経営者ならしっておくべき団体信用生命保険。

信用保証協会付融資を受ける場合、団体信用生命保険に加入しておけば、経営者に万が一のこと発生した場合には借金はチャラになっても、おりてくる保険金には課税されます。

残債がチャラになっても、おりてくる保険金は課税される

 

法人の団体信用生命保険とは

 

団体信用生命保険といえば、住宅ローンを思い出すかと思います。

 

これは銀行が貸したお金の金利部分に、銀行が死亡保険をかけるというもので、いわば「死んだら残債チャラ、奥さんには住宅がローンなしに残りますよ」という「生命保険」でした。

 

これには法人版もあります。

 

保証協会団信というもので、全国信用保証協会連合会のページには、

 

「信用保証協会からの債務保証を伴って融資を受けた債務者(※)が、その債務を全額返済されないうちに死亡もしくは所定の高度障害といった不測の事態に陥られた場合に一般社団法人全国信用保証協会連合会が生命保険会社から受取る保険金をもとに、金融機関に対する債務を弁済することにより、事業の維持安定とともに、ご家族の安心を図ることを目的とした制度です。」

 

とあります。

 

※印のところが味噌でして

「※債務者が法人の場合は、その業務執行につき代表権を有する連帯保証人。」

とあります。つまり連帯保証人を守るいう意味合いをもっているんですね。

 


ですが、ここで注意しなければならないのは、個人事業主であれば債務がチャラになって終わりますが、法人の場合は債務をチャラにするための保険金に対してその事業年度に利益が出ていれば課税対象となることです。

 

 

まとめ

 

団体信用生命保険は、連帯保証債務(銀行融資)から考える企業防衛術になります。

 

ただし、債務がチャラになったとしても、企業が保険金を受け取ると課税対象になります。課税額での不足分は民間の生命保険などで準備しておくことが賢明でしょう。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 

あなたにピッタリな法人保険診断


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

 

全国各地の法人保険のプロをご紹介します!

 

法人向け保険販売の資格認定を行っているNPO法人全日本保険FP協会が、あなたの会社の目的にそった適切な法人保険アドバイザーをご紹介いたします。ぜひお問い合わせください。

「経営者ならしっておくべき団体信用生命保険。」に関連する記事

役員は絶対どこかで逃げる。「創業株主間契約書」と「役員委任契約書」は忘れずに。
日本の夫婦の3分の1が離婚しているという統計があるみたいですが、それをおんなじ感覚で、経営ボードメンバーを見ると痛い目にあいます。実際は、ほとんどの役員はやめてしまいます。
OFFICE LIFE | 12867view
会社員の起業リスク、落とし穴をまとめてみました。
スティーブ・ジョブズは共同創業者のウォズニアックに、「もしダメになっても、あとで、会社起こしたことあるんだぜって言えたらかっこいいだろ。」といって誘いました。事実、起業家の多くは軽いノリで創業した人が多いのですが、これが大企業の会社員ともなると話は変わってきます。
OFFICE LIFE | 4176view
auが生命保険や住宅ローンをやるってホント?
固定通信、決済、電力などに事業領域を拡大している携帯電話キャリア。KDDIは、生命保険や住宅ローンを発表しました。
OFFICE LIFE | 4251view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング