スカウトマンは実は東大生が向いている

スカウトと保険営業の共通点とは?

東大出身は、暗記力だけは突出してるはず。

 

YOU-Uの津崎です。

 

大学3年の夏にホストを辞め、キャバクラへ斡旋するスカウトマンをやりました。
1日に1本は面接の予約にこぎつけるのを目安にしてました。

 


僕の定位置は、六本木の改札前です。

 

女の子に声をかけて、喫茶店でお話をします。
そして彼女にあったキャバクラを数店舗見せて、お店との面接アポイントをとります。

 


面接に合格した後は。10日出勤ではじめて紹介料を貰うというシステムです。

 


キャバクラのスカウトマンには、たいてい数十店舗の紹介先があります。

 

各店舗はそれぞれ求める女の子像が違いますし、時給スライドや、同伴ノルマ、客層が違います。

 

これらの項目をすべて暗記しておかないと、女の子にマッチしたお店を紹介できません。

 


これって、実は保険営業と同じなんですよね。
10以上の生命保険会社、数十の保険商品のなかから、お客さんのニーズにマッチした商品をピンポイントで紹介するわけですから。

 

話がそれましたが(笑)

 

これは東大生こそピッタリな仕事だと思っています。

 


東大は国立大学の中でも最も受験科目の多い大学です。


僕の頃は、センター試験で7科目、法学部の2次試験は5科目です。


社会の科目は、世界史、日本史、倫理をとりました。
文系ではありますが、理科は地学、数学も勉強しました。

 


私大は難関校でも3科目がいいところですから、暗記という面では、東大生が一番訓練を積んでいるのです。

 

社会にでてみて「東大生OBがすごい」とは思いませんが、暗記力だけは突出してるんだろうなとは思います。

 

 

僕も、各保険商品の数字はほぼ暗記しています。

そして、顧客ニーズの引き出し方についてはスカウト経験が役に立っています。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 


あなたにピッタリな法人保険診断


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

 

全額損金になる法人保険で決算対策!   

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「スカウトマンは実は東大生が向いている」に関連する記事

法人保険は節税ではない。未来への投資である。
法人保険という単語を聞くと、「節税のやつでしょ」という反応する人がいます。 確かにそうだけど、そんな一言でまとめられないくらい奥深いものです。 そういう人は決まって、法人保険を活用も検討もしたことがないんです。 きちんと活用している経営者から見れば、馬鹿丸出しに見られてるかもしれません。
YOU-U株式会社 | 5867view
弁護士の認知度100%の弁護士バーをたてるも5ヶ月で閉店
2010年に話題になった弁護士バーを経営していました。
YOU-U株式会社 | 2886view
「相手と必ず恋に落ちる36の質問」はステップメールのヒントに♪
2015年1月のニューヨーク・タイムズの記事に始まり、TEDなどでも取り上げられた「相手と恋に落ちる36の質問」は日本でも多くのバズメディアにとりあげられました。
Eagle株式会社 | 1137view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング