「長期平準定期保険」に関する記事一覧

OFFICE LIFEには「長期平準定期保険」に関する記事が6件掲載されております。いま話題の「長期平準定期保険」に関する記事はOFFICE LIFEでお楽しみいただけます

長期平準定期保険の記事一覧

6件中 1件 - 6件
長期平準定期保険の生前株式贈与スキームとは?
退職金の積立でお馴染みの長期平準定期保険。 長いスパンでの積立で、定年退職の年に解約返戻率のピークをあわせるというやり方で運用します。 経営者の場合は、生前に株式を贈与する形での事業承継にも応用できるのです。
OFFICE LIFE | 671view
終身保険の法人加入、唯一のメリットは事業承継対策
終身保険は、個人で加入する場合は、保険料について所得控除が受けられたり、保険金の受取人を指定することで保険金を相続財産から除外することができたりとメリットが大きいのですが、法人の場合は少しカラクリが違います。
OFFICE LIFE | 1350view
半損になっても法人向けがん保険が人気の理由
平成24年まで「法人向けがん保険」は保険料全額の損金算入が「黙認」されていました。 それが半額になったわけですからメリットはずいぶん薄くなったかに見えます。
OFFICE LIFE | 1413view
【定期保険・長期平準定期・逓増定期】法人保険のホケノミクス、三本の矢とは。
法人保険でもっともポピュラーなのは、「全額損金の定期保険」「長期平準定期保険(1/2損金)」「逓増定期保険」です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2746view
解約時、ここだけは気をつけよう!法人保険の出口戦略。
法人保険は、保険料を支払っている期間中、ずっと節税効果を得ることができる上に、同時に含み益が発生しているので、節税と内部留保を実現できます。 しかしながら、解約時の返戻金は雑収入となり益金計上されますので、その時に税金がかかることになります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2122view
従業員の退職金積み立ての落とし穴。企業が100%負ける退職金裁判。
中小企業で退職金制度があるのは77%。支払額の大卒平均は1200万円(大企業や国家公務員では2400万円)です。しかしながら、毎年200件の退職金に関する裁判があり、退職金制度そのものが企業にとって重たい負担となっているようです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 10841view
1
ピックアップ
関連キーワード
長期平準定期保険に関連するキーワード
アクセスランキング