低金利を背景に躍進。銀行で人気の外貨建て保険とは?

外貨建て保険とは、支払う保険料や、受取る保険金・解約返戻金などが、外貨になっている保険です。主にドル建て、ユーロ建て、豪ドル建てがあります。円建ての保険よりも保険料が割安となっているのも魅力ですが、外貨の商品なので為替変動リスクがあります。

第一生命と銀行が売りまくったその背景には?

 

外貨建て保険のメリット


・日本円より高い金利の通貨で運用するため貯蓄性で有利
・予定利率が高く保険料が安い
・満期時・解約時に契約のときより円安であれば為替差益がプラス
・資産を外貨に分散できる

 


外貨建て保険のデメリット

 

・為替が円高になると受取る金額が減る
・両替する際に為替手数料が掛かる

 

 

まとめ

 

外貨建て保険は銀行窓口で大変人気な商品です。
それは他の金融商品と比べてもメリットが高いと利用者には映っているともいえます。


王者の日本生命が第一生命に抜かれたのも、この保険商品が抜群に売れたからでした。

 

参考)銀行窓口は高い手数料の保険を売っていた!?

 

当然のことながら、満期保険金や解約返戻金を外貨のまま保有することもでき、外貨資産として活用することもできます。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。


無料購読

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「低金利を背景に躍進。銀行で人気の外貨建て保険とは?」に関連する記事

生命保険の市場規模、業界変遷などをまとめてみました。
日本の生命保険業界の市場規模は、約40兆円(年間の生命保険料ベース)となっており、米国に次いで世界第2位の規模です。 日本は、生命保険の「世帯加入率」は90.5%の「保険大国」なのです。なお支払金は年30兆円。事業費は4兆円。
OFFICE LIFE | 12950view
InsTech(インステック)とは?注目の保険関連サービスもまとめてみました。
インステックとは保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の掛けあわせた言葉で、保険領域の新しいITサービスの登場が期待されます。
OFFICE LIFE | 29031view
【超ウルトラクイズ】生命保険会社の特徴から生保会社を特定せよ。
生保関連業者の方でこれに答えられなかったら、モグリと言わせていただきます。
法人保険ドットコム | 2892view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング