予想的中率81%!?株価予測サービスの兜予報

財産ネット株式会社(代表取締役 荻野 調)は、アナリスト・トレーダー等が経済ニュースの株価への影響について投票を行う「兜予報」において、サービスローンチから3か月となる2015/12月に月間予報精度81%を達成。コンドルセの多数決論にて算出される統計学的な予報精度を実現した。

現役トレーダーを含む兜町のプロが投票

 

アナリスト個人の予測精度を競う企画

 

投資の達人

Yahooファイナンスの企画。123名中、10回以上の予測で勝率70%超は1名、60%超で2名。

 

・株-1グランプリ

夕刊フジの企画コーナー。

 

兜予報

兜町のプロの投票による株価予想サービス。similarweb.comによると月間利用ユーザは2万人。

 

 

「兜予報」とは

 

現役トレーダーを含む兜町のプロが投票することで「上がる・下がる・織り込み済」を分かりやすく予報するキュレーションメディア。2015年9月に開始。

 

「兜予報」は個々のアナリストの得手不得手、有名かどうかに依存することなく、アナリスト、トレーダー、ベテランの営業マンが投票、兜町の集合知を投票という形態で見える化。一般知識では判断が難しい経済ニュースに対する兜町の見立てを「上がると思う方がX%、そのままと思う方がY%、下がると思う方がZ%」という形で一目で分かりやすく伝える。

 

個々のアナリストの予測精度が60%だとしても十数名のアナリストの集合知を用いると統計学的にはコンドルセの多数決論にて80%以上へ精度が上がるという。

 

 

月間期待収益率も50%超を達成

 

「兜予報」に掲載される、株価に影響を与える可能性のある公開情報や報道を基にして、アナリストの投票結果を参考にしつつ場中の取引を行った場合、過半のケースで期待収益はプラスとなる。

 

予報集約時からその30分後にかけて短期取引を行った場合の月間累積収益率は2015年12月に50%に達した。30分単位での短期売買はデイトレーダー向けの情報となりますが、今後は一般の方でも情報を活用出来るようにリニューアルを予定。

 

 

ビジネスモデル

 

兜予報は無料で利用できる。グーグルアドセンスの広告や投資サイトの「investing.com」の成果報酬から収益をあげていると思われるが、運営会社では財産管理サービス「財産.net」を立ち上げているので、そのオウンドメディアという位置づけになっているのだろう。

 

 

「財産.net」とは 

 

資産運用の投資助言サービス。利用者とプロのアドバイザーとのマッチングを行う。

利用者は自分の資産状況を登録して資産管理ができる。

アドバイザーは、資産運用に関する質問に回答したり、記事投稿にて、潜在顧客を獲得できる。

 

言わば、弁護士ドットコムの資産運用版といったビジネスモデルだと予想される。

 

 

【利用者向けのサービス内容】

・最適なポートフォリオを提案

・分散投資の分析、アドバイス

・金融口座との自動連携した運用管理

 

【アドバイザー向けのサービス内容】

・名前/保有資格/登録番号などを入力

・資産運用に関する質問が届く

・アドバイスや経済情勢の記事を投稿

・利用者の理想ポートフォリオに対してリスク資産の一部の入れ替えを勧める

・利用者の現資産を一人ずつヒアリングする必要はない

・現ポートフォリオと理想ポートフォリオは自動計算で提示

 

 

老後に備える「失敗しない確定拠出年金講座」配信中  

 

無料購読はこちら

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「予想的中率81%!?株価予測サービスの兜予報」に関連する記事

日本および世界のリーガルテックのスタートアップをまとめてみました。
リーガルテックとは法律に関するITテクノロジーのことをいいます。 裁判、行政、契約などの従来業務の省力化や、士業や企業法務向けのサービスが考えられます。 またFINTECH分野で注目されているブロックチェーン技術は、リーガルテック分野でも期待されています。
OFFICE LIFE | 15860view
保険業界が注目すべきテクノロジーとビジネスモデル
フィンテックの次のフロンティアは保険業界と見られています。 なぜなら、保険業界は全世界で120兆円産業でありながら、他の業界よりも顧客満足度は低く、マーケティング手法も古びたものだから、ITによる改善の余地が大きすぎるというわけです。 事実、保険大国アメリカでも保険未加入者が半分もいるのです。
OFFICE LIFE | 4645view
弁護士の認知度100%の弁護士バーをたてるも5ヶ月で閉店
2010年に話題になった弁護士バーを経営していました。
YOU-U株式会社 | 4796view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング