法人向け保険販売について資格認定を行う唯一の機関です。

NPO法人全日本保険FP協会は、法人向け保険販売の資格認定事業を通じて保険営業パーソン・税理士(会計士)による事業(医業)経営者のサポートを目的としております。 単なる保険販売だけではない、事業(医業)経営者のパートナーとして共生できる存在を目指して、一定のスキルと人格を有した人に対して法人保険アドバイザー(BFP)資格・法人保険マイスター(DFP)資格・財務FP資格の認定を行っております。

NPO法人 全日本保険FP協会

設立年月日
平成25年7月3日
代表者
井上得四郎
資本金
 
従業員数
会員数220名
事業内容
・法人保険提案に関する各種資格認定 ・各種資格認定講座の開催と運営 ・各種資格認定講座の講師派遣
ホームページ

「NPO法人 全日本保険FP協会」の提供記事

39件中 1件 - 20件
保険業界の専門用語、隠語をこっそり、まとめました。
保険の契約時などに何気なく交わされる保険用語や、保険マンが社内や飲み会などで交わされる隠語などをまとめてみました。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 10113view
経営者なら知っておくべき、生命保険の15の目的
経営者が考えるべき2つの保険とは、1つ目は、経営している会社名義の法人契約の生命保険。 もう1つは、契約者みずからの個人契約の生命保険です。経営者の方が生命保険を考えるときは、この2つの両面から考える必要があります。2つのバランスを欠いてしまった場合、後で様々な弊害がおこります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4514view
全損と半損、はたしてどちらが良い保険?
資産計上額分の保険は、保険料として会社からキャッシュが出ていくうえに、その金額の35%が法人税として当期に納税もしなければなりませんから、キャッシュフローは悪化します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4452view
子宮頸がんの手前、「高度異形成」で貰えるガン保険がめちゃアツい!!
子宮頸がんとは、子宮の入り口付近「子宮頸部」にできるがんを「子宮頸がん」といいます。 子宮頸がんの原因はHPVウィルスです。子宮頸がんになる前の病状を「異形成」とよびます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3950view
超激アツ、逓増定期保険の名義変更を知らずして保険を語るなかれ
法人契約の生命保険を個人に名義変更するには、誰しも納得出来るような理由がなければなりません。「法人税を節税するため」とか「役員報酬で貰うよりも税金負担が少ないため」という理由で契約者を変更することは、納税を逃れるために行ったと見なされて、税務署から指摘をされて余計な納税(過小申告加算税・延滞税など)が発生するリスクがあります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2903view
生保各社でこんなに違うがん保険。ポイントは「上皮内」の扱い。
がん保険を検討するときには、上皮内新生物と悪性新生物の違いと保障内容の変化について、きちと理解しておく必要があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2885view
従業員の退職金積み立ての落とし穴。企業が100%負ける退職金裁判。
中小企業で退職金制度があるのは77%。支払額の大卒平均は1200万円(大企業や国家公務員では2400万円)です。しかしながら、毎年200件の退職金に関する裁判があり、退職金制度そのものが企業にとって重たい負担となっているようです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2646view
何度もやろうよ経営者の退職金。効果的な積み立て方法。
今回は退職金を、毎年1000万円を20年間積み立てる場合のシミュレーションをしてみました。 現金の貯めるのと生命保険での貯めるのでは、どれだけ差が生まれるのでしょうか?
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2348view
退職金制度を作る方法と積み立て方法
退職金制度を作るにはまず退職金規定を設けなければなりません。また退職金の積み立て方法は、公的年金と、内部留保と、生命保険があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2178view
上場企業になったらこれだけは覚えておこう、退職金はハーフタックスプラン。
ハーフタックスプランとは、ざっくりいうと退職金積み立てに生命保険(養老保険)を活用して、その積立金の半分を損金で落としてしまうという方法です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2146view
中退共(中小企業退職金共済制度)って本当にいいの?
中小企業で従業員退職金の積立制度として人気の中退共(中小企業退職金共済制度)は平成27年時点では、約36万社・330万人が加入しています。中退共の特長は、掛金の全額が損金として計上できる点と、国の助成制度がある点になります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2141view
生命保険の「変換権(コンバージョン)」は経営者の数十年かけたストーリー
生命保険営業の現場経験の長い人も、お客さんから「この保険にはコンバージョンはついてるの?」と聞かれることはごく稀です。しかしながら、変換権という機能は覚えておいて絶対に損はありません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1709view
退職金準備の王道、ハーフタックスプランの極意。
経営者退職金の場合、最適な保険商品は長期定期保険ですが、従業員の方の退職金準備にはこの養老保険ハーフタックスプランが王道です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1567view
【定期保険・長期平準定期・逓増定期】法人保険のホケノミクス、三本の矢とは。
法人保険でもっともポピュラーなのは、「全額損金の定期保険」「長期平準定期保険(1/2損金)」「逓増定期保険」です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1531view
相続税は、時間をかければ減らすことができる。だから生命保険で生前対策を♪
相続対策には、死亡時の対策と、生前時の対策の2通りがあります。 今回は、存命中にできる相続対策の生命保険活用術をお伝えします。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1400view
経営者なら知っておきたい養老保険。早わかりガイド
養老保険の法人契約は、「被保険者」「死亡保険金受取人」「満期保険金受取人」の設定によって支払い保険料の経理処理が複雑に変化します。「死亡保険金受取人=被保険者の遺族」「満期受取人=法人」とするハーフタックスプランにおいては支払保険料の半分を損金計上出来る要件を満たしておく必要があり、「死亡保険金受取人=法人」「満期受取人=被保険者」とする逆ハーフタックス(逆養老・リバース)プランについては、税務上のルールが明確にされていないので、将来的に取扱方法が変わる可能性があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1354view
税理士も筆のあやまり。損害賠償は10億円突破。
税理士賠償責任保険の支払状況より、税理士によりどんなミスが起こりうるのかを、徹底解説していきます。経営者の皆様も、予期して税理士に確認することで、追徴課税がおきないようにしておきたいものです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1277view
「経営者と給与所得者の違い」で選ぶ生命保険の三か条
経営者の多くがサラリーマン時代の保険をそのまま継続しています。 ここに最初の生命保険に関する見直しポイントがあります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1177view
経営者ならしっておくべき団体信用生命保険。
信用保証協会付融資を受ける場合、団体信用生命保険に加入しておけば、経営者に万が一のこと発生した場合には借金はチャラになっても、おりてくる保険金には課税されます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1171view
解約時、ここだけは気をつけよう!法人保険の出口戦略。
法人保険は、保険料を支払っている期間中、ずっと節税効果を得ることができる上に、同時に含み益が発生しているので、節税と内部留保を実現できます。 しかしながら、解約時の返戻金は雑収入となり益金計上されますので、その時に税金がかかることになります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1028view
1 2

この会社の関連キーワード

ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング