保険こそイノベーションを。

保険業界は「最後の暗黒大陸」と言われています。

20年以上変化がない保険業界にイノベーションを!

 

YOU-Uの津崎です。

 

今日は、僕の方向性を決定づけた「出会い」についてお話したいと思います。

 

2015年に「ひとじく」というセミナーに参加しました。

 

講師は、Freeeの佐々木さんです。 開成の3つ上の先輩にあたる人なんですが、ここで初めて出会いました。

 

なお、佐々木さんの開成同期には、レアジョブの加藤さんがいます。

 

佐々木さんは、もともとGoogleにいたんですが、クラウド会計ソフトの「Freee」で起業を果たします。

 

その講演の中で、「会計の世界でイノベーションをおこしたい」という言葉がグサリと刺さったのです。

 

講演後に、佐々木さんと話す機会があり、「津崎くん、保険の領域もイノベーションをおこせるはずだよ。Zenefitsというサービス見てみなよ」と言われました。

 

Zenefitsは、無料の人事労務のクラウドサービスなのですが、このビジネスモデルがおもしろいんです。

 

彼らは、米国全州の医療保険の代理店免許をもっており、医療保険をそのクラウドサービス上で売っていたのです。

 

この勝機は「オバマケア」にありました。 アメリカは日本と違い、国民皆保険制度がありませんでした。

 

医療保険に入っていない国民が多かったので、50人以上の従業員を擁する会社には医療保険に加入することを義務付けました。 アメリカでは、医療保険は、会社がバルクで買うという仕組みになっています。

 

会社の中で、医療保険を買う担当は、経営者か人事労務担当ですよね。

 

だから、人事労務の無料サービスを作って、そこを保険の売り場にしたというわけです。

 

「おお。これはすごい」と思いました。

 

保険というと、「保険営業パーソンが手売りするもの」と思われています。

 

だから、保険会社は、直販部隊を作ったり、保険代理店に卸して、保険を売ってるわけですね。

 

こういった営業コストや広告費が、保険料に上乗せされているわけです。

 

ITでイノベーションできたら、保険料はもっと安くできるはずですし、昔の制度で保険に入れなかった方も適切な保険料で保障をうけることだってできます。

 

今まで、「ITサービスを作ろう」なんて1ミリも思わなかった僕が、これをきっかけに、様々なITサービスの勉強をはじめることになりました。

 

まだ、お見せするタイミングではなくて残念ですが、いまいろいろと仕込中なので、ちょっと待っていてくださいね。

 

新サービスができたら、まっさきにオフィスライフでお知らせします♪

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 

あなたにピッタリな法人保険診断


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「保険こそイノベーションを。」に関連する記事

世界の注目FINTECH企業をまとめてみました。
世界で注目されるFINTECH企業を、人事、財務、保険、融資、投資、決済、送金、証券、企業間取引、資産管理、資産運用、仮想通貨、ブロックチェーン、クレジットスコア、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなどのカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 38585view
日本のFINTECHベンチャー勢揃い。2016年版をカテゴリ別にまとめてみました。
日本で注目されるFINTECH企業を、「決済・通貨」「クラウドファンディング」「経営支援」「家計管理」「融資」「保険」「送金」「資産運用」「セキュリティ」「金融情報」のカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 80912view
InsTech(インステック)とは?注目の保険関連サービスもまとめてみました。
インステックとは保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の掛けあわせた言葉で、保険領域の新しいITサービスの登場が期待されます。
OFFICE LIFE | 21961view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング