法人向け保険販売について資格認定を行う唯一の機関です。

NPO法人全日本保険FP協会は、法人向け保険販売の資格認定事業を通じて保険営業パーソン・税理士(会計士)による事業(医業)経営者のサポートを目的としております。 単なる保険販売だけではない、事業(医業)経営者のパートナーとして共生できる存在を目指して、一定のスキルと人格を有した人に対して法人保険アドバイザー(BFP)資格・法人保険マイスター(DFP)資格・財務FP資格の認定を行っております。

NPO法人 全日本保険FP協会

設立年月日
平成25年7月3日
代表者
井上得四郎
資本金
 
従業員数
会員数220名
事業内容
・法人保険提案に関する各種資格認定 ・各種資格認定講座の開催と運営 ・各種資格認定講座の講師派遣
ホームページ

「NPO法人 全日本保険FP協会」の提供記事

39件中 1件 - 20件
生保各社でこんなに違うがん保険。ポイントは「上皮内」の扱い。
がん保険を検討するときには、上皮内新生物と悪性新生物の違いと保障内容の変化について、きちと理解しておく必要があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4697view
医療保険、ガン保険、特定疾病保障保険、介護保険の給付要件をまとめました。
医療保険、ガン保険、特定疾病保障保険、介護保険の4つを例に取り解説します。 まずそれぞれの給付金が受け取れる要件をみていきましょう。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1115view
子宮頸がんの手前、「高度異形成」で貰えるガン保険がめちゃアツい!!
子宮頸がんとは、子宮の入り口付近「子宮頸部」にできるがんを「子宮頸がん」といいます。 子宮頸がんの原因はHPVウィルスです。子宮頸がんになる前の病状を「異形成」とよびます。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 9142view
相続税は、時間をかければ減らすことができる。だから生命保険で生前対策を♪
相続対策には、死亡時の対策と、生前時の対策の2通りがあります。 今回は、存命中にできる相続対策の生命保険活用術をお伝えします。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2124view
生命保険を活用しない相続対策はあり得ない。
相続税増税のニュースが一時期多く報道され、事実として相続税は増税傾向です。 相続対策というと節税をイメージされる方も多いかもしれませんが、まず、「争族」とならないよう、「適切に遺産を分割できるか?」ということが優先です。その次に、相続税は現金納付が原則ですので、「きちんと納税できるか?」なのです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1098view
生命保険の「変換権(コンバージョン)」は経営者の数十年かけたストーリー
生命保険営業の現場経験の長い人も、お客さんから「この保険にはコンバージョンはついてるの?」と聞かれることはごく稀です。しかしながら、変換権という機能は覚えておいて絶対に損はありません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3494view
逓増定期保険。経理処理の3つのポイント
逓増定期保険で税務上のメリットを得るためには3つのポイントがあります。 年齢、期間、損金と資産の割合、についてしっかり抑えましょう。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1237view
退職金準備の王道、ハーフタックスプランの極意。
経営者退職金の場合、最適な保険商品は長期定期保険ですが、従業員の方の退職金準備にはこの養老保険ハーフタックスプランが王道です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3056view
上場企業になったらこれだけは覚えておこう、退職金はハーフタックスプラン。
ハーフタックスプランとは、ざっくりいうと退職金積み立てに生命保険(養老保険)を活用して、その積立金の半分を損金で落としてしまうという方法です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4467view
経営者目線で福利厚生を考えると、実はグループ保険がコスパ最高!
グループ保険とは、契約者を法人、被保険者を従業員にして掛ける保険で、従業員の福利厚生として活用されております。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1463view
保険業界の専門用語、隠語をこっそり、まとめました。
保険の契約時などに何気なく交わされる保険用語や、保険マンが社内や飲み会などで交わされる隠語などをまとめてみました。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 26472view
何度もやろうよ経営者の退職金。効果的な積み立て方法。
今回は退職金を、毎年1000万円を20年間積み立てる場合のシミュレーションをしてみました。 現金の貯めるのと生命保険での貯めるのでは、どれだけ差が生まれるのでしょうか?
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3828view
全損と半損、はたしてどちらが良い保険?
資産計上額分の保険は、保険料として会社からキャッシュが出ていくうえに、その金額の35%が法人税として当期に納税もしなければなりませんから、キャッシュフローは悪化します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 10177view
決算対策の生命保険の落とし穴。ゴールからの逆算で回避しよう。
今季は黒字決算だけど、来期も好調かどうかはわからないという時、今期の利益の一部を簿外に残して、もし赤字になったときにはその利益を計上してうまく損益相殺するという、円滑な企業経営の手段として法人保険の活用があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1501view
変換権を活用すれば老後も相続も安心
社長という人種は自分の引退など考えないものです。しかしながら、いづれはやって来る老後について、どこかで考えなくてはなります。考えるなら「今でしょ」というわけで、終身保険への変換について解説します。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1239view
【定期保険・長期平準定期・逓増定期】法人保険のホケノミクス、三本の矢とは。
法人保険でもっともポピュラーなのは、「全額損金の定期保険」「長期平準定期保険(1/2損金)」「逓増定期保険」です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 2470view
退職金制度を作る方法と積み立て方法
退職金制度を作るにはまず退職金規定を設けなければなりません。また退職金の積み立て方法は、公的年金と、内部留保と、生命保険があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4594view
自社株買い取り、それとも二代目に世襲。株式の相続対策は気をつけて。
二代目社長の悩みはズバリ「自社株を相続した際の相続税」です。自社株式の評価法は「配当金額」「利益金額」「純資産額」で類似業種を比較するほか、「創業してからの毎年の経常利益の合計+資本金」という算出方法があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1018view
被保険者を自分にする必要はない。経営者の賢い勇退方法。
法人が保険金をかけて、法人が返戻金や保険金を受け取る場合、被保険者が誰であれ、保険から得られる利益に個人は関係なく、使いみちは法人の自由です。とはいえ、税務署にきちんと説明ができないといけません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 726view
解約時、ここだけは気をつけよう!法人保険の出口戦略。
法人保険は、保険料を支払っている期間中、ずっと節税効果を得ることができる上に、同時に含み益が発生しているので、節税と内部留保を実現できます。 しかしながら、解約時の返戻金は雑収入となり益金計上されますので、その時に税金がかかることになります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1851view
1 2

この会社の関連キーワード

ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング