「相続」に関する記事一覧

OFFICE LIFEには「相続」に関する記事が13件掲載されております。いま話題の「相続」に関する記事はOFFICE LIFEでお楽しみいただけます

相続の記事一覧

13件中 1件 - 13件
事業承継後の後継者に対する特例をまとめました。
事業承継は、生前に株を後継者に与えるか、死ぬまで持ちづづけるか、また、親族に相続するか、従業員に事業継承するかで、問題となるポイントが変わります。いづれにしても、後継者の社会的信用が少ないため、運転資金を融資してもらうのが難しくなることがあります。
OFFICE LIFE | 1295view
長期平準定期保険の生前株式贈与スキームとは?
退職金の積立でお馴染みの長期平準定期保険。 長いスパンでの積立で、定年退職の年に解約返戻率のピークをあわせるというやり方で運用します。 経営者の場合は、生前に株式を贈与する形での事業承継にも応用できるのです。
OFFICE LIFE | 505view
終身保険の法人加入、唯一のメリットは事業承継対策
終身保険は、個人で加入する場合は、保険料について所得控除が受けられたり、保険金の受取人を指定することで保険金を相続財産から除外することができたりとメリットが大きいのですが、法人の場合は少しカラクリが違います。
OFFICE LIFE | 933view
相続税は、時間をかければ減らすことができる。だから生命保険で生前対策を♪
相続対策には、死亡時の対策と、生前時の対策の2通りがあります。 今回は、存命中にできる相続対策の生命保険活用術をお伝えします。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1709view
生命保険を活用しない相続対策はあり得ない。
相続税増税のニュースが一時期多く報道され、事実として相続税は増税傾向です。 相続対策というと節税をイメージされる方も多いかもしれませんが、まず、「争族」とならないよう、「適切に遺産を分割できるか?」ということが優先です。その次に、相続税は現金納付が原則ですので、「きちんと納税できるか?」なのです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 884view
生命保険の「変換権(コンバージョン)」は経営者の数十年かけたストーリー
生命保険営業の現場経験の長い人も、お客さんから「この保険にはコンバージョンはついてるの?」と聞かれることはごく稀です。しかしながら、変換権という機能は覚えておいて絶対に損はありません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2573view
相続税対策といえば一時払終身保険。
1回の支払いで、終身にわたって死亡に備えながら、資産形成ができる保険です。 「月払い」「年払い」に比べて保険料を安く抑えることができるほか、相続税対策にも利用できます。
OFFICE LIFE | 3061view
どちらが生き残るか賭けようぜ!連生終身保険。
連生終身保険とは「ふたりの保険をワンパック。夫婦の保障が、一生涯続きます。」という保険です。なお、夫婦だけではなく 3親等内の親族までの間柄でも加入することが可能です。
OFFICE LIFE | 826view
自社株買い取り、それとも二代目に世襲。株式の相続対策は気をつけて。
二代目社長の悩みはズバリ「自社株を相続した際の相続税」です。自社株式の評価法は「配当金額」「利益金額」「純資産額」で類似業種を比較するほか、「創業してからの毎年の経常利益の合計+資本金」という算出方法があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 785view
【事業保障の生命保険】企業存続に必要な金額、4つの考え方
事業保障資金を確保するために生命保険をかけるということは、「信用を維持する」「従業員を守る」「売上をカバーする」「社会的責任を果たす」などの目的が考えられます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 605view
経営者なら知っておくべき、生命保険の15の目的
経営者が考えるべき2つの保険とは、1つ目は、経営している会社名義の法人契約の生命保険。 もう1つは、契約者みずからの個人契約の生命保険です。経営者の方が生命保険を考えるときは、この2つの両面から考える必要があります。2つのバランスを欠いてしまった場合、後で様々な弊害がおこります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 5808view
経営者の私、いったいいくらの保険金を積めばいいの?
法人における必要な保険金額は、法人や事業の特性、経営状況、後継者の有無、家族保障、相続対策などあらゆる観点から多角的に検討をする必要があります。その上でどんな保険コンサルタントや税理士に相談すべきなのか、徹底的に解説します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 437view
経営者が今からお友達になっておくべき弁護士。6つのすすめ。
現在、弁護士の人数は36,000人程度です。日本の人口は1億2000万人程度ですから、3000人に1人しか弁護士はいません。弁護士の新規参入は年1回、新人2000人。こんなぬるま湯の世界ですから、優秀な弁護士と出会える機会は少ないのです。
OFFICE LIFE | 4672view
1
ピックアップ
関連キーワード
相続に関連するキーワード
アクセスランキング