「節税」に関する記事一覧

OFFICE LIFEには「節税」に関する記事が23件掲載されております。いま話題の「節税」に関する記事はOFFICE LIFEでお楽しみいただけます

節税の記事一覧

23件中 1件 - 20件
法人保険が「節税」なのではない。生保会社が一番儲けているのだから。
生保会社とあなたの会社のWIN-WIN関係の築き方をご指南いたします。
法人保険ドットコム | 2647view
基本は貯蓄か個人移動。まずは6つの法人保険スキームを覚えよう。
生命保険とは、金融庁の手先になっている保険会社が売っているものですから、租税回避ということは一切ないけど、「ご利用は計画に」をしないと、徒労におわる「節税ゲーム」です。
法人保険ドットコム | 1628view
退職金の現物払い、介護保険こそ節税ラインナップに。
昔は「病気」か「死亡」だけの対策で済んでいたのですが、今ははそこに「要介護」の対策もしておきましょうということになります。
YOU-U株式会社 | 1386view
会社は死んでも経営者は生き残る。だから生命保険で資金移動を。
法人保険の退職金スキームを知らない経営者はモグリです。 いやモグッた時に浮上が難しいのです。
法人保険ドットコム | 2421view
収益不動産は「個人」で保有するのではなく、「資産管理会社」を設立して保有する時代!?
最近、収益不動産を保有するにあたり、資産管理会社に保有させる、ないしは資産管理会社をかませることで個人の収入・所得を調整するという手法が一般的になってきています。
株式会社JAMP | 2380view
成功し続ける経営者の、「金銭への嗅覚」
法人保険の最大のデメリットは、「その保険料を少なくとも3回は払い続けないと、投資効果は得られない」ということに尽きます。
YOU-U株式会社 | 340view
決算対策で無駄なコストを垂れ流してませんか?
無駄がたくさんの企業経営という話です。
YOU-U株式会社 | 269view
【完全なる節税】「全額損金タイプ」の退職金という裏ワザもある!
「1/2損金タイプ」の長期平準定期保険・逓増定期保険に比べるとややマイナーな保険ですが、経営者の退職金の積立に活用されている全損保険があります。
OFFICE LIFE | 3866view
退職金をより多く受け取るために。経営者の「出口対策」
積立型の保険商品といえば、解約返戻率とタイミングばかりに目が囚われてしまいますが、他にも見ておくべきことが3つほどあります。
OFFICE LIFE | 880view
金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 9324view
全額損金となる法人保険のルールと保険タイプ
全損の保険といえば、解約返戻金がない法人保険で、定期保険、収入保障保険、医療保険、がん保険などを思い浮かべますが、解約返戻金があるものでも全損保険はあります。
OFFICE LIFE | 4415view
相続税は、時間をかければ減らすことができる。だから生命保険で生前対策を♪
相続対策には、死亡時の対策と、生前時の対策の2通りがあります。 今回は、存命中にできる相続対策の生命保険活用術をお伝えします。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1709view
【節税の切り札】表あれば裏あり。逆ハーフタックスプランで全額損金。
全額損金となる養老保険を使った節税対策で通称「逆ハーフタックスプラン」と呼ばれる怪しげな用語があります。 これは「逆養老」とも呼ばれるもので、保険料の全額を損金とできる上、解約返戻金または満期保険金を退職金に活用できるというものです。しかしながら実は、リスクが高く、事前にしっかりと理解しておくことが大切です。
OFFICE LIFE | 1456view
退職金準備の王道、ハーフタックスプランの極意。
経営者退職金の場合、最適な保険商品は長期定期保険ですが、従業員の方の退職金準備にはこの養老保険ハーフタックスプランが王道です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2333view
全損と半損、はたしてどちらが良い保険?
資産計上額分の保険は、保険料として会社からキャッシュが出ていくうえに、その金額の35%が法人税として当期に納税もしなければなりませんから、キャッシュフローは悪化します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 7169view
【定期保険・長期平準定期・逓増定期】法人保険のホケノミクス、三本の矢とは。
法人保険でもっともポピュラーなのは、「全額損金の定期保険」「長期平準定期保険(1/2損金)」「逓増定期保険」です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1924view
法人税は低くなり、個人の税金高くなるからこそ、今からできること。
グローバル化が進む昨今、国は企業の海外流出を防ぐため、企業の海外競争力をつけるため、法人税を低くすると打ち出しました。一方で、所得税、相続税が高くなり、消費税は引き続き上がる予定です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1044view
超激アツ、逓増定期保険の名義変更を知らずして保険を語るなかれ
法人契約の生命保険を個人に名義変更するには、誰しも納得出来るような理由がなければなりません。「法人税を節税するため」とか「役員報酬で貰うよりも税金負担が少ないため」という理由で契約者を変更することは、納税を逃れるために行ったと見なされて、税務署から指摘をされて余計な納税(過小申告加算税・延滞税など)が発生するリスクがあります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3857view
経営者なら知っておくべき逓増定期保険の魅力
逓増定期保険は、死亡・高度障害保険金が加入時の最大5倍にまで逓増していく生命保険です。保険期間経過に応じて保険金額が増えても支払保険料額に変動はありません。そのために途中で解約した場合には多くの返戻金があるのが特徴です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1103view
1 2
ピックアップ
関連キーワード
節税に関連するキーワード
アクセスランキング