「養老保険」に関する記事一覧

OFFICE LIFEには「養老保険」に関する記事が6件掲載されております。いま話題の「養老保険」に関する記事はOFFICE LIFEでお楽しみいただけます

養老保険の記事一覧

6件中 1件 - 6件
特殊養老保険ニーズに垣間見えるライフスタイルの変化
「特殊養老保険」は、逓増定期保険のしくみを養老保険に組み込んだ保険商品です。保険期間中に死亡・高度障害状態になった場合は、死亡保険金または高度障害保険金が支払われる。無事に満期となった場合は、基本保険金額の2倍の満期保険金が支払われます。
OFFICE LIFE | 2317view
猿の経営者でもわかる生命保険の基本3パターン。
経営者たる者、間違った知識を外で使うわけにはいきません。 保険営業マンに偉そうな態度をしていても、「あの社長、養老と終身の違いもわからないんだ」と後で笑われるだけです。
OFFICE LIFE | 1444view
退職金準備の王道、ハーフタックスプランの極意。
経営者退職金の場合、最適な保険商品は長期定期保険ですが、従業員の方の退職金準備にはこの養老保険ハーフタックスプランが王道です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3408view
上場企業になったらこれだけは覚えておこう、退職金はハーフタックスプラン。
ハーフタックスプランとは、ざっくりいうと退職金積み立てに生命保険(養老保険)を活用して、その積立金の半分を損金で落としてしまうという方法です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 5036view
従業員の退職金積み立ての落とし穴。企業が100%負ける退職金裁判。
中小企業で退職金制度があるのは77%。支払額の大卒平均は1200万円(大企業や国家公務員では2400万円)です。しかしながら、毎年200件の退職金に関する裁判があり、退職金制度そのものが企業にとって重たい負担となっているようです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 10840view
経営者なら知っておきたい養老保険。早わかりガイド
養老保険の法人契約は、「被保険者」「死亡保険金受取人」「満期保険金受取人」の設定によって支払い保険料の経理処理が複雑に変化します。「死亡保険金受取人=被保険者の遺族」「満期受取人=法人」とするハーフタックスプランにおいては支払保険料の半分を損金計上出来る要件を満たしておく必要があり、「死亡保険金受取人=法人」「満期受取人=被保険者」とする逆ハーフタックス(逆養老・リバース)プランについては、税務上のルールが明確にされていないので、将来的に取扱方法が変わる可能性があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2803view
1
ピックアップ
関連キーワード
養老保険に関連するキーワード
アクセスランキング