財テク

貯金、副業、株式投資、不動産投資、保険、投資信託といった、財テクについてのコラムを紹介しております。

財テクの記事一覧

36件中 21件 - 36件
国税庁、ついにタワマン節税にメス。
「一部の資産家しか使えないような節税策は規制すべきだ」という声があるなか、総務省と国税庁は2018年にも、高層マンションを節税目的で購入する動きに歯止めをかける検討に入る。マンションなどの相続税を計算する際の基準になる総務省令の改正案を今秋にもまとめ、与党の税制調査会で議論する。
OFFICE LIFE | 1743view
住宅ローンの固定金利の罠。銀行向けの定期預金だった!?
これだけ金利の低い時代に「複利のメリット」が効かない定期預金を資産運用に使うのはナンセンスですが、銀行からみるとそうでもないようです。固定金利という名の銀行向け「定期預金」についてレポートします。
OFFICE LIFE | 1853view
【FP技能検定・解答速報】本日の試験結果をレポート。
2015年度のFP技能検定・第3回試験が、平成28年1月24日に行われました。
OFFICE LIFE | 1192view
定期預金の罠。長期投資のキホン3ヶ条。
利回りという言葉には注意が必要で、不動産収入は単利、金融商品は複利です。流動性の低い金融商品は換金性が低いゆえに「複利」を活かした資産形成ができます。
OFFICE LIFE | 1186view
今さら聞けない確定申告のイロハを教えます。
会社員の方は、年末調整をしますから一般的には確定申告は不要ですが、確定申告をしなければならない場合と、確定申告した方がいい場合とがあります。
OFFICE LIFE | 1122view
一時所得、雑所得、譲渡所得、2重の給与、どういう税金がかかるの?
給与所得、雑所得、一時所得は、合算して計算する「総合課税」がとられ、土地、建物、株などの「譲渡所得」は分離課税という別のルールで税金がとられる。ざっくりいうと「人の働き」にもとづくのが総合課税、モノにもとづいくのが分離課税といえる。
OFFICE LIFE | 1221view
ドルコスト平均法とリバランスを合体したのがバリュー平均法
バリュー投資法は、株価下落の際は「追加の投資」で数量を増やし、逆に株価上昇の際には「目標を上回る分を売却」で利益確定をするという運用方法です。
OFFICE LIFE | 3452view
アセットアロケーションとは年代・資産状況に応じた資産分配率のこと。
アセットアロケーションは、投資資金を複数の異なった資産(アセット)に配分(アロケーション)することをいい、運用に伴うリスクを低減しつつ、効率的なリターンを目指します。
OFFICE LIFE | 1047view
感情に動かされない機械的な投資方法が「フォーミュラプラン」
あらかじめ決めておいた一定の規則に従って、機械的に売買する投資手法をフォーミュラプランといいます。具体的な方法としては、「定額法」、「定率法」、「変率法」の3つが代表的です。
OFFICE LIFE | 1243view
リーマン・ショックもへっちゃらだったドルコスト平均法
ドルコスト平均法とは、定額購入法とも呼ばれる投資方法で、毎月一定の金額を購入していけば、短期的な株価の上昇・下落に左右されず、全体で見れば平均購入単価を低く抑えることができるという方法です。
OFFICE LIFE | 1332view
なぜ日本だけ長いデフレに見舞われたのか?
1970年から約20年間インフレだった日本経済は、バブル崩壊後の1991年以降、約20年のデフレーションに見舞われました。このデフレの理由については諸説あり、いまだに論争のあるところです。
OFFICE LIFE | 1698view
政府がインフレ推進に舵を切ったっていうけど、何年続くんだろう?
公的年金の運用機関が、国債中心のポートフォリオから国内株式と海外株式に大幅シフトした動きの背景には、賃金上昇と物価上昇のトレンドが続くという判断からでした。
OFFICE LIFE | 806view
サラリーマンの節税対策まとめ。
サラリーマンが節税をするポイントになるのは、「所得控除」と「損益通算」です。前者は住宅ローン、年金、保険などで所得を目減りさせる方法であり、後者は副業で赤字所得を合算することで、節税効果を狙うものです。不動産投資や株投資も副業の一つといえますので、「損益通算」も身近な節税方法になるのです。
OFFICE LIFE | 4032view
1000万人が開設しているNISA口座、総額5兆円へ。
NISA(少額投資非課税制度)とは、株式や投資信託の投資に対して、税制上20%かかる売却益と配当への課税を、年間100万円を上限に非課税とする制度です。毎年新たに100万円の非課税枠が追加されます。非課税の期間は、それぞれ最大5年間です。口座開設期間は2014年から2023年の10年間とされており、「老後資金への積み立て」を謳って販売されていることが多く、NISA口座開設者の72%が50歳以上となっております。
OFFICE LIFE | 1062view
マイナス金利で、私たち、どうなっちゃうの?
黒田バズーカ第3弾「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」として、1月29日、日銀は「マイナス金利」を発表。アベノミクスへの最大の援護射撃をしました。マイナス金利政策は、民間金融機関がお金を日銀に預けた場合、その一部に2月16日から0.1%の金利を支払うという仕組みです。
OFFICE LIFE | 5378view
相続税及び贈与税の税制改正はどう変わったの?
アパート経営プラットフォームの「TATERU(タテル)」(株式会社インベスターズクラウド/東京都港区/代表取締役:古木大咲)は、 日本最大級の弁護士検索・法律相談サイト「弁護士ドットコム」、「税理士ドットコム」を運営する弁護士ドットコム株式会社(東京都港区/代表取締役社長 兼CEO 元榮 太一郎)と業務提携し、 相続税対策の相談ができる「TATERU相続税デスク」を1月27日にスタートした。
OFFICE LIFE | 1653view
1 2
ピックアップ
話題のキーワード

該当する記事がありません。

アクセスランキング