「AIG富士生命」に関する記事一覧

OFFICE LIFEには「AIG富士生命」に関する記事が14件掲載されております。いま話題の「AIG富士生命」に関する記事はOFFICE LIFEでお楽しみいただけます

AIG富士生命の記事一覧

14件中 1件 - 14件
全損定期のオススメは3社、全損逓増のオススメは2社。
全損定期保険と全損逓増(35歳以下)とでは、リーディングカンパニーが違ってきます。 35歳以下であれば5社を把握しておけば、まず間違いないでしょう。
法人保険ドットコム | 1117view
生保各社でこんなに違うがん保険。ポイントは「上皮内」の扱い。
がん保険を検討するときには、上皮内新生物と悪性新生物の違いと保障内容の変化について、きちと理解しておく必要があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3311view
子宮頸がんの手前、「高度異形成」で貰えるガン保険がめちゃアツい!!
子宮頸がんとは、子宮の入り口付近「子宮頸部」にできるがんを「子宮頸がん」といいます。 子宮頸がんの原因はHPVウィルスです。子宮頸がんになる前の病状を「異形成」とよびます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 5360view
【超ウルトラクイズ】生命保険会社の特徴から生保会社を特定せよ。
生保関連業者の方でこれに答えられなかったら、モグリと言わせていただきます。
法人保険ドットコム | 2288view
返戻率がもっとも高い全額損金保険とは?(2016年5月最新)
各年齢・各年度で返戻率を比較し、最も返戻率の高い保険会社の返戻率をしらべてみました。
OFFICE LIFE | 5538view
経営者にとってベストな医療保障系保険とは
医療保障系保険といえば、医療保険、ガン保険、特定疾病保障保険、介護保険などがあげられます。個人で加入の場合、商品選びのポイントは給付要件の範囲が重要ですが、法人契約の場合は、ここだけの話、「受け取り手が誰になるか」なのです。
OFFICE LIFE | 2791view
企業の成長とともに保険金が増える逓増定期保険
企業の成長とともに、死亡保障金額が増加していくという考え方ができる「逓増定期保険」は法人保険のために生まれたといっても過言ではありません。
OFFICE LIFE | 366view
全額損金となる法人保険のルールと保険タイプ
全損の保険といえば、解約返戻金がない法人保険で、定期保険、収入保障保険、医療保険、がん保険などを思い浮かべますが、解約返戻金があるものでも全損保険はあります。
OFFICE LIFE | 3970view
【節税の切り札】表あれば裏あり。逆ハーフタックスプランで全額損金。
全額損金となる養老保険を使った節税対策で通称「逆ハーフタックスプラン」と呼ばれる怪しげな用語があります。 これは「逆養老」とも呼ばれるもので、保険料の全額を損金とできる上、解約返戻金または満期保険金を退職金に活用できるというものです。しかしながら実は、リスクが高く、事前にしっかりと理解しておくことが大切です。
OFFICE LIFE | 1311view
逓増定期保険。経理処理の3つのポイント
逓増定期保険で税務上のメリットを得るためには3つのポイントがあります。 年齢、期間、損金と資産の割合、についてしっかり抑えましょう。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 808view
退職金準備の王道、ハーフタックスプランの極意。
経営者退職金の場合、最適な保険商品は長期定期保険ですが、従業員の方の退職金準備にはこの養老保険ハーフタックスプランが王道です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1967view
上場企業になったらこれだけは覚えておこう、退職金はハーフタックスプラン。
ハーフタックスプランとは、ざっくりいうと退職金積み立てに生命保険(養老保険)を活用して、その積立金の半分を損金で落としてしまうという方法です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2761view
決算対策の生命保険の落とし穴。ゴールからの逆算で回避しよう。
今季は黒字決算だけど、来期も好調かどうかはわからないという時、今期の利益の一部を簿外に残して、もし赤字になったときにはその利益を計上してうまく損益相殺するという、円滑な企業経営の手段として法人保険の活用があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1025view
経営者なら知っておくべき逓増定期保険の魅力
逓増定期保険は、死亡・高度障害保険金が加入時の最大5倍にまで逓増していく生命保険です。保険期間経過に応じて保険金額が増えても支払保険料額に変動はありません。そのために途中で解約した場合には多くの返戻金があるのが特徴です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1000view
1
ピックアップ
関連キーワード
AIG富士生命に関連するキーワード
アクセスランキング