OFFICE LIFE(オフィスライフ)とは?

「オフィスライフ」は福利厚生を通じて、「BtoBサービスの導入」や「採用」を目的とする企業のマッチングプラットフォーム。「福利厚生サービスの導入事例を紹介して導入検討企業を獲得したい」あるいは、「自社の福利厚生の紹介して採用につなげたい」という企業がオリジナルの申し込みフォーム付きの記事を公開することができます。

福利厚生の専門サイト「OFFICE LIFE」へようこそ。

 

「オフィスライフ」は「全ての企業と、全ての会社員の皆様に役立つ情報を!」という想いのもと立ち上がりました。

 

一方通行の情報メディアというよりも、みんなで作りあげるメディアです。

 

 

また「オフィスライフ」は福利厚生を通じて、「BtoBサービスの導入」や「採用」を目的とする企業のマッチングプラットフォームでもあります。

 

「福利厚生サービスの導入事例を紹介して導入検討企業を獲得したい」

 

あるいは、

 

「自社の福利厚生の紹介して採用につなげたい」

 

という企業の皆様であればどなたでも無料で会員登録ができます。

 

各記事にはオリジナルの申し込みフォームをつけることができます。

 

また、FINTECH、財テク、確定拠出年金など会社員の資産形成に役立つ独自のコラム、ニュースを配信しております。

 

「オフィスライフ」を通じて、皆様の企業のビジネス成長と快適会社生活につながれば幸いです。

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「OFFICE LIFE(オフィスライフ)とは?」に関連する記事

法人保険は節税ではない。未来への投資である。
法人保険という単語を聞くと、「節税のやつでしょ」という反応する人がいます。 確かにそうだけど、そんな一言でまとめられないくらい奥深いものです。 そういう人は決まって、法人保険を活用も検討もしたことがないんです。 きちんと活用している経営者から見れば、馬鹿丸出しに見られてるかもしれません。
YOU-U株式会社 | 5214view
経営者なら知っておくべき、生命保険の15の目的
経営者が考えるべき2つの保険とは、1つ目は、経営している会社名義の法人契約の生命保険。 もう1つは、契約者みずからの個人契約の生命保険です。経営者の方が生命保険を考えるときは、この2つの両面から考える必要があります。2つのバランスを欠いてしまった場合、後で様々な弊害がおこります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 4508view
経営者なら知っておきたい養老保険。早わかりガイド
養老保険の法人契約は、「被保険者」「死亡保険金受取人」「満期保険金受取人」の設定によって支払い保険料の経理処理が複雑に変化します。「死亡保険金受取人=被保険者の遺族」「満期受取人=法人」とするハーフタックスプランにおいては支払保険料の半分を損金計上出来る要件を満たしておく必要があり、「死亡保険金受取人=法人」「満期受取人=被保険者」とする逆ハーフタックス(逆養老・リバース)プランについては、税務上のルールが明確にされていないので、将来的に取扱方法が変わる可能性があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1352view

この記事に関するキーワード

キーワードからまとめを探す

ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング