を減らすようになります。
病院側も書類に忙殺されたり、国から出るお金が他より安くおさえられたりと問題は山積みだそうです。
 
 
日本の医療制度社会保障制度でできた国民皆保険ですが、オバマケアは民間の皆保険制度になっているところが問題で、結局、保険会社のセールスに仕上がっているという構図。
 
 
このドロドロした利権の文脈に「人事管理クラウド」という禅僧侶の体で入り込んだパーカーコンラッド。この人すごいです。
 
 
日本の現在の医療費は40兆円。今後は100兆円市場になると見込まれます。
 
いずれはオバマケアの日本版みたいなことも起こりうるでしょう。
 
我が国の起業家も、これを他山の石として、チャンスをもぎ取ってもらいたいですね。
 
 
 

週刊FINTECHマガジン配信中

 
購読(無料)はこちら!
 
 
 

全額損金になる法人保険で決算対策!  


全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「【Zenefits】人事の無料クラウドは、実は保険で稼いでいた!?」に関連する記事

世界の注目FINTECH企業をまとめてみました。
世界で注目されるFINTECH企業を、人事、財務、保険、融資、投資、決済、送金、証券、企業間取引、資産管理、資産運用、仮想通貨、ブロックチェーン、クレジットスコア、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなどのカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 59130view
InsTech(インステック)とは?注目の保険関連サービスもまとめてみました。
インステックとは保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の掛けあわせた言葉で、保険領域の新しいITサービスの登場が期待されます。
OFFICE LIFE | 34520view
保険業界が注目すべきテクノロジーとビジネスモデル
フィンテックの次のフロンティアは保険業界と見られています。 なぜなら、保険業界は全世界で120兆円産業でありながら、他の業界よりも顧客満足度は低く、マーケティング手法も古びたものだから、ITによる改善の余地が大きすぎるというわけです。 事実、保険大国アメリカでも保険未加入者が半分もいるのです。
OFFICE LIFE | 4333view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング