「退職金」に関する記事一覧

OFFICE LIFEには「退職金」に関する記事が16件掲載されております。いま話題の「退職金」に関する記事はOFFICE LIFEでお楽しみいただけます

退職金の記事一覧

16件中 1件 - 16件
長期定期保険の低解約有りと無しの違いとは?
低解約有りの長期保険とは、一定の期間の返戻率を7割にして、そのかわりに保険料や返戻率のパフォーマンスをあげている長期保険です。
法人保険ドットコム | 152view
基本は貯蓄か個人移動。まずは6つの法人保険スキームを覚えよう。
生命保険とは、金融庁の手先になっている保険会社が売っているものですから、租税回避ということは一切ないけど、「ご利用は計画に」をしないと、徒労におわる「節税ゲーム」です。
法人保険ドットコム | 1198view
退職金の現物払い、介護保険こそ節税ラインナップに。
昔は「病気」か「死亡」だけの対策で済んでいたのですが、今ははそこに「要介護」の対策もしておきましょうということになります。
YOU-U株式会社 | 1033view
上場企業になったらこれだけは覚えておこう、退職金はハーフタックスプラン。
ハーフタックスプランとは、ざっくりいうと退職金積み立てに生命保険(養老保険)を活用して、その積立金の半分を損金で落としてしまうという方法です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2123view
何度もやろうよ経営者の退職金。効果的な積み立て方法。
今回は退職金を、毎年1000万円を20年間積み立てる場合のシミュレーションをしてみました。 現金の貯めるのと生命保険での貯めるのでは、どれだけ差が生まれるのでしょうか?
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2337view
退職金の現物支給は、短期払医療保険&名義変更で!
掛け捨てにあたる「医療保険」は全損扱いとなります。 役員に対する医療保険、そして退職金現物支給として活用されています。
OFFICE LIFE | 650view
変換権を活用すれば老後も相続も安心
社長という人種は自分の引退など考えないものです。しかしながら、いづれはやって来る老後について、どこかで考えなくてはなります。考えるなら「今でしょ」というわけで、終身保険への変換について解説します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 803view
被保険者を自分にする必要はない。経営者の賢い勇退方法。
法人が保険金をかけて、法人が返戻金や保険金を受け取る場合、被保険者が誰であれ、保険から得られる利益に個人は関係なく、使いみちは法人の自由です。とはいえ、税務署にきちんと説明ができないといけません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 467view
解約時、ここだけは気をつけよう!法人保険の出口戦略。
法人保険は、保険料を支払っている期間中、ずっと節税効果を得ることができる上に、同時に含み益が発生しているので、節税と内部留保を実現できます。 しかしながら、解約時の返戻金は雑収入となり益金計上されますので、その時に税金がかかることになります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1011view
開業医なら知っておきたい福利厚生の保険活用術。
医療法人は、保険を節税や内部留保のために保険活用が有効ですが、個人事業主として開業している先生は保険を使っても損金として認められません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1019view
従業員の退職金積み立ての落とし穴。企業が100%負ける退職金裁判。
中小企業で退職金制度があるのは77%。支払額の大卒平均は1200万円(大企業や国家公務員では2400万円)です。しかしながら、毎年200件の退職金に関する裁判があり、退職金制度そのものが企業にとって重たい負担となっているようです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2608view
経営者なら知っておくべき、生命保険の15の目的
経営者が考えるべき2つの保険とは、1つ目は、経営している会社名義の法人契約の生命保険。 もう1つは、契約者みずからの個人契約の生命保険です。経営者の方が生命保険を考えるときは、この2つの両面から考える必要があります。2つのバランスを欠いてしまった場合、後で様々な弊害がおこります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4491view
役員の退職金はいくらにでも設定できる?
経営者の退職金の決め方は、法人で払える金額の中で「社長が必要なだけ」「社長の家族が必要なだけ」支払えば良い事になります。生存退職並びに死亡退職のどちらにも対応出来るという点で生命保険を活用した退職金積立が非常に有効です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 873view
突然の会社清算、社員はどうなる?
2015年の倒産件数は8812件、負債総額は2.1兆円。一社あたりの負債額は2.4億円になる。戦後最大の倒産件数は20,841件(1984年)、負債総額は24兆円(2000年)。なお、バブル崩壊期(91〜93年)の倒産件数は1〜1.5万件、負債総額は6〜8兆円だった。
OFFICE LIFE | 4107view
簡易生命表で自分の余命を知り、老後の必要資金を算出せよ。
老後に必要な資金は夫婦で1億円といった情報がとびかっていますが、公的年金や企業年金を差し引いて、そして退職タイミングをきちんとその時代の常識にそって行えば、2000万円〜4000万円ぐらいに納まります。一番いけないのは、不安を煽られすぎて何もしないことです。
OFFICE LIFE | 287view
法人保険は節税ではない。未来への投資である。
法人保険という単語を聞くと、「節税のやつでしょ」という反応する人がいます。 確かにそうだけど、そんな一言でまとめられないくらい奥深いものです。 そういう人は決まって、法人保険を活用も検討もしたことがないんです。 きちんと活用している経営者から見れば、馬鹿丸出しに見られてるかもしれません。
YOU-U株式会社 | 5193view
1
ピックアップ
関連キーワード
退職金に関連するキーワード
アクセスランキング