悠々自適な未来へ

当社の企業理念は、悠々自適な未来を創造すること、です。

生命保険で能動的な人生を

 

YOU-Uの津崎です。

 

今日は、僕(弊社)のビジョンについて、語りたいと思います。

 

そもそも、僕は「保険とは、お金と時間をコントロールできる最適なツール」と考えています。

 

保険には「出口」があり、明確なゴール設定があるから成立します。

 

例えば、経営者の場合、サラリーマンと違い、いきなり倒産することもあれば、勇退時期を逃すこともあります。 退職金を何年後に貰うという設計をすれば、そのとおりの人生を送ることができるでしょう。

 

「相続」もしかりで、残されたご家族のことを考えると不安で老後生活もままならないといったケースでも、保険でバッチリ対策をとっておけば、悠々自適な生活を送ることができるでしょう。

 

忙しい勤務ドクターも、リタイア時期を決め、その後の悠々自適な生活の設計図があれば、いまの激務にもたえることができることでしょう。

 

このようなビジョンをお客さんに実現していただくためには、保険パーソンがきちんとお客様に寄り添わなければなりません。

 

これには2つポイントがあると思っています。

 

まずは、お客様のビジョン(将来設計)を共有し理解すること。

 

そして、もう一つは、ビジョンにあわせた保険シミュレーションを組み立てること。

 

保険には、掛け金と期間があり、保障も様々なタイプもあります。 そして、毎年、解約返戻率は変わります。

 

そして法人の場合は、その法人の財務体質や将来の見通しによってプランが変わります。

いろいろな係数がからんでくるので、ブロックを当てはめるようにはできないのです。

 

幸い、僕は数字が好きなので、各社の各商品の数字比較とシミュレーションは得意です。 ビジョンにあったプラン提示はお任せください。

 

最後に、「やってはいけない」と思っていることを書きます。

それは「手数料」で売らないということです。

 

「お客様にマッチしている商品=手数料が高い」とはなりません。

 

先日、銀行の保険窓販において、「手数料の提示」という措置がとられました。

 

これは、手数料が高くて、買い手のリスクの高い保険商品が、銀行によって売られていることへの指摘が入ったとされています。

 

こんなのはビジョンもへったくれもないと思います。

ちょっと、ホンネが出てしまったので、今日はこのへんで。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 

あなたにピッタリな法人保険診断


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

 

全額損金になる法人保険で決算対策!   

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「悠々自適な未来へ」に関連する記事

法人保険は節税ではない。未来への投資である。
法人保険という単語を聞くと、「節税のやつでしょ」という反応する人がいます。 確かにそうだけど、そんな一言でまとめられないくらい奥深いものです。 そういう人は決まって、法人保険を活用も検討もしたことがないんです。 きちんと活用している経営者から見れば、馬鹿丸出しに見られてるかもしれません。
YOU-U株式会社 | 6807view
弁護士の認知度100%の弁護士バーをたてるも5ヶ月で閉店
2010年に話題になった弁護士バーを経営していました。
YOU-U株式会社 | 3419view
保険はアフターフォローが大切
契約したときの保険担当者の90%は5年後はいなくなっている、という異常な状況がまかりとおっているのが保険業界です。
YOU-U株式会社 | 1481view

この記事に関するキーワード

キーワードからまとめを探す

ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング