ウェブマーケティングやサイト運営に「7つの習慣」を取り入れよう♪

事業に失敗したときに、起業家が反省することに、「本当にやりたいことよりも、儲かりそうなことを選んでしまう」ということがあります。ひとたび失敗すると、それを取り返そうともっと儲かりそうなものを見つけようとします。

あなたのサービスは主体的を発揮しておりますでしょうか?

 

ITサービスに携わる人たちの中では、合言葉のように「顧客をよく見ろ」という考え方が固く信じ込まれています。


それはそれで正しいと私も信じていますが、顧客をあまりにも見てしまうために、ある種の強迫観念になると失敗を招く危険性もあるのではないかと思うようになりました。

 

お金が絡んでくると、こういう顧客もとりたい、ああいう顧客もとりたいとなり、あれ、「俺はなにをやっているんだ」となります。結果的に顧客が見えなくなるという逆説です。

 

例えば広告のような安易な集客をしても、顧客とのコミュニティの濃度がうすくなり、お仕着せがましくなります。

 


そんな時に大切な視点が、「自分が主体的に動いているか」というものです。
競合がやってるから真似るのではなく、自分たちのサービスの「あり方」として妥当な選択なのかという視点です。

 


もし、自分たちが「本当にやりたいこととは何か違う」ものであれば、プロジェクトチームは闊達になりませんし、訪問してくれるユーザにもブレて伝わります。

 

 

「7つの習慣」はざっくりいうと「自分のあり方」を決めれば自ずと道はひらけるという理論です。

 

事業に失敗したときに、起業家が反省することに、「本当にやりたいことよりも、儲かりそうなことを選んでしまう」ということがあります。ひとたび失敗すると、それを取り返そうともっと儲かりそうなものを見つけようとします。

 

 

これはまさに、「7つの習慣」が提唱している「自分のあり方」と間逆なことをやっているのです。

 

「7つの習慣」のキーワードで、インサイドアウトという言葉があります。

 

自分が主体的になって発信、行動すれば、おのずと欲しかった全てを手に入れることができるという考え方になります。

 


「自分のあり方」をそのサービスに詰め込めば、その人の思うところの「成功」を手に入れることができる。

 


これはサイト運営やマーケティングにもいえることだと思います。

 


iPhoneやクックパッドは独自の哲学や「あり方」を見ることができます。


「見かけをパクるんじゃない、本質をパクれ」というある投資家の言葉がよぎります。


「本質をパクる」というのは、「あの起業家と同じように、自分の主体性をサービスに込めろ」ということなのかもしれません。

 

 

「7つの習慣」が、自分のサービスの「あり方」を考えるきっかけになればと思います

 

 

筆者が開催するセミナーはこちら

 

 

起業家が自ら実践すべきWEBマーケティング講座

 

無料購読はこちら

「ウェブマーケティングやサイト運営に「7つの習慣」を取り入れよう♪」に関連する記事

【7つの習慣メソッド】お問い合わせ対応は、相手の気持ちを自分の言葉で返せ!
せっかくお客さんが勇気を振り絞って問い合わせしたのに、話が咬み合わなくて、本当の声を聞き逃すこともあるのが、ITサービスの難しさです。
Eagle株式会社 | 2663view
【7つの習慣メソッド】成功するサービスには「インサイド」がある。
iPhoneもまたインサイドアウトでした。今回は7つの成功したサービスの「あり方」を考察します。 COOKPAD、アットコスメ、バイマ、食べログ、パズドラ、LINE、メルカリ、がどのように世界を変えたのか、筆者なりに考えてみました。
Eagle株式会社 | 2605view
【7つの習慣メソッド】ステップメールは何話を用意すればいいのか?
ステップメールは、1話から順番に「自社サービスのあり方」を伝えるもっとも効率のいい手法です。ひとたびステップメールの原稿が揃えば「効率がいい」のですが、ステップメールを書くこと自体に手間がかかります。ここで出てくる問題が、「いったい何話かけばいいの私」問題です。 そんなアナタには、以下の質問を投げかけたいと思います。
Eagle株式会社 | 1541view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング