自動車保険|車両保険の必要性を徹底解説!

自動車保険にはなぜ入ったらいいのか?自分は事故とは無縁なんてことはありません。

自動車保険

車_1

「自動車保険って高いイメージがあるし、そもそも事故らなきゃ無駄になるんじゃない?」

 

免許を持ち、車を運転するとなると保険のことは考えないわけにはいかないでしょう。確かに保険は利用しなければ「お金の無駄」になるという考えが浮かんできても無理はないでしょう。

 

しかし、車を運転する時、必ずついて回るのは『事故を起こす危険性』です。ハンドルを握って車を運転している以上、いつあなたが事故を起こし、相手を傷つけてしまったり、物を壊してしまったりするかはわかりませんし、その可能性が無いと言い切ることはどんな人だってできません。

事故_1

そんな「いざ」というときに頼りになるのは『自動車保険』です。

 

相手に傷を負わせてしまった時の治療費、相手の車の修理代、壊してしまった建設物の修理代、自分の車の修理代など、起こしてしまった事故に対する思いがけない程の金額を保証してくれる自動車保険について、解説していこうと思います。

 

自動車保険は『自賠責保険』と『任意保険』の2種類ある


 

自動車保険は大きく分けて『自賠責保険』と『任意保険』の2つに分けられます。この名前は聞いたことがあると思いますが、この2つの保険にはどのような違いがあるのでしょうか。覚えておきたい違いは、大きく分けて2つあります。

 

加入義務の違い


まず最初の違いは加入する義務があるかないかです。

 

『自賠責保険』は全ての車両に加入義務がついているので、『強制保険』とも呼ばれています。自賠責保険に加入していない車両は車検を通すことができず、行動を走ることができません。つまり自賠責保険は必ず加入しなければならない保険なのです。

 

一方、『任意保険』は自分の意思で加入するかどうかを決めることができる保険です。一般的に『自動車保険』と呼ばれる保険はこれに当たり、テレビCMや広告などで目にする機会が多いと思います。どの保険会社を使い、どんな補償内容にするのか、そして加入するかどうかを任意で決めることができる保険のが『任意保険』なのです。

 

補償範囲と補償限度額


そして2つ目の違いは補償範囲と補償限度額の違いです。

 

任意保険の補償範囲は被害者側の対人・対物ともに補償されるのはもちろん、加害者側の対人・対物も補償範囲に含めることができます。

 

それに対し自賠責保険は加害者側の対人に対してのみにしか補償されません。また、その補償限度額も定められており、相手が死亡した場合でも最大で3000万円までしか支払われないのです。つまり、この補償限度額を超える賠償金請求が来た場合、あるいは、相手方の車両などの修理代や自身の治療費などは、自分自身の財産から支払う必要があるわけです。

 

■自賠責保険の補償範囲と補償限度額

損害内容 補償範囲 補償限度額(被害者1人につき)
死亡 葬儀費用、逸失利益、慰謝料など 上限3000万円
後遺障害 逸失利益、慰謝料など 上限4000万円(常時介護が必要になった場合)
障害 治療費、休業損害、慰謝料など 上限120万円


車を持つ全ての人が加入しなければならない自賠責保険は、どの保険会社で契約した場合でも補償範囲や補償限度額は同じ内容となります。その補償範囲と補償限度額は上の表のとおりですが、これは相手側の対人に対してのみにしか適用されません。自分自身や同乗者、また、物損などに対しては補償されないため、自賠責保険に加入しているだけでは、万が一の事故の時に自身の負担が全くないということはまずないと言っても過言ではありません。

悩み_1

 

自賠責保険とは「被害者を救済する最低限の補償」


 

自賠責保険の補償範囲や補償限度額では、万が一大きな事故を起こしてしまった時の補償としては不十分な場合が多いです。ではなぜ加害者にとって不十分な補償の自賠責保険が存在するのでしょうか。

 

そもそも自賠責保険とは、事故の加害者ではなく被害者を救済するための保険であるからなのです。

 

無保険車の支払い不能を回避


仮に、自賠責保険というものがなく任意保険しか存在しないとしましょう。

そうすると、保険に加入せずに運転するドライバーが現れることになるでしょう。万が一事故を起こしてしまい高額な賠償金を支払わなければならなくなったとき、保険なしで支払える人はそういないと思います。そんな時には「うちはお金がないから高額な賠償金を支払うことはできない」となってしまいかねません。

 

万が一の事故で被害者となってしまった方が、そうした理由から「賠償金を受け取ることができない」ということが起きないよう、車を運転する全ての人に加入を義務付けられたのが自賠責保険なのです。

 

自賠責保険は最低限の補償のみ


しかし、自賠責保険の補償内容で被害者側の身体に対しては補償は十分かと言うとそうではありません。

自賠責保険で補償される金額は最低限の補償とされており、実際に事故を起こしてしまった場合、自賠責保険の補償限度額を超える賠償金が請求されることは多々あります。

 

そのため、万が一自賠責保険の限度額を超える賠償金が請求された時や、加害者側の身体や車両などに有事の補償を付けておきたい場合は、任意保険でなければならないのです。

ケガ_1

 

どんな人もいつ事故に遭うかはわからない


 

しかしながら「自分は運転技術が優れているから事故には遭わない。だから保険になんて入らなくても大丈夫」と考える人はいることでしょう。ですが、どんな人でも車を運転する以上、事故にあう確率に差はあったとしても0%ではありません。人生の中でたった1回しか事故を起こさなかったとしても、その1回の事故で多額の賠償金を支払わなければならなくなることだってあり得ます。

 

人身事故は約1分に1件の割合で発生している


平成27年度に発生した人心事故の件数は536,899件でした。これは1日に約1,470件の交通事故が発生しているという数字で、約1分に1件、どこかで事故が起きているということになります。その中で死者数は4,117人、負傷者は666,023人にも上ります。(警察庁交通局の発表より)

 

この数字には物損事故は含まれていないので、物損事故も含めるともっと多い件数の事故が世の中には発生していることになります。今まで1度も事故を起こしていないという方は、もしかしたら今までは相当ラッキーだったのかもしれません。ですが、今後も運転していくのであれば、これからもそのラッキーがずっと続くという保証はどこにもないのです。

 

運転する機会や時間が多ければ多い程、事故に遭う危険性は高まるわけですから、不幸にも事故を起こしてしまった時に後悔しないためにも、十分な補償を受けられる任意保険に加入しておく必要があります。

ドライブ_1

 

任意保険の基本的な種類と内容とは?


 

自動車保険というものに今一つ躊躇してしまう原因として、「どこまで補償してくれるのか」ということと、「保険料が高いのではないか」という2つの不安が挙げられます。補償内容は保険会社や契約内容により変わってきますから、詳しくは保険会社に問い合わせて詳しく聞くのが一番ですが、まずは最低限知っておきたいことを頭に入れておいた方が良いでしょう。そして、その知識を持って保険会社の補償内容や商品を見比べ、自分に合った補償があり、かつ安く済む方法を見つけるようにしてください。

 

まずは補償範囲について、次の表をご覧ください。

 

■自賠責保険と任意保険の補償範囲の違い

  対人 対物
自賠責保険 任意保険 自賠責保険 任意保険
被害者側 ×
加害者側 × ×


 

先程ご紹介した通り、自賠責保険は被害者側の身体に対してのみしか補償されません。補償額も死亡時の補償額は1人あたり3000万円が上限となっており、対人保証だけ見ても十分だとは言い切れません。

 

そして、自賠責保険には「事故対応」が付いていません。自賠責保険しか加入していない時に事故を起こした場合、保険会社に連絡しても対応はお願いできず、書類が送られてくるだけです。示談交渉に長けた方ならともかく、普通の人はそんな交渉などしたことがないでしょうから、全ての対応を自身で行わなければならないリスクも付いてきます。

 

また、交通事故を起こした時は車両が付きものです。自分が加害者側になった場合、自分の車両も相手の車両も破損している場合がほとんどのはずです。それに、相手に怪我を負わせてしまう程の事故の場合は、自分自身も負傷してしまう可能性もあるわけですから、自賠責保険だけではまず間違いなく補償範囲外の賠償金が発生することになるでしょう。

金欠_1

 

任意保険の基本的な種類は7つからなる


次の表は任意保険のおおまかな種類と内容をまとめた表です。任意保険の基本的な補償内容は、次の7つからなります。

 

■任意保険の種類と内容

保険の種類 支払われる相手 支払われる時 支払われるもの
対人賠償責任保険
(基本補償)
事故の相手 他人を死傷させ、自賠責保険の限度額を超えた時 治療費、通院交通費、休業損害、逸失利益など
対物賠償責任保険
(基本補償)
事故の相手 他人の自動車や物を破損させた時 相手車両の修理代や代車費用、家屋や建設物の修復費用
無保険車損害保険
(自動付帯)
乗車中の人、もしくはその遺族 乗車している人が死亡、または後遺障害になった場合で、相手が無保険で十分な賠償が受けられない時 自賠責保険など相手から保険などで賠償される金額を差し引いた金額
自損事故傷害保険
(自動付帯)
乗車中の人、もしくはその遺族 単独事故により乗車中の人が死傷した場合で、自賠責保険への請求が不可能な時 死亡した場合…1,500万円

後遺障害が生じた場合…後遺障害の程度により50~2,000万円

介護の必要が生じた場合…200万円

入院・通院をした場合…6,000円×入院日数+4,000円×通院日数

人身傷害補償保険
(基本補償、もしくは任意で付帯)乗車中の人、もしくはその遺族乗車中の人が死傷した場合、契約車両以外の車に乗車中、または歩行中の事故で死傷した場合治療費、通院交通費、休業損害、逸失利益など
搭乗者傷害保険
(基本補償、もしくは任意で付帯)乗車中の人、もしくはその遺族乗車中の人が死傷した場合死亡保険金、入院保険金、通院保険金、もしくは部位症状別の一時金
車両保険
(任意で付帯)車両所有者事故により契約車両が故障した場合(盗難、水没、いたずら・落書きなども含む)車両の修理代


 

相手側の身体・物損に対しては基本補償


任意保険の基本となるのは対人賠償責任保険と対物賠償責任保険の2つです。この2つの補償は、被害者側の身体、そして車両や建設物などの賠償に対して補償してくれる保険で、どの保険会社でも基本補償となっています。

対人賠償責任保険は、自賠責保険を適用し、その超過分に対して支払われるものですから、対人賠償において自賠責保険は優先的に適用されます。

 

運転者を保護するための保険も重要


無保険車損害保険は、相手が任意保険、もしくは自賠責保険に加入していない場合などにより、十分な補償が受けられない時、賠償額の不足分を補ってくれる保険です。自身が被害者側に立ったとき、十分な補償を受けられるための保険で、基本的に対人賠償責任保険に自動付帯されています。

 

自損事故傷害保険は、自損事故の時に同乗していた人の怪我を補償する時のもので、こちらも無保険車損害保険同様、基本的に対人賠償責任保険に自動付帯されています。

 

これら2つの保険は相手の状況や相手の有無にかかわらずに補償されるもので、運転者を保護する意味合いの保険と言えます。

 

人身傷害補償保険は入っておくべき保険


また、自分自身や同乗者の身体に対する補償は人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険でカバーできます。

 

人身傷害補償保険は、契約している車に乗車していた人が、事故により死傷した場合に支払われる保険で、この保険の特徴は過失割合にかかわらず実際の損害額が支払われるということです。

 

実際に事故を起こした時、過失割合というものが発生します。仮に事故に遭い、治療費と休業損害等に500万円かかったとすると、双方の過失割合により、相手の自動車保険から受け取れる保険金は減額され、500万円満額を受け取れないということもあります。

しかし、人身傷害補償保険に加入していれば、過失割合に関係なく実際にかかった費用満額が補償対象となり、相手の自動車保険から支払われた補償額との差額を補償してくれます

さらに、通常は相手との示談が成立していなければ支払われない保険金ですが、人身傷害補償保険は示談成立前に受け取ることが可能です。人身事故では示談が長引くことがありますので、それを待たずして受け取れるのは非常にありがたい話です。

 

搭乗者傷害保険でさらなるカバーが可能


人身傷害補償保険で当方の身体に関しての補償は十分ですが、搭乗者傷害保険があればさらなるカバーも可能です。

 

人身傷害補償保険との違いは、人身傷害補償が損害金額に対して補償範囲内で全額支払われるのに対し、搭乗者傷害保険は部位や症状別での支払いとなることです。

そして人身傷害補償保険は示談前に支払われるが、損害額確定後に支払われるのに対し、搭乗者傷害保険は怪我の部位が確定した時点で支払われます。これは、搭乗者傷害保険が部位や症状別に保険額が決まっていることが理由で、支払いまでの期間が人身傷害補償保険よりもスピーディなのが特徴です。

 

補償内容は保険会社により違いがあるので、どのような時にどのような補償が受けられるのかを確認しておく必要があります。付けておくともちろんコストはかかりますが、幅広く補償してもらえることから、コスト以上のメリットがあると言ってもいいでしょう。

 

これらの保険により、被害者側、加害者側とも十分に補償できる内容にできるでしょう。対物も賠償額が高額になることが多いですが、対人に関する賠償は非常に高額になる場合が多いですから、しっかり補償してくれる内容にしておく必要があります。

 

車両保険は必要に応じて加入する


最後に車両保険ですが、この保険はあえて付けていない方も少なくありません。新車で購入してまだそれほど年月が経ってなかったり、高級車を購入した方などは付けておいた方が安心でしょうが、かなり年月が経った車両で、もし事故を起こしてしまった場合買い替えも考えている方なら不要な保険かも知れません。

 

ある保険会社では、車両保険に加入しているのは全体の約6割だそうです。この数字が多いか少ないかはわかりませんが、修理代にいくらかかるかわからない不安を補いたいのであれば、加入しておく方が良いと思われます。

いいね_2

 

等級制度を理解しておく


 

自動車保険を契約するにあたり必ず出てくるのは等級制度です。正式にはノンフリート等級制度といい、事故歴に応じた保険料の割引や割増を適用する制度です。

 

新規契約は6等級からスタート


この等級制度は1等級から20等級まで存在し、新規で保険に加入する場合は6等級からスタートします。1年間無事故であれば翌年から等級が1段階上がり、無事故が続けば最高20等級まで上がっていきます。等級が上がれば上がるほど受けられる割引率は高くなり、逆に事故を起こして等級が下がってしまったら割引率は低くなってしまいます。

 

また、無事故で1年間過ごすと等級は1等級上がりますが、事故を起こして保険を使用すると3等級下がってしまいます。等級が下がるのがイヤな場合は保険を使用しないという手段もありますが、その場合はよく考えて判断した方が良いでしょう。

 

同じ等級でも「事故あり」と「事故なし」で差が出る


等級が20等級になれば最大で約60%の割引を受けられるようになり保険料もかなり安く済ませられるようになるでしょう。ただし、等級には「事故あり」と「事故なし」の2種類存在するということを覚えておかなければなりません。

 

例えば、無事故のまま12等級まで上がったAさんと、事故を起こして12等級に下がったBさんがいたとします。両者は同じ12等級ではありますが、事故を起こして12等級になったBさんの方が、無事故のまま12等級になったAさんより割引率は低くなります。

 

等級が高いことは割引率も高くなりお得なわけですが、それよりも事故を起こしていないという事実の方が尊重されますので、事故を起こさないことに越したことはありません。

書類_1

 

等級は家族間で引き継ぐことも可能


 

そして等級制度は家族間で引き継ぐことも可能です。例えば15等級の親から新しく車を購入する子へ等級を引き継ぐことになれば、子供は最初から15等級からスタートすることができます。

 

ただし、引き継いだ親は等級が新規の6等級に戻ります。もう車に乗る機会はほとんどない親御さんであれば、なるべく安いプランの保険に切り替えることで、親子合わせた保険料を安く済ませることも可能となります。なお、等級の引継ぎには「同居」などの条件がありますので、しっかり確認しておきましょう。

 

「家族間で等級の引継ぎができるって知ってた?自動車保険等級の引継ぎ」

 

車両保険は必要に応じて加入する


 

新車で車を購入したり、少し高い車を購入した場合、車両保険に入っておいた方が結果として得をする場合もあります。事故を起こしてしまった場合、相手方と自分自身の身体に対する治療費や、相手方の車両の修理代はほぼ間違いなく必要となるでしょう。ですが、自身の車は最悪の場合修理しなくても問題はありません(交通手段がなくなったりという問題はありますが)。

 

しかし、これが買ったばかりの車であったり、修理しなければならない場合はそう言ってられません。購入したばかりで廃車にしなければならなくなったら新車購入代まるまるがパアですし、修理するとなっても数万円から数十万円かかってしまうことはザラにあります。そうなった時に車両保険に入っていなかった場合、かかる修理費用は実費になってしまうため、経済的にはかなりの負担になってしまうでしょう。そういう時のために車両保険に入っておくと、結果的には得をすることになります。

 

意外と広範囲に補償される車両保険


 

また、車両保険が補償してくれる範囲は、保険会社やプランによって違いはあるものの、かなり広域に渡って補償してくれることもあります。

事故を起こした時に故障したり破損した時の修理代として保障されるほか、いたずらによる落書きや破損、盗難、火災や爆発、飛来物の落下による破損なども補償してくれます。また、自転車との接触、自損事故、自然災害による水没、相手車不明による当て逃げなどにも範囲が及ぶ場合もあります。

 

ただし、車両保険が適用されない場合があることも覚えておかなければなりません。例えば自然災害による水没は、台風や洪水などでは適用されますが、地震や津波などでは適用されない場合もあります。また飲酒運転での事故や事故ではない故障の場合なども適用されません。車両保険を付ける際には、補償される範囲をしっかり確認しておきましょう。

高級車_1

 

充実したロードサービスを知っておく


 

任意保険には様々なサービスが付与されていることがあります。そのサービスの内容を把握しておき、いざという時に利用できるようにしておくのも重要なことです。こうしたサービスは保険会社ごとに違っていますので、ここではサービスの一例を紹介していきます。保険会社を選ぶ際には資料やホームページを確認し、どういったサービスが受けられるのかを把握しておくと良いでしょう。

 

保険会社によってサービス内容に差はありますが、どの保険会社もロードサービスのサポート内容はかなり充実しています。事故を起こした場合だけではなく、故障による走行不可になった場合でも、レッカー代や自宅までの搬送費、帰宅困難時の宿泊費などが無料になったりします。

 

<レッカー代>

外出時に急に車が動かなくなったりした時、自動車修理工場へ移動させるには他の車両でけん引するかレッカー車で移動させなければなりません。そんな時頭に浮かぶのはJAFのロードサービスでしょうが、JAFの会員になってなければ基本料金や作業代だけで約13,000円程もかかります。さらに移動距離1kmあたり720円かかるため、どれだけ費用が掛かるのか予測するのは困難です。会員の場合は基本料金と作業代が無料となり、けん引費用も15kmまで無料ですが、超過分は非会員と同じように1kmあたり720円かかります。

 

その点、保険会社のロードサービスは、レッカー代は原則無料です。保険者が修理工場を指定した場合は無料距離が制限されることが多いですが、それでも15km以上無料の保険会社がほとんどです。これらは事故の時だけでなく、外出時や自宅での故障にも使えますので、非常にありがたいサービスです。

 

<修理後の運搬費用>

レッカーサービスを受けて修理工場に搬入した後、修理が終わった車を自宅まで運搬するにも費用がかかります。しかし、保険会社のロードサービスは運搬費用まで補償してくれる会社が多くあります。

自宅へ運搬するのではなく、自身が受け取りに行く場合でも補償されることもあります。これは保険会社により内容が変わりますが、片道1名分の補償をある程度してくれることが多いようです。

 

<レンタカー費用や帰宅費用、宿泊費用>

事故や故障などのトラブル時、レンタカーを使用しなければならない時もあると思いますが、そんなレンタカー費用も補償してくれます。12時間や24時間の縛りはあるものの、契約している車両のクラスと同じかそれ以下の車両に限り無料で借りることもできます。

 

また、レンタカーは借りなくても自宅に帰るまでの費用が欲しいという内容も補償してくれます。これは搭乗している全員が対象になり、自宅までの効率的な公共交通機関利用時の額を全額保証してくれるものもあります。

 

そして宿泊が必要な場合も補償されます。これも搭乗している全員分が補償対象となり、1人1万円から全額保証まで、保険会社により内容は異なってきます。

 

 

事故だけではない、トラブル時に助かるサービス


 

それ以外にも様々なロードサービスがあり、「こんなことまでしてくれるの?」という範囲までサポートしてくれます。ここでは一例を紹介しますが、サービス内容は保険会社によって異なりますので、サイトや資料で確認するようにしてください。

 

<ガス欠時のガソリン給油>

ガス欠時にガソリンを無料で給油してくれるサービスです。保険会社によりますが10リットルまで無料で入れてくれる保険会社が多いです。期間内に限りがある場合がほとんどなので、ガス欠には普段から注意しましょう。

 

<キー閉じ込み時の開錠>

誤って車内にキーを閉じ込めてしまった時の開錠作業を無料で行ってくれます。保険会社によっては紛失時に新しく作成してくれるサービスもあります。これらも回数制限があることがほとんどです。

 

<バッテリー上がり時のジャンピング>

バッテリーが上がってしまった時の応急作業です。こうした時の対処ができる人や機材が無い人が多いため、万が一の困った時に助かるサービスです。

 

<パンク時のスペアタイヤ交換作業>

女性では大変なタイヤ交換作業もロードサービスで対応してくれます。パンクしてしまった時は慌てず、むやみに動かさず、ロードサービスへ電話しましょう。

 

<各種オイル漏れ点検>

原因がわからないオイル漏れは素人では対処は難しいものです。ロードサービスでは無料で点検してくれ、保険会社によってはオイル補充も無料で行ってくれるところもあります。

 

<落輪引き上げ>

これは状態によりますが、タイヤ1本分の落輪から本数不問までロードサービスで対応してくれます。しかし、レッカー1台分で対応可能なものまでとか、クレーン車使用は対象外など、保険会社によって補償範囲はかなり異なってきますから、内容をよく確認しておいた方が良いでしょう。

 

上記の内容以外も、保険会社によっては無料で対処してくれるところもあります。

また、上記の内容でも状況により無償有償が異なってきますので、加入時に確認しておくなどしておいた方が良いでしょう。

 

とはいえ、その内容を細かく把握しておくことは困難です。事故に限らず、故障などのトラブルで困った時は、契約している保険会社のロードサービスに連絡し、対処依頼をしてみるといいでしょう。案外「こんなことまでしてくれるの?」という内容があることに驚くかもしれません。

コールセンター_1

 

自動車保険を知り、万が一に備えるのが一番の『得』


 

ここまで自動車保険について紹介してきましたが、大きなポイントをまとめてみるとこうなります。

 

○自動車保険には、加入必須の『自賠責保険』と任意の『任意保険』がある。

○自賠責保険は、被害者側の対人補償のみで、補償は最低限のみ。

○事故による損害を幅広く補償するには『任意保険』に加入すべき。

○任意保険で補償される7つの種類と内容を理解しておくこと。

○補償してもらいたい内容を頭に入れ、保険会社を比べること。

○車両保険は必要に応じて加入すべき。

○事故以外にも様々なトラブルに対応するロードサービスが充実している。

 

自動車保険について重要なポイントを紹介してきましたが、自賠責保険だけでは万が一の時の補償としてはやはり不十分と言えます。

しかし、今の世の中は1分に1件どこかで人身事故が発生しています。この間にもどこかで事故が発生し、多額の賠償金を払わなければならない人が生まれているのです。ハンドルを握り、車を運転している以上、あなたが事故の加害者にならないという保証はどこにもないのです。

 

確かに自動車保険はお金がかかります。しかし、どのような補償内容で、どれだけの保険金が毎月必要で、自分に必要な補償とは何なのかを理解すれば、自動車保険とは決して高くて不必要なものではないということが理解できると思います。

 

また、豊富なロードサービスも充実していますので、事故を起こさないまでも、自分では対応が難しいトラブルの対処も依頼できると考えれば、むしろ得をすることの方が多いかもしれません。

 

いろんな内容があり、理解するのは大変なことでしょうが、自分自身や家族、身の回りの人の安全や、万が一の時の救済を考えておくことは、ドライバーひとりひとりが持つべき責任ではないでしょうか。

 

安心してドライバーライフを送るため、自動車保険のことを理解し、あなたに合った補償内容の保険に加入することをオススメします。

この記事に関するキーワード

キーワードからまとめを探す

ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング