軽自動車の保険を安くするための方法

安い自動車保険の秘密

安い自動車保険

Crash toy cars isolated on white background

自動車保険の種類を知ろう

1

自動車保険には、大きく分けて「任意保険」と「自賠責保険」の2種類の保険があります。自賠責保険は、法律による加入が義務付けられているため、
強制保険などとも呼ばれることもあるでしょう。一方で任意保険は、任意での加入となっている保険で、自賠責保険では賄えない手厚い保障が受けられます。
通勤などで自家用車を使用する場合には、この両方の保険に加入していることが条件となっている会社もあり、補償内容も最低限満たしておかなければならない基準もあるようです。
自賠責保険は、主に被害者の救済を目的としており、自身への損害は基本的には保障されません。しかも保険金には限度額があり、それを超えた分については自己負担となってしまうのも難点です。
任意保険は、これをカバーする補償内容が多くなっており、相手への補償限度額も上限が高い(上限なしの場合も多い)ので、万が一の場合にも安心できるでしょう。

自賠責保険の種類は限定的ですが、任意保険の種類は大きく分けて7種類あります。
1.対人賠償保険
事故を起こしてしまったことにより、他人にケガをさせてしまった場合や、死亡させてしまった場合に適用される保険

2.対物賠償保険
有責により破損させてしまったものを修理するのに適用される保険

3.搭乗者傷害保険
運転手や同乗者が怪我をした、死亡してしまった場合に適用される保険

4.自損事故保険
自分だけで起こした単独事故で、他人を巻き込んでいない場合に適用される保険。

5.無保険者傷害保険
事故に巻き込まれた場合で、加害者が対人賠償保険に加入していない、若しくは賠償金額が少なく、カバーしきれない場合に適用される保険

6.人身傷害補償保険
事故による怪我の治療にかかる費用を補償する保険で、自損事故や過失の場合にも適用できます。

7.車両保険
事故による車両の破損を修理する際に発生する費用を保証する保険です。場合により全額保証されないこともあります。

一般的な保険料相場を知ろう

2

自動車保険は、保険会社や補償内容によって保険料が変わってきますが、一般的な補償内容での保険相場というものがあります。この金額を基準にして、加入しようとしている保険金額が高いのか、安いのかを判断すると良いでしょう。
年齢によっても変わって来るのが自動車保険の特徴ですが、任意保険で「車両保険」あり、対人・対物「無制限」、「人身傷害補償保険」3000万円、「搭乗者傷害保険」なしという設定で紹介していきます。
20歳以下     96,324円
21~25歳以下     78,264円
26~29歳以下     61,540円
30~34歳以下     56,589円
35~49歳以下     54,012円
50~54歳以下     58,242円
55~59歳以下     61,436円
60~64歳以下     67,852円
65歳以上     69,120円
(※年間での保険料)
一般的には運転に慣れてくる30代~40代の保険料が安くなっています。運転になれないであろう20代や、運動能力の落ちてくる50代以降は、保険料が高くなっているのが分かるでしょう。
なお軽自動車の車両保険では、普通車にあるような「車両料率クラス」とういう概念は存在しないので、車両の種類による保険料の差異はありません。
つまり条件が同じであれば、車種を問わずに同じ保険料となる訳です。

軽自動車の自動車保険を安くするには?

3

自動車保険は思いの外高いですが、少しでも安くするためにはどうしたら良いのでしょうか?保険会社ごとに多少は金額が異なりますが、条件が同じ出れば大きく変動することはありません。
であれば、契約内容を必要な保障内容や限定条件にすることで保険料を安くすることができます。保険料に直結する項目を以下にまとめてみました。
・免許の色
グリーン・ブルー・ゴールドと別れている免許の色によって、保険料は大きく変わってきます。これには、ブルー(更新1回目、または有効期間中の違反1回以上)とゴールド(無事故・無違反)とでは、必要となる補償の頻度が少ないことにあるからです。

・年間走行距離
年間で走る走行距離が長いほど、当然のように事故に遭遇する可能性が高まります。保険によっては年間の走行距離が一定距離以下であることにより、保険金額を大幅に下げることもできるでしょう。

・運転者の年齢制限
運転する人の年齢を制限することにより、保険料をかなり下げることができます。保険会社によって制限できる年齢は異なりますが、保険料を安くしやすい項目としてチェックしておくと良いでしょう。

・車両保険の有無
車両保険は、車が損傷した時の修理代を補てんするためのものです。この有無によって数万円もの金額の差が出てきますが、車両が破損した際の修理費用は全額自腹になるので、注意が必要です。

・申し込み方法
保険の申し込み方法にも割引が適用される保険会社があります。

無事故で継続していくことで安くなる

4

自動車保険を取り扱う多くの会社では、無事故で次年度を迎えると等級と呼ばれるステータスが上がります。保険が適用された履歴などを元にして上下しますが、この等級が保険料に大きく影響して来るのです。
等級は1~20等級(高いほど優遇)まで区分されており、申し込み時に事故歴が無ければ6等級からスタートします。スタートする等級は、条件により7等級からとなる場合もあり、継続していくことで保険料の割引適用を受けられる等級に
達することができるでしょう。(なお、1~3等級の場合には逆に割増しとなるケースがあります。)
仮に最大の20等級での割引率が適用される場合には、60%以上の割引適用(各保険会社によって異なります)を受けることが可能です。事故歴があって20等級である状態と、無事故での20等級では大きな差があり、約2割程度の割引率の差があります。
この事故歴ありの適用については、事故有係数適用期間と呼ばれる期間内に事故があったかどうかで判断され、最大で6年間の間に事故の有無により保険料の割引率が変化するという仕組みです。
この等級は、事故により保険の適用をしたい時に下がることが多いです。また、事故有係数適用期間内に再び保険の適用をする場合には、さらに期間が延長される点についても注意しておきましょう。

車種によって変わる保険料

5

軽自動車には、クラス別の保険料は存在しませんが、車種によって保険料が多少変わってきます。これは、車種により事故率や本体価格が異なることに起因しており、車両保険の金額に直結しているのです。
つまり、車両保険を除いた軽自動車の保険料は、条件が同じなら金額がほぼ一緒になると解釈してよいでしょう。車両保険が占める保険料の割合は大きいですが、新車でない場合や年式が古くなった場合は、車両保険を外すのも手です。
一般的には100万円以上の車に車両保険を付けることが多いですが、年式が古くなってきた場合は車両保険を外して保険料を安く抑えるという人もいます。

契約の形式によっても保険料が大きく変わる!

6

車を購入すると、殆どの場合でディーラーから任意保険の加入をすすめられるでしょう。車の販売店は、保険の代理店も兼務しているため、こうした保険加入をすすめられるままに契約してしまうケースが多いです。
一方で、直接保険会社と契約する通販型と呼ばれる保険があり、自動車保険の自由化に伴って誕生しました。代理店での保険契約には、中間コストと呼ばれる費用が掛かっていることにより、通販型の自動車保険より割高になってしまいます。
しかし、世間一般では安かろう悪かろうというイメージがあるため、こうした通販型の自動車保険を敬遠してしまうという事もあるようです。その実態としては、ただ中間コストが代理店への収入として入るだけになっているため、補償内容などのサービス面では、どちらもほとんど変わりありません。むしろロードサービスや事故対応などの面では、通販型の自動車保険の方がメリットを得られることが多いとも言われていますので、明確な差はほとんどないと言って良いでしょう。。

自動車保険会社の特徴は?条件に合う会社を選んで保険料を安くする!

7

保険会社毎に扱う条件が異なり、同じ条件でも会社ごとに保険料も異なります。会社特有・強みとしている条件に当てはまれば、かなり安くなることもあるでしょう。
自身の条件を確認し、最適な保険会社を選ぶためには、各保険会社の特徴を知ることが大切になります。

●大手自動車保険会社それぞれの特徴(任意保険の場合)

8

・あいおいニッセイ同和損保
トヨタグループとン本生命グループとの提携関係がある保険会社で、個人向けの自動車保険商品としては「TOUGH・クルマの保険」が主力となっています。
代理店で取り扱われている自動車保険の中でもスタンダードな自動車保険会社で、特に自動車保険料が安いという事はないでしょう。
無料で受けられるロードサービスも付いていますが、他の自動車保険会社と差別化するような要素もないため、ごく一般的な保険会社となっています。
もし契約しているなら、もっと安い条件の保険がないかどうかを検討してみると良いでしょう。

・アクサダイレクト
代理店を通さない通販型の保険の為、基本的な保険料が比較的易いのが特徴です。申し込み時にインターネット経由で加入することにより、最大1万円の割引サービスが受けられます。
付帯しているロードサービスの内容は一般的なものですが、2年目以降では多少グレードアップされるようです。契約者からの満足度調査においても高い評価を得ており、2015年度の
事故対応満足度は94.7%という数字を残しています。また、他の保険から切り替えたという顧客に対しても95.3%が満足している保険会社です。

・アメリカンホーム・ダイレクト
現在増えている通販型の自動車保険を他社に先駆けて販売した保険会社です。通販型であるため、代理店型の自動車保険よりも安く、インターネットでの申し込みについては、
運転条件などにより、最大10%の保険料割引サービスが受けられます。2016年4月より、新規の契約締結を停止しており、新たな引受先としてソニー損害保険株式会社が契約の更新や新規契約を
受け付けているようです。

・イーデザイン損保
この保険は、東京海上ホールディングスとNTTファイナンスの両社が合同で出資して設立したもので、通販型の自動車保険となっています。そのため、代理店型よりも安い保険料になっており、
さらに東京海上グループの保険のノウハウを生かした対応は、確かな顧客満足度に繋がっているようです。緊急時に頼れるロードサービスとしては、事故地点から30km以内のレッカー移動、バッテリー上がりや
パンクなどの緊急修理対応の他、落輪対応、ガス欠時のガソリン10L無料補給もしてくれます。業界初の試みとして、契約更新時にQRコード付きの葉書で送付し、携帯電話で簡単に手続き完了出来るシステムを
導入しているようです。

・エース保険
代理店型と通販型の両方を取り扱っている保険会社で、全ての自動車保険会社の中でもトップクラスの安さを誇っています。安さの理由は、宣伝広告費をあまりかけていないことで、他社にはないコストダウンを実現しており、
補償の内容や対応については、他の保険会社と大きく変わりません。2016年10月にチャブ・コーポレーションと統合する予定で、社名を「Chubb損害保険」に変更し、事業を継続していく予定です。
外資系の自動車保険会社としては、日本で最古参のグループに入る歴史をもっています。

・SBI損保
SBIホールディングスとあいおい損害保険会社が共同出資して運営している保険で、通販型の自動車保険の為、保険料の安さが特徴の一つとなっています。この保険の大きな利点の一つとしては、
他の保険で保険金の差につながる走行距離が関係ないことでしょう。走行距離が多くて保険料が高くなるという人にとってはお得な保険です。顧客満足度も高く、オリコンランキングでも上位に来ることもしばしばあります。
安い保険料もそうですが、車がトラブルに遭った時でも安心できるロードサービスが、他社より充実していることも挙げられます。例えば走行不能になった際のレッカー移動についても、特に指定が無ければ距離無制限で修理工場まで運んでくれることや、
車が使用不能になった時の帰宅費用、及び宿泊費用が支給されるなどの充実度となっているのも魅力です。さらにGPSを使用した位置連絡システムも備えるなど、迅速に対応するための体制が整えられています。

・セコム損保
セコム損保が他の保険会社との差別化を図るために、24時間365日いつでも対応できる体制を整えているのが特徴です(現場の場所によっては不可の場合もあります)。JAFへの連絡取次や、盗難に遭った時に追跡装置を使っての捜索を行うなど、ロードサービスも
行ってくれます。口コミでの評価も、不測の事態に陥った時の対応に関して高い評価を得ているようです。元々は警備会社で有名なので、こうした対応力に安心感や満足感を持つ人が多くいます。総合的な満足度ランキングも高く、特に車両保険とセットで契約したい人に
とっては、お得感が大きいと感じることが多いようです。

・ゼネラリ
この会社の自動車保険では、RVやミニバンなどのステーションワゴンタイプの自動車に対する保険料が割引になるという特徴があります。さらに、免許取得してから3年以上経過していれば保険料が割引になり、家族限定割引や、ABSやエアバッグなどの車載オプションにより割引適用
もあります。他の保険からの切り替え時に適用されていた保険の等級についても、同じ等級を引き継いで契約できるので、更新時に切り替えを検討するのも良いでしょう。基本的な保険料としては、普通という位置づけになっていますが、その分初期からの割引適用項目が多くなっているのが特徴です。
リスクとなる項目を細かく分け、それぞれを特約項目として分散していることで、特定の契約のみを選ぶことが出来るのが利点でしょう。

・ソニー損保
2002年より通販型の保険の売り上げNo.1として人気を誇っています。保険料の安さもさることながら、無料ロードサービスの充実度は、全保険でもトップクラスです。また年間走行距離が少ないほど、保険料が安くなるのも特徴の一つで、予想される年間走行距離に満たない場合には、
翌年度の保険料が割引になる制度も設けられています。保険料自体は通販型の保険では普通となっていますが、1事故1担当制であり、24時間365日の迅速な初期対応が安心出来ると評判です。そのため、顧客満足度の評価もトップクラスの保険となっています。

・チューリッヒ
通販型の保険としては普通の保険料ですが、充実した無料ロードサービスや安心できる事故対応力が高い評価につながっています。ソニー損保との人気上位争いを常にしており、総合評価の点ではやや劣るものの、多くある自動車保険会社の中でもトップクラスです。
チューリッヒでは、申し込み初年度に限りネットでの申し込みで最大7500円の割引が適用されます。特にロードサービスでは、故障・事故時の距離無制限での搬送や、帰宅にかかる交通費・宿泊費も全額保障してくれる点が他の保険と比べて有利な点と言えるでしょう。

・三井ダイレクト
通販型の保険でそれなりに保険料は安いですが、外資系と比べると多少高くなっている傾向にあります。しかし、外資系の自動車保険には事故対応時の不満な点があるなどで、多少保険料が上がっても万が一の時に安心して任せられる保険会社を選びたいと、契約する人も多いです。
無料のロードサービスもある程度ついていますが、2年目以降ではロードサービスがアップグレードされます。契約者からの顧客満足度も高く、対応が良かった、親切で安心できたなどの好意的な評価が多いです。また、条件が細かい特約などが少なく、商品内容が分かりやすいということもあり、
最低限の保障を求める人にピッタリの保険会社でしょう。

・三井住友海上
この会社で取り扱っている保険では、通常1年毎の更新となる保険だけでなく、2年ないし3年の長期契約が可能な保険商品を取り扱っています。代理店型の保険で、保険料は普通ですが、長期契約による割引や、エコカー・ゴールド免許による割引サービスもあるようです。
対応としては賛否両論あるため、総合的な評価は中程度ですが、条件が合う人にとってはそれなりの満足度が得られるでしょう。

・全労済
全国労働者共済生活協同組合連合会の保険で、「マイカー共済」と言われています。保険料はやや高めと言われていますが、無事故無違反を続けてノンフリート等級を上げていくと、他社よりも高い保険料の割引を適用されるようです。一般的な保険よりロードサービスや事故対応力
がやや劣るという評価もありますが、担当者の質に差があるという事で賛否両論があります。自動車保険と同じような役割がありますが、あくまでも共済であることを念頭に置いて契約すると良いでしょう。

・共栄火災
この自動車保険の特徴は、免許の色や車の使用目的などで、細かい保障条件を設定できます。契約については、2年から5年の長期的な契約が可能で、その間の更新手続きが不要になるという利点があり、3年以上無事故の場合で新しい車の保険で契約した場合にも30%割引になるなどの
サービスも魅力です。さらに事故を起こしてしまった場合でも、事故後に保険料が上がると言ったこともありません。対応の仕方に関しては賛否がありますが、突っ込んだ補償内容を求める場合には、物足りなさを感じてしまうとの声もあります。

・富士火災
こちらの保険会社では、「一般用総合自動車保険」と「家庭用総合自動車保険」の2種類の自動車保険があります。前者はシンプルで利便性の高い保険設計が出来る保険で、後者は使用目的や走行距離などの条件を元に、1人ひとりに合わせた保険設計が可能な保険です。
さらに種類の豊富な特約や示談交渉サービス・ロードサービスなど、充実した保障内容にすることもできます。保険料も契約内容に応じて変わっていきますが、代理店型としては比較的普通です。歴史としてはかなり長く、100年近い実績を持っているので、万が一の時の
保障を任せられる保険会社として検討してみても良いでしょう。

・そんぽ24
日本興亜損保グループが展開しているダイレクト系(通販型)の保険で、インターネットでの申し込みにより、最大8%の保険料割引が適用されます。ロードサービスに関しても無料洗車、優先修理サービスなどを受けられるので、万が一の車のトラブルに対しても細かい保障を受けることが可能です。
評価の良し悪しは他当者次第という声もありますが、総合的には交渉力や電話対応など、親会社のノウハウを活かした事業展開をしているため、とりあえず検討の候補に挙げておける保険会社と言えるでしょう。

・日新火災
元々は独立型の保険会社でしたが、2006年にミレア保険グループの一員となり、東京海上ホールディングスの傘下で代理店型保険を展開しています。顧客満足度の面では同業の保険会社と比べるとやや劣るという評価がありますが、保険金の支払い対応に関しては、トップクラスの評価を得ているようです。
この会社で取り扱っているエコノミー車両保険は、他社のエコノミー車両保険では保険金が支払われない当て逃げに対しても保障されるというのが大きな特徴になっています。そのため、通常の車両保険を付けるまでもないが、他車からぶつけられた時の保障をつけたいという人におすすめ出来る保険です。

・日本興亜損保
一般的な代理店型自動車保険を取り扱っており、保険料は普通、無料ロードサービスも一般的なものとなっています。カーBOX保険、日本興亜のくるまの保険といった一般的な保険プランから、ペーパードライバーのためのドライバー保険の取り扱っているようです。
対人対物賠償無制限など保障内容にこだわりがある場合にはおすすめ出来る保険会社といえますが、代理店型なので保険料を少しでも安く済ませたい人には、他の保険と比較しながら検討すると良いでしょう。

・東京海上日動
日本で最も契約件数が多い保険として知られており、事故対応実績や体制もトップクラスです。充実した無料サービスがあるのも大きな魅力で、一般的なロードサービスに加えて、医療機関の予約や相談がスムーズに出来る医療アシスト、万が一の事故発生から24時間不安をサポートする
事故現場アシストなどがあります。代理店系というのもあり、通販型よりは多少割高になりますが、保障や事故対応などでは安心して任せられる保険会社と言えるでしょう。電話対応や事故対応に関しては各保険会社でまちまちだという評価が多い中、しっかりとした社員教育がなされている
ようで、そうした不満が少ないのも安心できる大きな点です。

・AIU
代理店型の自動車保険会社としては、トップクラスの人気を誇っています。保険料は代理店型としては普通ですが、やはり通販型と比べると高めです。ゴールド免許や等級などの色々な条件により複数の割引が適用されるので、条件が良い人にとってはかなりの保険料割引を受けられるのが
嬉しい点でしょう。他の保険会社では、「搭乗者傷害」「無保険車」「自損事故」などと分割されている所を、「人身傷害保険」一本いまとめている点でもわかりやすい内容になっています。指定業者を利用した修理永久保証もあるので、万が一の事故で損傷した場合でも負担が少なくて済むでしょう。

・損保ジャパン
代理店型の自動車保険としては、現在トップの東京海上日動に次ぐ契約者数を誇り、きめ細かい対応が出来ると評判になっています。保険料としては代理店型なので安いという訳ではありませんが、万が一の対応に信頼を寄せる人に根強い人気があるようです。
あらゆる状況に対応できると評判で、丁寧な電話対応に安心と信頼をもてる保険会社という事で、多少高くても契約したいという人が多いように見えます。ゴールド免許や年齢制限などの制約を使えば、かなり保険料を引き下げることが出来るので、安い代理店型との保険料の差は
思ったよりも少額になるケースもあるようです。

・朝日火災
代理店型の保険としては、保険料はまずまず納得できる保障内容となっているので、契約内容でこの保険会社を選ぶ人も少なくないようです。自動車保険会社としては、マイナーな部類に入るので、人に勧められて・一括請求などで条件マッチしたからという理由で加入する人が目立ちます。
通販型の保険と違い代理店での契約は、窓口での説明や細かい点についても契約内容が確認できるというメリットがあるようで、多少高くても代理店で契約したいという人もいるようです。

・セゾン
この保険会社は、大手保険会社である損保ジャパンと提携しているので安心できるという評価があります。通販型自動車保険のため比較的保険料は低く、40代から50代に至っては、事故率が少ないということで、他社に比べてさらに保険料が安くなるというのが特徴です。
インターネットからの申し込みの際には、新規はもちろんの事、更新の時にも最大1万円割引になる特典もあり、特定の年齢に対しては全保険中でも随一の安い保険料になるでしょう。保険会社の名前よりも、「おとなの自動車保険」という商品名の方が、CMでも名前が通っているので、
分かりやすいかもしれません。

●一括見積で手間いらず!

9
自動車保険を契約する際には、一社一社資料請求や窓口などを訪問するという手間をかけなくても、一括見積をしてくれるサービスがいくつかあります。年齢や免許の色、希望する保障などを入力するだけで、提携している保険会社から保険の見積もりが送られてくる仕組みです。
保険の見直しや更新などのタイミングで、保険会社を変えようと考えている時でも、自分で調べてじっくりと比較検討することができない場合には、大変便利なシステムでしょう。しかし、このサービスでは細かな契約内容に関する質問などは、実際に電話や窓口で確認するなど、多少の手間をかける必要も出てきます。ただし、条件に合う中で最も安い保険を利用したい場合には、ほとんど手間をかけずに済むでしょう。少しでも安い保険を利用したい場合には、利用してみるのをおすすめします。

この記事に関するキーワード

キーワードからまとめを探す

ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング