資産形成・資産運用

ポートフォリオの組み方や、様々な投資の考え方やしくみなど、詳しく解説していきます。

「資産形成・資産運用」に関するキーワード

» 資産形成・資産運用に関するキーワード一覧

「資産形成・資産運用」に関する記事一覧

7件中 1件 - 7件
中国共産党に狙われるジョージ・ソロス
著名投資家ジョージ・ソロス氏が管理・運用するソロス・ファンド・マネジメントは先週、スイスのダボスで開幕した年次総会ダボス会議の席上で、米株の空売りを発言。また、資源輸出国の株式市場やアジア通貨の売りも明らかにした。ソロス・ファンドはQFII(適格国外機関投資家)を通じて20億-30億元(約360億-540億円)のA株を取得しているとみられている。
OFFICE LIFE | 1977view
【FP技能検定・解答速報】本日の試験結果をレポート。
2015年度のFP技能検定・第3回試験が、平成28年1月24日に行われました。
OFFICE LIFE | 1223view
定期預金の罠。長期投資のキホン3ヶ条。
利回りという言葉には注意が必要で、不動産収入は単利、金融商品は複利です。流動性の低い金融商品は換金性が低いゆえに「複利」を活かした資産形成ができます。
OFFICE LIFE | 1230view
ドルコスト平均法とリバランスを合体したのがバリュー平均法
バリュー投資法は、株価下落の際は「追加の投資」で数量を増やし、逆に株価上昇の際には「目標を上回る分を売却」で利益確定をするという運用方法です。
OFFICE LIFE | 3563view
アセットアロケーションとは年代・資産状況に応じた資産分配率のこと。
アセットアロケーションは、投資資金を複数の異なった資産(アセット)に配分(アロケーション)することをいい、運用に伴うリスクを低減しつつ、効率的なリターンを目指します。
OFFICE LIFE | 1078view
感情に動かされない機械的な投資方法が「フォーミュラプラン」
あらかじめ決めておいた一定の規則に従って、機械的に売買する投資手法をフォーミュラプランといいます。具体的な方法としては、「定額法」、「定率法」、「変率法」の3つが代表的です。
OFFICE LIFE | 1309view
リーマン・ショックもへっちゃらだったドルコスト平均法
ドルコスト平均法とは、定額購入法とも呼ばれる投資方法で、毎月一定の金額を購入していけば、短期的な株価の上昇・下落に左右されず、全体で見れば平均購入単価を低く抑えることができるという方法です。
OFFICE LIFE | 1389view
1
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング