「長期定期保険」に関する記事一覧

OFFICE LIFEには「長期定期保険」に関する記事が9件掲載されております。いま話題の「長期定期保険」に関する記事はOFFICE LIFEでお楽しみいただけます

長期定期保険の記事一覧

9件中 1件 - 9件
長期定期保険の低解約有りと無しの違いとは?
低解約有りの長期保険とは、一定の期間の返戻率を7割にして、そのかわりに保険料や返戻率のパフォーマンスをあげている長期保険です。
法人保険ドットコム | 415view
長期保険は期間短縮と期間延長を自由自在に。
「将来払えなくなったらどうしよう?」という不安があったときに「期間短縮」があれば、強気に行くことができます。そこでもう一つ考慮に入れたいのが、そこからの「期間延長」です。「途中で払えるようになったらどうしよう?」という時に初志に戻ることができるオプションです。
法人保険ドットコム | 2137view
【退職金積立】長期定期保険と逓増定期保険の違いとは
「長期平準定期保険」と「逓増定期保険」の共通点は、1.解約返戻金が積み上がる、2.半額損金にして税負担を軽減、3.多額出費時の赤字のリスク回避、があげられます。
OFFICE LIFE | 2185view
金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 14505view
長期平準定期保険の生前株式贈与スキームとは?
退職金の積立でお馴染みの長期平準定期保険。 長いスパンでの積立で、定年退職の年に解約返戻率のピークをあわせるというやり方で運用します。 経営者の場合は、生前に株式を贈与する形での事業承継にも応用できるのです。
OFFICE LIFE | 671view
退職金準備の王道、ハーフタックスプランの極意。
経営者退職金の場合、最適な保険商品は長期定期保険ですが、従業員の方の退職金準備にはこの養老保険ハーフタックスプランが王道です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3408view
何度もやろうよ経営者の退職金。効果的な積み立て方法。
今回は退職金を、毎年1000万円を20年間積み立てる場合のシミュレーションをしてみました。 現金の貯めるのと生命保険での貯めるのでは、どれだけ差が生まれるのでしょうか?
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4243view
【定期保険・長期平準定期・逓増定期】法人保険のホケノミクス、三本の矢とは。
法人保険でもっともポピュラーなのは、「全額損金の定期保険」「長期平準定期保険(1/2損金)」「逓増定期保険」です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2746view
従業員の退職金積み立ての落とし穴。企業が100%負ける退職金裁判。
中小企業で退職金制度があるのは77%。支払額の大卒平均は1200万円(大企業や国家公務員では2400万円)です。しかしながら、毎年200件の退職金に関する裁判があり、退職金制度そのものが企業にとって重たい負担となっているようです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 10841view
1
ピックアップ
関連キーワード
長期定期保険に関連するキーワード
アクセスランキング