「三井住友海上あいおい生命」に関する記事一覧

OFFICE LIFEには「三井住友海上あいおい生命」に関する記事が10件掲載されております。いま話題の「三井住友海上あいおい生命」に関する記事はOFFICE LIFEでお楽しみいただけます

三井住友海上あいおい生命の記事一覧

10件中 1件 - 10件
【超ウルトラクイズ】生命保険会社の特徴から生保会社を特定せよ。
生保関連業者の方でこれに答えられなかったら、モグリと言わせていただきます。
法人保険ドットコム | 6195view
退職金代わりの現物支給、終身医療保険の「名義変更プラン」
ほとんどの「医療保険」は解約返戻金がないため、貯蓄性はありません。 しかし、商品と契約の内容によっては、会社の資産をあなた個人に移転させるに等しい効果があります。しかも、保険料の全額を損金にできます。解約返戻金のないタイプの「がん保険」でも、同様の活用ができます。
OFFICE LIFE | 3214view
金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 23011view
長期平準定期保険の生前株式贈与スキームとは?
退職金の積立でお馴染みの長期平準定期保険。 長いスパンでの積立で、定年退職の年に解約返戻率のピークをあわせるというやり方で運用します。 経営者の場合は、生前に株式を贈与する形での事業承継にも応用できるのです。
OFFICE LIFE | 902view
生命保険の「変換権(コンバージョン)」は経営者の数十年かけたストーリー
生命保険営業の現場経験の長い人も、お客さんから「この保険にはコンバージョンはついてるの?」と聞かれることはごく稀です。しかしながら、変換権という機能は覚えておいて絶対に損はありません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 6330view
何度もやろうよ経営者の退職金。効果的な積み立て方法。
今回は退職金を、毎年1000万円を20年間積み立てる場合のシミュレーションをしてみました。 現金の貯めるのと生命保険での貯めるのでは、どれだけ差が生まれるのでしょうか?
NPO法人 全日本保険FP協会 | 5796view
変換権を活用すれば老後も相続も安心
社長という人種は自分の引退など考えないものです。しかしながら、いづれはやって来る老後について、どこかで考えなくてはなります。考えるなら「今でしょ」というわけで、終身保険への変換について解説します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1778view
【定期保険・長期平準定期・逓増定期】法人保険のホケノミクス、三本の矢とは。
法人保険でもっともポピュラーなのは、「全額損金の定期保険」「長期平準定期保険(1/2損金)」「逓増定期保険」です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3631view
創業期の経営者は変換権を活用しよう。
創業期の保険のポイントは「借入金と同程度の保障」と「固定費を増やさないように安い掛け捨て」があげられます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1023view
【若手経営者必見】返戻率の高い、全額損金の逓増定期保険。
かつて逓増定期保険は、保険料を全額損金で処理出来る上に返戻率も高く、高人気商品でしたが、2008年に国税庁の指摘により、契約期間が45歳を超えるものは保険料の1/2が資産計上となりました。
OFFICE LIFE | 5134view
1
ピックアップ
関連キーワード
三井住友海上あいおい生命に関連するキーワード
アクセスランキング