仮想通貨「Ether」の鍵はスマートコントラクト。

ゴールドに喩えられるビットコインに対して、リップルは銀行の金融取引におけるトークンでした。そして、イーサリアムは、スマートコントラクトを基軸としています。

ビットコイン取引所「coincheck」を運営するレジュプレスが、Ethereum(イーサリアム)の基軸となる仮想通貨「Ether(イーサ)」の売買の提供を開始。

 

イーサとは

 

仮想通貨時価総額においてビットコインに次ぐ規模。

2016年1月に約7,200万ドルだった時価総額は、2016年3 月11日現在で約8億ドルへ成長。リップルやライトコインなど、他の全てのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の合計額を超えた。

 

レジュプレスはこの通貨に対応し、ビットコインと同様、「coincheck ウォレット」で、売買や管理ができるようになる。

 

 

イーサリアムとは

 

https://www.ethereum.org/

 

ブロックチェーンにスマートコントラクト(契約情報)を記述する仕組み。

 

「誰が誰に何を担保に何円借りて、いつごろに返すと約束したのかといった、複雑な権利に関すること」をブロックチェーンで管理する。

 

ビットコインはお金のデジタル化に対して、イーサリアムは、お金以外(不動産登記・債券の移転etc)のデジタル化をも実現する可能性があるテクノロジーである。

 

イーサリアムは、スマートコントラクトを実現できるプラットフォームになると期待される。

 

 

週刊FINTECHマガジン配信中


購読(無料)はこちら!

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「仮想通貨「Ether」の鍵はスマートコントラクト。」に関連する記事

世界の注目FINTECH企業をまとめてみました。
世界で注目されるFINTECH企業を、人事、財務、保険、融資、投資、決済、送金、証券、企業間取引、資産管理、資産運用、仮想通貨、ブロックチェーン、クレジットスコア、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなどのカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 46921view
InsTech(インステック)とは?注目の保険関連サービスもまとめてみました。
インステックとは保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の掛けあわせた言葉で、保険領域の新しいITサービスの登場が期待されます。
OFFICE LIFE | 27415view
あれからリップルはどうなった?実は激アツ市場に参入済み。
Googleが投資した仮想通貨の会社リップル。一時はビットコインを超えるんじゃないかとの期待があり、国内でも情報商アフィリエイターが騒ぎたてましたが、最近はめっきりリップルのことを触れる人もすくなくなりました。
OFFICE LIFE | 8658view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング