家族間で等級の引継ぎができるって知ってた?自動車保険等級の引継ぎ

家族間で等級の引継ぎができるって知ってた?自動車保険等級の引継ぎ

自動車保険の保険料は等級によって増減する


ご存知の方も多いかと思いますが、自動車保険の保険料は等級によって高くなったり安くなったりします。この等級は、一年間の事故歴や保険の使用回数等で設定されます。

まずは、この等級制度のしくみをしっかりと理解しましょう。

 

〇フリート契約とノンフリート契約

自動車保険は自動車の保有台数によって、「フリート契約」と「ノンフリート契約」にわけられます。

「フリート契約」とは、自動車を10台以上保有している場合の契約で、主に企業など法人向けの契約と言えます。

個人で10台以上保有しているというのは極めて稀なので、自動車1台単位で加入する「ノンフリート契約」が一般的と言えるでしょう。「ノンフリート契約」は「ノンフリート等級」が適用され、20等級区分となっています。

 

〇ノンフリート等級

等級は1等級から20等級に区分されています。1等級が最も割増率が低く保険料が高くなり、等級が上がるにつれて割増率も高くなり保険料は安くなっていきます。(最大20等級)

新規で自動車保険に加入すると6等級からのスタートとなり、1年間無事故で過ごすことで1等級上がります。つまり、ずっと無事故の優良ドライバーになるほど保険料は安くなるということです。

もし、事故を起こしてしまった場合は、等級は3等級も下がってしまいます。しかも、3年間は自己有割引率(通常よりも割増率が低い)が適用されてしまうので気を付けましょう。

ただし、盗難や水害による被害等の場合は、「1等級ダウン事故」という扱いになり、等級は1等級しか下がりません。

等級と料率については下表を参考にしてください。

 

等級  無事故の場合   事故有の場合 
 1等級  +64% 
 2等級  +28% 
 3等級  +12% 
 4等級  -2% 
 5等級  -13% 
 6等級  -19% 
 7等級  -30%  -20%
 8等級  -40%  -21%
9等級 -43% -22%
10等級 -45% -23%
11等級 -47% -25%
12等級 -48% -27%
13等級 -49% -29%
14等級 -50% -31%
15等級 -51% -33%
16等級 -52% -36%
17等級 -53% -38%
18等級 -54% -40%
19等級 -55% -42%
20等級 -63% -44%


 

見てわかるように、20等級にもなると約6割もの割引となり、保険料をかなり抑えることができます。自動車保険に加入した最初の6等級と比べると、その割引率には大きな差が生まれてきます。

仮に、保険料が年間10万円としましょう。6等級の割引が19%なので、保険料は81000円ということになります。20等級だと63%の割引で37000円となり、なんと44000円も違ってくるというわけです。

では、次に事故で等級が下がった場合に、どのくらい保険料に差が出てくるか見てみましょう。

 

(アクサダイレクトHPより抜粋)

〇30代男性コンパクトカーの場合

    無事故の場合   事故を起こした場合
 年  等級  年額保険料  等級  年額保険料
 本年度  無事故10等級  100,000円  無事故10等級 100,000円

3等級ダウンの事故

 次年度 無事故11等級 96,430円 事故あり7等級 142,860円
 2年後 無事故12等級 92,860円 事故あり8等級 141,070円
 3年後 無事故13等級 91,070円 事故あり9等級 139,280円
 4年後 無事故14等級 89,290円 無事故10等級 100,000円
 5年後 無事故15等級 87,500円 無事故11等級 96,430円
 合計額557,150円719,640円


5年間で162,490円の差額の差

 

〇50代男性エコカーの場合

    無事故の場合   事故を起こした場合
 年  等級  年額保険料  等級  年額保険料
 本年度  無事故19等級  50,000円  無事故19等級 50,000円

3等級ダウンの事故

 次年度 無事故20等級43,020円  事故あり16等級74,420円 
 2年後 無事故20等級43,020円  事故あり17等級72,090円 
 3年後 無事故20等級43,020円  事故あり18等級69,770円
 4年後 無事故20等級43,020円  無事故19等級50,000円
 5年後 無事故20等級43,020円 無事故20等級43,020円 
 合計額265,100円309,300円


5年間で94,200円の差額

 

事故を起こして3等級下がると、保険料にこれだけの差が生まれてしまいました。自動車の運転には欠かせない自動車保険、保険料は安いほうがいいに決まっています。等級がどれほど重要かが理解できるかと思います。

 

保険14

 

事故を起こした場合、同じ等級でも保険料が高くなるのはなぜ?


以前は、事故を起こしたとしても、同じ等級であれば保険料の割引率は同じだったようです。しかし、等級が同じだとしても、無事故の人と過去に事故を起こした人とでは、後者の方が次年度以降に事故を起こす確率が高いという現実があります。

そのため、事故を起こしているのに等級だけで保険料が同じというのは、無事故の人にとってあまりに不公平ではないかということから、保険料の割引率に差をつけたというわけです。保険料負担の公平性を考えると、当然といえば当然ですね。

等級は3等級以下で保険料加算となり、非常に高額な保険料を支払わなければならなくなります。安全運転を心がけて、なるべく事故を起こさないように気をつけましょう。

 

24fc3f662caf4ff0bdd7f61947be8baa_s

 

事故を起こしても等級が下がらない場合もある


先程、事故を起こした場合の「3等級ダウン事故」と「1等級ダウン事故」について説明しましたが、事故を起こしても等級が下がらないケースもあるので紹介しておきます。

事故を起こして等級が下がる条件を掘り下げて言うと「事故を起こして自動車保険で保険金が支払われた場合」に等級が下がるということです。

つまり、事故で車の修理が必要だとしても、保険を使わずに自費で対応すれば等級が下がることはないというわけですね。まあ、修理費はかなりの痛手となりますが...。

次に、保険金が支払われたとしても等級に影響がないケースです。

仮に事故を起こしても、その内容によっては無事故扱いとなり事故としてカウントされない「ノーカウント事故」というものがあります。

無保険車傷害保険・搭乗者傷害保険・人身傷害保険といった保険しか使っておらず、賠償責任も発生しない事故だった場合は「ノーカウント事故」扱いとなり、無事故として翌年には等級も上がることになります。自分に非がない場合は、等級は下がらないということですね。

 

30209f8acd5ce1e122c1ecb710a1f141_s

 

自動車保険の等級を家族間で引継ぐことで保険料を節約できる


自動車保険の等級が高くなればなるほど保険料が安くなりますが、実は、高くなった等級を家族に引継ぐことが可能です。引継ぐにはいくつかの条件がありますが、上手く活用することで保険料を大幅に節約できるメリットがあるので、ぜひ、知っておいてください。

家族間の引継ぎで真っ先に思い浮かぶのが、親から子への引継ぎでしょう。

自分の子供が18歳を過ぎ、車の免許を取って新しい車を購入、新規で自動車保険に加入すると、等級は6等級からのスタートとなります。しかも、年齢が若いということで全年齢担保となり、保険料は高くなるのが当たり前です。そんな場合に、親から子供へ等級を引継ぐことで保険料を大幅にカットできるというわけですね。

本来、6等級の割引率19%であるものを、親の等級を引継ぐことによって高い等級の割引が適用されます。仮に、親の等級が20等級であれば、40%以上も保険料が変わってくるということになります。

「あれ?でも、引継がせた親の等級はどうなるの?」

はい、問題はそこですね。

引継がせた親の等級も変わらず...となれば一番いいのでしょうが、自分の等級を子供に譲ったわけですから、これからも車の運転をするのであれば新しく自動車保険に加入する必要があります。その場合、一からとなるので等級は6等級からということになります。

「じゃあ、結局、親と子の等級が変わったというだけで、保険料は変わらないんじゃない?」

と、思われる方もいるかもしれませんが、実際は保険料に大きな差が生まれます。

なぜかというと、若年層が初めて保険に加入するときに比べて、年長者の方が良い条件で保険に加入できるからです。

若年層の場合、全年齢補償や21歳以上補償等が適用され、どうしても保険料は高くなってしまいます。

一方、これまで運転してきた親御さんの場合だと、引継ぐ等級が11等級以上であれば、開始の等級は6等級ではなく7等級からとなります。また、年齢補償も高くなるので、お子さんが初めて保険に加入するよりも、あきらかに保険料は安くなります。

実際に、保険料がどれほど変わってくるのか例を見てみましょう。

 

〇親から子に引継ぐ場合(保険料は概算となります)

   子供が新規で保険に加入した場合    親の等級を引き継いだ場合
   等級  保険料    等級  保険料
 親  20等級  35000円  親  6等級  54000円
 子  6等級  187000円  子  20等級  88000円
   合計 22万2000円    合計 14万2000円
差額 80000円


 

例では、子供が新規に自動車保険に加入した場合、18万円以上と高額な保険料になってしまいます。しかし、親の20等級を引継ぐことによって、保険料は新規に加入した場合に比べて半額以下に抑えることができます。

一方、親は子供に等級を引継いだので、新しく保険に加入し6等級からのスタートとなります。そのため、今までの保険料より高くなってしまうのですが、年齢条件「35歳以上補償」等により安く抑えることが可能となります。実際、例を見ても19000円増えただけで、トータルの差額では80000円もの節約になっています。

また、「セカンドカー割引」を利用することで7等級からスタートさせることもかのうです。「セカンドカー割引」とは、

〇保険と車両所有者の名義人が同一である

〇1台目の等級が11等級以上

〇記名被保険者と車の所有者が個人である

という条件を満たしている場合、保険に加入すると7等級からスタートできるというものです。6等級から7等級になるだけでも割引率は10パーセントほど違ってくるので、ぜひ、利用しましょう。

 

1ff1778a5f23c9a691cef3561ab71b01_s

 

家族間で等級を引継ぐためには条件がある


家族間で等級を引継ぐことで保険料を節約できることはわかったかと思います。しかし、これにはいくつかの条件があり、条件を満たしていないと引継げない場合もあります。ここでは、等級を家族間で引継ぐための条件について見ていきましょう。

 

<等級を引継ぎできる車>

〇等級を入れ替える車が新規で購入した自動車あること

〇等級を入れ替える前の自動車を廃車して、別の自動車に入れ替える場合

この条件を満たすことで引継ぎは可能です。保険会社ごとにも条件が決められているので、車を購入する際には保険会社に確認しておくと安心でしょう。

 

<等級を引継げる家族>

等級を引継げる家族にも条件がつきます。一般的にその対象となるのは以下のものです。

 

〇契約者の配偶者(内縁関係でもよい)

 

〇契約者の同居親族

 

〇契約者またはその配偶者の同居親族

 

ここで大切なのが「同居」しているということです。等級を引継ぐには同居が絶対条件であり、たとえ子供であろうと「別居」している場合は等級を引継ぐことはできません。

 

例えば、お子さんが就職で会社に近いアパートで独り暮らしを始めた場合は、無条件で等級の引継ぎはできなくなるということです。

 

また、「自分は車にもう乗らないから」と、親族に車を譲るといった場合も、その親族が同居していないと等級を引継ぐことはできません。

 

あくまで「同居」が絶対条件であると認識してください。

 

1292213118090212d0a9d3427c71f449_s

等級の引継ぎに大きく関わる「同居」と「別居」の区別


等級を引継ぐ家族の条件として同居は絶対となりますが、ここで「同居」と「別居」の定義を明確にしておきましょう。簡単に「一緒に住んでるかどうか」で間違いないのですが、同じ建物に住みながらも「同居」とみなされないケースもあるので気をつけてください。

まず、同じ家に住んでいるかが「同居」と「別居」の違いになるのですが、一軒家でも「はなれ」や「勉強部屋」といったものは同じ家屋とみなされない場合があるので注意しましょう。

例えば、親戚が「はなれ」に住んでいるからと等級を引継ごうとしても、「はなれ」は同居とみなされない場合があるので引継ぐことができない可能性があります。

二世帯住宅は基本的に同居とみなされるのですが、入り口がそれぞれ別に2つあるような家だと、保険会社によっては同居とみなされない場合もあるようです。やはり、事前に保険会社に確認する必要がありますね。

同居と思っていたのに等級の引継ぎができないといったトラブルを避けるためにも、同居と別居の区別をしっかりとしておきましょう。

 

4e75516fc4cb003c172cc9b3b055274a_s

 

自動車保険の等級の引継ぎは面倒じゃないの?


家族間で等級を引継ぐ場合、条件等もあることから手続きが面倒と考えている人も多いようですが、実は非常に簡単な手続きで終わります。

基本的に保険会社に「家族間で等級を引継ぎたい」という意思を伝えて、あとは保険会社の指示に従うだけで完了します。具体的な流れとしては以下の通りです。

 

〇新車を購入し親から子供へ等級を引継ぐ場合の手続き

step1  保険会社に、親の自動車から子供の新車に車両入れ替えしたいことを連絡する

step2 車両入替完了後に、新車の記名被保険者と保険名義を子供に変更する

step3 親の自動車は、親の名義で新しく自動車保険に加入する

 

〇自動車に乗らなくなるから親族に等級を譲る場合

step1  保険会社に、自分の自動車と等級を譲りたい親族の自動車で車両入替したいことを連絡する

step2 親族の自動車の保険を解約する

step3 車両入替完了後に、保険名義を等級を引継ぐ親族に変更する

step4 自分の自動車を廃車する手続きを踏む

 

以上の工程で手続きは完了します。

「時間がかかるのでは?」「書類がたくさん必要なのでは?」と思っている人が意外と多いようですが、実際は、「え?これだけ?」と感じるほど簡単に終わってしまいます。

 

17cfd3ed5819ac977c2c0e4c6d30b760_s

 

等級は他の保険会社への引継ぎもできる。


ここまで、家族間での等級の引継ぎについて解説してきましたが、他の保険会社へ乗り換える場合でも等級の引継ぎはできます。ここでは、他社に乗り換える場合のポイントと注意点について見ていきましょう。また、ここでの注意点は家族間での引継ぎにも言えることなので、しっかりとチェックしておいてください。

 

<中途切替と満期切替>

自動車保険の満期は1年間です。満期の1年間無事故であれば等級は上がります。ですので、保険会社を変更する場合、基本的に満期を迎えてから(満期切替)というのが一般的です。

「保険料がものすごくお得だからどうしても」という場合は中途切替となるのですが、この場合はいくつか注意しなければなりません。

 

〇解約返戻金

契約期間の残りから計算して解約返戻金が戻ってくるわけですが、これは完全な日割り計算ではないということを理解しておきましょう。

解約返戻金をアテに新しい保険に加入を考えていたのに、自分で計算していた金額よりも少なかったということがないよう、しっかり頭に入れておいてください。

〇契約満了日

これは満期切替にも言えることですが、自動車保険を乗り換える場合は満了日を過ぎてから7日以内というルールがあります。

もし、7日を過ぎてしまうと新規契約扱いとなり、等級の引継ぎができなくなります。つまり、それまで20等級であったとしても、6等級からのスタートになってしまうので注意が必要です。

〇1年以内の無事故の実績がリセット

中途切替の場合、契約期間中の無事故の実績がリセットされるため、等級が上がる期間が延びてしまうというデメリットがあります。

分かりやすく言うと、2015年4月に保険に加入したとして同じ年の10月に他の保険に乗り換えたとしましょう。すると、次回更新日が2016年の10月となり、2015年4月~10月までの無事故実績はなかったことになります。本来、2016年の4月に上がるはずだった等級が、10月まで伸びてしまうわけです。

 

こういったデメリットを考えると、やはり満期切替のほうがいいでしょう。乗り換えたい保険会社を見つけたとしても、満了日を待ってから乗り換えることをおすすめします。

 

<嘘の等級報告>

「自動車保険を乗り換える際、嘘の等級を申告すれば高い等級を引継げるのでは?」

よく、こういった質問を見かけるのですが、嘘の報告は絶対にしないようにしましょう。

実際に嘘の申告をして契約ができるかというと...、できてしまう場合もあります。契約の際に前保険証券を見せなければならない保険会社だと無理ですが、通販型の自動車保険だと保険証券を見せなくても契約できる場合があるのです。

しかし、たとえ契約できたとしても、1~3か月ほどで保険会社同士の情報開示によって嘘はバレてしまいます。もちろん、等級は戻され追加の保険料を支払わなければなりません。必ず正確に等級を申告しましょう。

 

efb7d024a17132cd4e00c85f366eda48_s

 

悪い等級を引継がずにリセットできるの?


事故を何回か起こしてしまい等級が下がってしまうと、保険料は高くなってしまいます。特に、6等級以下になってしまうと「保険を乗り換えることで等級がリセットされるのでは?」と、考える方もいるようですが、残念ながら悪い等級もそのまま引き継がれます。

ただ、悪い等級から完全に逃げられないか?というと、実は逃げる方法はあります。

一つ目の方法は、14か月以上無保険の期間を作るという方法です。

現在加入している契約が終わってから13か月以内に次の保険に加入すると、悪い等級はそのまま引き継がれます。しかし、14か月以上の間、次の保険に加入しないことで新規等級での契約が可能になるのです。

ただ、1年以上も無保険はあまりにも危険です。車を運転する機会がよほど少ない限りはおすすめできません。

もう一つの方法は、現在の車とは別にもう一台車を購入する方法です。新しい車が新規の等級として契約してるので、そちらの等級を使うことが可能です。

ただ、この方法は車を購入する出費も大きいですし、悪い等級を逃れるための購入ということがバレると後々面倒なことになります。悪い等級を逃れるメリットよりも、はるかにデメリットのほうが大きいのでやめておきましょう。

もし、悪い等級を逃れたいのであれば13か月間車の運転をしないことがベストかと思います。

 

d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s

 

自動車保険を解約しても中断証明書を発行してもらうことで等級を保存することができる


今まで車を運転していた人が、生活環境が変わることで車に乗らなくなるということもあろうかと思います。車に乗らないのであれば保険も必要ないので、当然ながら解約ということになるのですが、

「もしかするといずれまた車にのるかも...」

といった場合、解約ではなく中断することで等級を保存することが可能です。今までの等級が保存されるので、次回に保険に入る際には、このとき保存された等級がそのまま適用されます。

「中断証明書」を保険会社から発行してもらうことで中断の手続きができるのですが、この「中断証明書」を発行するには条件があります。この条件については、ソニー損保のHPで質問に対する回答があったので引用させてもらいます。
中断証明書 の発行条件について

中断証明書 の主な発行条件

1.中断する契約の次の等級が原則7等級以上であること

2.保険契約を中断する理由が以下の理由であること

・お車を廃車、譲渡または貸主に返還する。

・お車が車検切れ*となる。

・お車が車両入替手続きにより、他の保険契約の対象となる。

・お車が盗難された。

・お車が災害により滅失した。

*車検証の有効期限が切れていることをいいます。道路運送車両法第16条に基づき、一時的に抹消登録している場合を含みます。

引用元 https://faq.sonysonpo.co.jp/faq_detail.html?id=63
 

中断証明書を発行する条件のそれぞれの理由につき、事実が確認できる書類も必要になります。陸運支局や自動車検査登録事務所で発行してもらえるので準備するようにしましょう。

 

今、説明したのは「車を手放した場合」ですが、車を残したまま中断証明書を発行してもらえる場合もあります。

 

〇留学等で長期に渡り海外に滞在する場合

〇女性が妊娠を理由に車に長期に乗らない場合

 

この2つの場合も、やはり証明できる書類が必要となりますが、中断証明書を発行してもらえるので有効に活用しましょう。

 

保険3

 

中断証明書を使って自動車保険を再開するには


まず、中断証明書の使用期限は10年(妊娠中断は3年以内)となります。前の保険を中断してから10年を過ぎると無効になってしまうので気を付けましょう。

また、車を手放している場合、新しい車を取得してから1年以内に申請しないといけません。しかも、会社によってこの期限が短い場合もあるので、事前に調べておく必要があります。必要な書類としては、「中断証明書」と「新しく取得した車の車検証の写し」となります。

万が一、中断証明書を紛失してしまったら...

安心してください。紛失したことを保険会社に伝えれば中断証明書を再発行してもらえます。再発行には、多少、時間がかかる場合もありますが、発行依頼書さえ提出しておけば確実に再発行してもらえるので心配いりません。

 

中断証明書を上手く利用しよう


中断証明書さえあれば、実は、どの保険会社に加入しても等級は引継ぐことができます。なんとなく発行元の保険会社でないといけないというイメージがありますが、新たに保険料の安い会社に加入しても何も問題ありません。

もちろん、いままでの保険に十分満足しているのであれば、わざわざ変える必要はありませんが、中断証明書を使って再契約する際は、じっくり色んな保険会社を選べるという利点があるので上手に利用しましょう。

もう一つ、意外と知られていないことがあります。それは、中断証明書を使って新たに契約する場合の等級の引継ぎは、被保険者の配偶者、同居の親族にも適用されるということです。

つまり、家族間の引継ぎ同様に、中断証明書を発行しておくことで、子供や親族に等級を引継がせることができるということです。高齢を理由に車を手放すのであれば、中断証明書をとっておくことで子供や孫に等級を引継げるので、必ず中断証明書を発行しておきましょう。

 

fe1e36a96b6773ba53c79b8f86b05da5_s

 

バイクの保険の等級を自動車保険で引継ぐことはできるのか?


バイク保険の等級が高くて自動車保険に加入する場合、等級は引継ぐことはできるのでしょうか?

この手の質問は結構多いようで、自動車保険のサイト等でもよく記載されています。結果から言うと残念ながら等級を引継ぐことはできません。これは、逆もしかりで自動車保険の等級をバイク保険に引継ぐことはできません。

なぜかというと、そこには「リスク」に対する考え方の違いがあるようです。

自動車とバイクとでは、やはり違った運転技術が必要であるため全く違う乗り物として認識されます。したがって、そこに生じるリスクも全く異なってくることから等級の引継ぎはできないということになっているようです。

バイクも自動車も両方乗る人にとっては、等級が引継げると色々と便利にかと思うのですが、なかなかそう上手くはいかないものですね。こちらもソニー損保のHPより回答を引用しておきます。
バイク保険のノンフリート等級を四輪の自動車に引継ぐことはできません。

自動車保険でノンフリート等級を引継ぐことができるのは、当社では自家用8車種間に限定しています。
そのため、バイク保険の等級を四輪の自動車に引継ぐことはできず、四輪の自動車保険は新規でのご契約となります。なお、バイク保険を含む自動車保険の等級は、中断の手続きをすることで保存できる可能性があります。中断を行うには一定の条件があります。詳細はご契約の保険会社にご確認ください。

 

引用元 https://faq.sonysonpo.co.jp/faq_detail.html?id=314


 

54be875f4bac436edb2d2ebae611cfb1_s

 

自動車保険の等級を上手く引継ぎしよう


自動車保険にとって切っても切れない等級制度ですが、家族間で上手に引継ぎをすることで、保険料を大幅に節約することができます。

お爺ちゃんが年齢を理由に車に乗らなくなったとすれば、中断証明書を発行しておくことで子供や孫に高い等級を引継ぐことができます。

特に、若年層は保険料が高くなるので、自分のお子さんが初めて自動車保険に入るのであれば、等級の引継ぎを上手く利用して保険料をより安くしてみてはいかがでしょうか?

ただし、事故を起こしては何も意味がありません。何よりも、安全運転が大切であるということを忘れないでください。

 

87ee07f3054e29372a9aad70d71e1956_s

この記事に関するキーワード

キーワードからまとめを探す

ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング