僕が尊敬する保険営業パーソン

保険営業スタイルは、人それぞれ、千差万別です。

100万人以上いる保険営業パーソンの中でも、指折りの2人

 

YOU-Uの津崎です。

 

今日は、タイトルのとおり、僕が尊敬する保険営業パーソンについて、お話します。

 

一人目は、S生命のNさんです。 Nさんとは、後述する奥田さんが開催する「開業医開拓セミナー」でお会いしました。2013年のことです。

 

保険パーソンにとって、情報が命です。 保険の新商品は毎月のように出てきます。

 

それは時代のニーズがめまぐるしく変わっているからであり、保険マンもそれを把握しなければ、お客さんに最も満足いただける保険商品をご案内できません。

 

それだけではありません。業種や会社の規模によっても、ニーズが違いますから、お客さん像を正しく把握しなくてはなりません。しかも「ニーズ」とはいっても、お客さんが知らない「ニーズ」をきちんと提示するのが僕らの仕事です。

 

だから、できる保険営業パーソンは1日5万円もするセミナーに参加したりしているのです。 このようなセミナーに参加している人は、保険営業プレイヤーとして優れている人が多いです。

 

そこでたまたま、懇親会で隣に居合わせたのがNさんでした。

 

Nさんは、N塾という保険の勉強会を、会社の後輩をあつめて開催しています。

 

自分のお客さんにどういった保険商品をご案内したらいいか、という後輩に、懇切丁寧にアドバイスしているんですね。

 

Nさんにとっても、様々なお客さん像をすいあげることができ、その人(会社)にあった商品設計をするから、どんなパターンのお客さんにも適応できるわけです。

 

僕は、数字が大好きなので、保険各社の各商品のスペック比較は得意なのですが、Nさんはそういう数字よりもどちらかというと発想力がものすごく、いつも勉強になっています。

 

 

そして、尊敬する保険営業パーソンは、もう一人います。もうご存知ですよね。そう奥田さんです。

 

奥田さんとは、2013年末に、井上先生の開催する「優績クラブ」でお会いしました。 井上先生は税理士の先生で、税務のスペシャリストであり、法人保険の塾を開いている方です。

 

 

奥田さんは、なにしろ、緻密です。

 

オフィスライフにて「全日本保険FP協会」アカウントで、記事を提供していただいています。 その記事を読めばわかりますよね。

 

本当に本質的なところをついてきます。

奥田さんが「保険」を売る理由は明確です。

 

会社経営をされていた父親が自殺でなくなり、「保険金」によって、家族が露頭に迷わずにすんだという経験をお持ちです。

 

「保険によって、様々な人を助けることができる」

 

これを身をもって体験された方です。

 

だからこそ、奥田さんの保険哲学には一本筋が通っているのです。

 

ぜひ、オフィスライフの奥田さんの記事を読んでみてくださいね。

 

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 


あなたにピッタリな法人保険診断

 


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「僕が尊敬する保険営業パーソン」に関連する記事

法人保険は節税ではない。未来への投資である。
法人保険という単語を聞くと、「節税のやつでしょ」という反応する人がいます。 確かにそうだけど、そんな一言でまとめられないくらい奥深いものです。 そういう人は決まって、法人保険を活用も検討もしたことがないんです。 きちんと活用している経営者から見れば、馬鹿丸出しに見られてるかもしれません。
YOU-U株式会社 | 5551view
弁護士の認知度100%の弁護士バーをたてるも5ヶ月で閉店
2010年に話題になった弁護士バーを経営していました。
YOU-U株式会社 | 2693view
スカウトマンは実は東大生が向いている
スカウトと保険営業の共通点とは?
YOU-U株式会社 | 877view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング