法人税は低くなり、個人の税金高くなるからこそ、今からできること。

グローバル化が進む昨今、国は企業の海外流出を防ぐため、企業の海外競争力をつけるため、法人税を低くすると打ち出しました。一方で、所得税、相続税が高くなり、消費税は引き続き上がる予定です。

上がる所得税、贈与税、相続税に対して、生命保険を駆使しよう。

 

日本の法人税は高すぎる

 

・香港 16.5%

・シンガポール 17%

・イギリス 20.0%

・韓国 24.2%

・中国 25.0%

・ドイツ 29.7%

・フランス 33.3%

・日本 32.1%(27年度改正)

・アメリカ 40.0%

 

日本では27年度に法人税が改正で低くなったばかりですが、ロードマップとして20%台までは下げる予定です。

 

 

一方で個人の税負担は上がっている

 

個人が負担する「所得税+住民税」の最高税率は55%になりました。

また富裕層が負担する「贈与税」や「相続税」の最高税率も55%になりました。

 

なお、税率だけをみていると贈与税も高そうに見えますが、相続税申告は一回だけに対して贈与税は毎年申告ができる事と、非課税制度が充実しています。

 

「お金を使わない老人から金を使う現役世代に渡した方が経済は活性化する」と言う事になります。

 

 

個人としての経営者は生命保険で対策すべきこと

 

法人税が下がることでの「保険で節税」というニーズが少なくなる一方で、今後は個人の資産形成面で保険のニーズが高くなってくると言えるでしょう。

 

【主な対策方法】

・給与所得以外の資産形成

・贈与税の低い金額、非課税枠での世代間贈与

・自社株買い

 

 

まとめ

 

今後、法人税は低くなっていく一方で、個人への税金は益々高くなる傾向にあります。経営者にとっては、法人、個人の両方の「お金まわり」へのバランスの良い対策が必要になってきております。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。 

 

無料購読

 

あなたにピッタリな法人保険診断


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

「法人税は低くなり、個人の税金高くなるからこそ、今からできること。」に関連する記事

保険業界の専門用語、隠語をこっそり、まとめました。
保険の契約時などに何気なく交わされる保険用語や、保険マンが社内や飲み会などで交わされる隠語などをまとめてみました。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 35369view
金融庁と生保会社は「105歳」がお好きなようで。損金割合ルールを解説します。
生命保険の損金ルールは金融庁が決めています。 例えば105ルールは、全損と半損の分かれ目となっております。
OFFICE LIFE | 16352view
法人保険は節税ではない。未来への投資である。
法人保険という単語を聞くと、「節税のやつでしょ」という反応する人がいます。 確かにそうだけど、そんな一言でまとめられないくらい奥深いものです。 そういう人は決まって、法人保険を活用も検討もしたことがないんです。 きちんと活用している経営者から見れば、馬鹿丸出しに見られてるかもしれません。
YOU-U株式会社 | 10206view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング