海外旅行保険はクレジットカード付帯保険で十分なのか、比較・検証して結論を出しました。

hoken
海外旅行も比較的に安くお手軽に行けるようになり、身近なものになってきた事で、お正月やお盆休みやゴールデンウィークなどの長期間の休みには、多くの方が海外旅行に行く事でしょう。

日本とは違う文化・食事に触れて、日本での日常を忘れる事の出来る楽しい海外旅行ですが、文化や食事が違うことで、あらゆるトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

そんなトラブルに遭った時に困らないようにするのが、海外旅行保険や、クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険なのです。

今回は、どのようなトラブルが多いのか、そして、海外旅行保険ではどのようなトラブルに対応できるのか、またクレジットカードの保険との違いなどをトラブル事例なども踏まえながら、説明していこうともいます。

今後、海外旅行に行こうと考えている方や、海外旅行前に保険を検討している方などは、これを読んで、少しでもお役にたてる記事にしようと思っています。

海外旅行保険とは


hoken-books
海外旅行保険とは、損害保険会社が販売する病気やケガをした時の保険です。

解りやすく言うと、ケガや賠償責任に備える傷害保険のひとつです。その保険を海外旅行の期間だけ掛けることが出来るものなのです。

傷害保険との違いは、国内・国外の違いなのです。一般的な傷害保険はケガでの入院・通院やケガでの死亡や賠償責任を補償する商品なのですが、基本的には国内で起こった事故に対して保険金を支払うというものです。

なので、海外旅行などの国外で起こった病気・ケガで治療をしたなどでは、傷害保険では対象にならないのです。

なので、海外旅行に行く際にリスクに備えるのであれば、海外旅行保険に加入しておかないと、海外旅行中に体調を崩して入院したり、手術をしたりすると、高額な治療費が掛かり、すべて実費の支払いになるので、大変な思いをする事になります。

そして、海外旅行保険は渡航先(旅行先)や旅行期間によって保険料が変わります。

それは、治安の良い国や地域に行くのと、治安が悪い国や地域に行くのでは、リスクが違うことと、旅行期間が長ければ、現地で病気になったりするリスクが大きくなるので、必然的に保険料が高くなるのです。

また、クレジットカードにも、海外での病気やケガでの治療費を補償しますという、付帯サービスがあります。しかし、ほとんど内容は同じなのですが、付帯サービスと保険商品では違いがあり、クレジットカードの付帯サービスだけでも大丈夫なのかと言うのは、その人の考え方次第になってきます。

 

海外旅行保険の補償内容


column_org_zkhr4534llk6dp7h2rsngg2uny4anrwk
海外旅行保険の補償内容について詳しく書いていきます。

保険会社によってオプションやその他補償があるかもしれませんが、今回は共通している補償だけを書いていきます。

 

傷害死亡・後遺症

傷害死亡・後遺症とは、ケガで死亡してしまった場合や後遺症が残ってしまった場合に支払われる保険金の事です。

これは例えば、ハワイやグアムなど海のレジャーが出来るような旅行先で、海のレジャーでケガを負ってしまし、治療をしたが、帰国後に麻痺が残ってしまったなどです。

このため、事故が起こった日から180日以内の死亡や後遺症が対象になります。

 

治療費用・救援費用
fig_case_01

治療費用とは、名前の通り旅行中の病気やケガでの治療費をカバーできる補償であり、また救援費用は、海外旅行中に病気やケガによって、家族などが現地に救援に行く場合に掛かる費用を補償してくれるものなのです。

この補償が海外旅行保険で、いちばんの特色なのです。

例えば、旅行中のケガなどは、先ほども書いたような海のレジャーもそうですし、スキーやスノーボードをしに海外に行く方もいるかもしれません。

そのレジャーは危険と背中合わせであり、ケガのリスクは0ではありません。せっかくの旅行中にケガをして、現地の病院などで治療を受けて高額になれば、楽しい旅も台無しになりかねませんよね。

また、海外旅行の魅力のひとつでもある現地グルメですが、衛生状態が万全な国・地域だけではありません。日本では食べられないような食べ物が沢山あり、色々なものを食べてしまう方も多いと思います。そして、環境・気候なども日本とは異なるところが多く、高温多湿な場所もあれば、気温の低い場所もあります。

そして、食が合わなく胃腸炎になってしまった場合や、気候変化に体がついていかず体調を崩してしまうことも少なくありません。

病院に行かなくて済む場合が、ほとんどだと思いますが、決して軽傷な場合だけではないという事です。

また、救援費用とは、このような病気になり自力で帰国できない場合など、家族などに来てもらう場合に、その費用をカバーできるものなのです。救援費用はあまり使うことはないと思いますが、これも、決して確率は0ではないという事です。

 

疾病死亡disease1

疾病死亡補償は、旅行中に病気で亡くなった場合の保険金です。

感染症や心筋梗塞など突発的に起こることですが、確率は低いようです。

しかし、国や地域によっては、日本では感染することのない感染症が蔓延していたりします。リオオリンピックでも少し話題になったジカ熱や、マラリア・デング熱など、日本では馴染みのない感染症が世界にはたくさん存在しています。

また、感染症だけではなく、飛行機などが苦手な方は緊張からくる心筋梗塞や、水辺での事故などで溺死をするなどの死亡原因も多く確認されています。

そのような事にならないのが、いちばんですが、不運にも死亡してしまうこともあります。そのことに備えての補償になります。

 

賠償責任10254959_compensation1-1b72e

賠償責任の補償は、最近日本国内でも話題になる補償ですが、基本的に考え方は同じです。

他人さんにケガをさせてしまい治療代などを請求された場合や、お店の商品や設備などを壊してしまい弁償しないといけなくなった時の補償です。

例えば、最近では海外でもインターネットが使えるように、無線ワイファイの機械を借りる方もいらっしゃると思いますが、それを壊してしまった場合なども補償の対象になるのです。ただし、保険の対象者が直接賃貸業者から借りた場合が対象になるので、そこは注意してくださいね。

また、旅行中にあり得ることは、買い物中にお店の商品に、カバンが当たって破損をさせてしまった場合なども補償の対象になります。

 

携行品損害
take1

携行品損害も文字通りです。旅行中に盗難に遭った場合や、持って行ったデジタルカメラを誤って落としたりし破損させてしまったなど時に、修理代または時価の低い金額で保険金が貰えます。

意外と、カメラを壊してしまうケースが多いのです。

しかし、盗難も補償の対象になるのですが、置き引きは対象外だったように思います。

 

この他にも、保険会社によって独自の補償がありますので、こんな補償があればいいと思えば探してみてください。

しかし海外旅行保険を扱っているのは、10社程度なので、ほしい補償があるかはわかりません。それは、どこの商品も基本的に同じ内容の商品となっているからです。

そして、保険の補償を書いてきましたが、これだけは忘れないでください。それは、「保険は万能ではない」という事です。

補償の内容を書いてきましたが、何か起こったときにすべて保険で対応できるかと言われると、100%支払われるという事ではないのです。

免責事項と言うものがあり、基本的には保険対象者の故意や重過失などもそうですが、戦争などの紛争などでケガをしたなども免責事項に入ります。

それでは、近年心配されているテロなどはどうなのか?と思う方もいらっしゃると思いますが、テロに関しては、保険の対象になる保険会社もありますので安心してください。それよりもテロに巻き込まれるのは嫌ですがね。

 

クレジットカード付帯の保険内容


credit-cardcredit-card-3
クレジットカードにもカードの種類によって海外旅行保険が付帯されているのをご存知でしょうか。

このカードに付帯されている海外旅行保険は、損害保険会社が販売している海外旅行保険と内容はほとんどおなじなのです。

違いだけを言うと、補償金額が少ない事と、疾病死亡補償が無い事と、その他の補償が少ないという事です。なので、イメージは必要最低限の簡易な海外旅行保険と思ってもらえれば良いです。

損害保険会社が販売しているのは、海外旅行保険であり、クレジットカードの海外旅行保険は、言わばクレジットカードに付いているサービスの1つだという事なので、必然的に補償内容は少なく補償金額も低くなるのです。

それ以外では、クレジットカードの海外旅行保険は、基本的には90日間までの旅行は自動的に補償されるので、短期的な(2~5日間程度)の旅行であれば、いちいち海外旅行保険に加入する煩わしさはなくなります。もちろんカードの有効期限内の保険なので、クレジットカードの有効期限が切れている場合は、保険の対象にはなりません。

 

保険会社の商品とクレジットカードの違い


ここで、損害保険会社の海外旅行保険と、クレジットカード付帯の海外旅行保険の違いを表にしてみます。

補償内容 海外旅行保険 クレジットカード
傷害死亡 3,000万円 最高5,000万円
障害後遺症 3,000万円 最高5,000万円
疾病死亡 3,000万円

治療費 2,000万円 300万円
賠償責任 1億円 5,000万円
携行品 50万円 50万円
緊急救援費用 2,000万円 500万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円
その他 航空機遅延等費用2万円

保険会社の商品は、損保ジャパン日本興亜の商品で、クレジットカードは三井住友VISAカードのゴールド・プライムゴールドの内容です。

保険会社やカード会社によって補償内容と補償金額は変わりますが、補償の内容と言う点からみると、海外旅行保険の方が治療費などの補償額は有利になるという事がわかりますね。

また、考え方ひとつですが、クレジットカード付帯の海外旅行保険の内容だけでも十分であると言えるのです。

 

海外旅行保険とクレジットカード付帯の値段の違い


0f9d4ce1da6fd94f0874d3939121996e-300x191
海外旅行保険とクレジットカード付帯の海外旅行保険の違いを書きましたが、次はその値段の違いも書いておきます。

海外旅行保険の保険料は、旅行先や旅行期間によっても変わりますが、解りやすいところでいうと、ハワイに5日間旅行した場合の保険料を参考に出していきます。

この場合の保険料は、1,950円~4,000円と保険会社によってバラつきはありますが、これぐらいの保険料になります。

一方の海外旅行保険を付帯しているクレジットカードは、初年度からの年会費が0円~54,000円とカードの種類にもよりますが、こちらもバラつきがあります。

しかし、クレジットカードの年会費はクレジットカードを持つうえでは必要なものなので、比較すること自体がおかしいかもしれませんね。

それに、クレジットカードには審査等もあるので、誰でも持てる訳ではないという所もあるので、一概に比較はできませんね。

 

海外旅行中の病気になる確率

shippeitiryou-300x191
ここまで海外旅行のリスクを書いてきましたが、果たして海外旅行中に病気になる確率とはどのくらいなのでしょうか。考えた事もないかもしれない内容ですが、その確率を書いていきたいと思います。

海外旅行中の病気やケガの確率は、実は15%ほどなのです。この数字を高いとみるか、低いとみるかは、人それぞれなので一概に高いとは言えません。

しかし、新興国に旅行に行った場合などは少し確率が上がるみたいです。それは、10万人が平均的な新興国に1か月滞在した場合、5万人が何らかの健康問題が発症し、その中の8,000人が医師の診察を受け、そのうちの300人が入院をするという研究がされているのも事実です。

これは、新興国に1か月滞在した場合の研究なので、実際にはそこまで多くなることはないでしょう。

そして、海外旅行中に一番多い病気と言うのが、下痢であり食が合わなかったり緊張からくるものであったりします。しかし下痢での死亡例は非常に低いものとなっています。

旅行中の病気での死亡でいちばん多いのは、心筋梗塞などの心疾患であり、その次は交通事故や溺死などが多いようです。

そして、海外旅行で心配なのは、感染症だと思います。しかし、感染症であるマラリアやデング熱などの感染症での死亡は全体のわずか1%ほどなのです。これは、意外に少ない数字だと思う方も多いと思います。

それに、マラリアやデング熱などは、そこ国や地域によっては効果的な薬がある場合が多いので、意外に心配することはないのかもしれないですね。

 

海外旅行のトラブル例と支払い例

a_02
海外旅行のトラブルは意外とあるものだという事も書いてきました。特に多いのが携行品の損害です。旅行に行くのにデジカメなどを持っていく方も多いと思います。そのデジカメやスーツケースなどもすべて携行品という事になります。

この携行品を破損させてしまし、泣く泣く帰国後に買いなおしたり旅行中の思い出が残せなかったりと、悲しい思いをした方も多いのではないでしょうか。

そんな海外旅行でのトラブル事例と、それに伴う海外旅行保険の支払事例を書いていきたいと思います。


支払項目

事故例

保険金の支払額

携行品損害 ホテルのプールにカメラを落としてしまい電源がつかなくなった 約40,000円
携行品損害 ゴルフのプレー中に、ボールを打った瞬間にゴルフクラブが折れてなくなってしまった。 約100,000円
航空機遅延 帰りの飛行機が欠航となり、旅行先にもう1泊しないといけなくなり、宿泊費・食事代が掛かった。 約15,000円
携行品損害 空港でスリに遭い財布を盗まれた。(現金・クレジットカードなど) 約90,000円
損害賠償 ホテルで部屋のカードキーを無くしてしまいホテル側から損害賠償を請求された。 約10,000円
治療費用 虫に刺されて足腫れたため、現地の病院で診察をしてもらった。 約54,000円
損害賠償 レンタル会社から借りたWIFIルーターを紛失しレンタル会社から賠償請求を受けた。 約45,000円
治療費用 腹痛で現地の病院で診察を受けた。 約90,000円

これは、ごく一部ですが、携行品の損害が比較的多いのは間違いないようです。

最近は海外でも使えるLINE(ライン)などのアプリを使うために、インターネットを使うWiFiルーターをレンタルする方も多いと思います。

そのWiFiルーターなどは、精密機器という事や付属の部品が小さくなくしやすいという事で、故障による損害賠償や紛失による賠償請求が増えています。

レンタル品などは、修理金額を損害賠償として請求する場合もありますが、レンタル契約上、一律に決まっている場合や、新品を買うだけの金額の損害賠償の請求額など様々です。

楽しい旅行でも、帰ってきたときなどに部品がなくなっていたりすると、最後になって嫌な思いをしますよね。

そして、海外での病気で現地の医療機関での診療を受けるケースですが、これも少なくありません。病気での診療だけでなく比較的多いのは、ケガでの治療なのです。

海外旅行は羽目を外しすぎることもあり、海辺などでは岩場で足を滑らしてケガをした、岩場で足を切ってしまい足が腫れてしまったなどの事例も多く見受けられます。

海外旅行では、日頃考えられないことが多く起こることも事実なのです。

 

そして、保険金の支払金額を見てもらえればわかると思いますが、現地の治療費用や携行品損害・損害賠償も含めても、それほど大きな金額の保険金支払い事例はないのです。

病気などで、現地で治療・入院・手術などをしても、200万円にも届かないでしょう。

これを考えると、クレジットカード付帯の海外旅行保険の治療費用でもカバーできると思いませんか。

決してクレジットカードの海外旅行保険はダメだと言う訳ではないのです。

補償額がいくらあれば良いのかを、支払事例やトラブル事例などで確認すれば、海外旅行保険に加入するよりも、クレジットカードにその補償が付帯されているのであれば、内容次第ですが、クレジットカードだけでも十分だという事なのです。

 

保険は万能ではない

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s
支払事例などを書いてきましたが、勘違いしてほしくないのは、保険は万能ではないという事です。

記事を書くときには、よく使う言葉なのですが、トラブル事例や事故例を書き、また支払事例を書くと「そんなことも保険の適応になるの?」と思う方が多く。また人によっては、すべて保険で何とかできると思う方もいらっしゃいます。

これは、私が保険の販売をしているときによくあった話ですが、「置き引きにあったので保険を適応して欲しい」などよくありました。

しかし、損害保険は事故性が有るか無いかで判断をします。

これは、例えば保険対象者の故意や重大な過失などは、すべて免責になります。免責とは保険の対象にならないという事です。

保険は万が一事故が起こったときに、その事故がなかった時の状態に戻すためのものであることが大原則としてあるのです。

読んでいただいている方の中には、「そんな当たり前の事を言わずともわかっている」と言われる方も多いと思いますが、実際に保険は万能で何かあったら、どんな事例でも保険金が支払われると思われる方がいらっしゃるのも事実なのです。

ですので、海外旅行保険に限らず、自動車保険や火災保険や傷害保険や生命保険などに加入する場合は、保険金をお支払いする場合と、お支払できない場合をよく理解してください。

自分では判断が難しいことも多いと思いますが、その時は保険代理店や契約している保険会社に問い合わせてください。

また、お勧めとしては、まず自動車保険や火災保険をネットではなく、保険代理店を経由して加入しているのであれば、保険代理店さんに相談しましょう。

理由としては、保険会社に直接連絡をすると、事故があったと思われ、説明の仕方によっては、保険金が支払われない場合と捉えられてしまう可能性が有るのです。

なので、保険代理店でワンクッションを置いて保険会社に事故報告などをする方が、うまく説明できる可能性が高まり、保険金も支払われやすくなる可能性が有るからです。

保険代理店は良い意味で、事故慣れしていますので、その段階でおおよその判断が出来ます。

そちらの方が安心しませんか?事故が起こったときは、まず誰かに相談しましょう。

 まとめ


%e5%ae%b6%e6%97%8f%e6%97%85%e8%a1%8cs
損害保険会社が販売している、海外旅行保険とクレジットカード付帯の海外旅行保険について書いてきました。

補償内容の違いや、値段の違いなどから、トラブル事例や保険金支払い事例まで比較してきました。

結論としては、補償額などの面から見ても、クレジットカード付帯の海外旅行保険でも十分であると言えます。

この2者の大きな違いと言うのは、疾病死亡保障や航空機遅による費用など、その他の補償面に違いがありますが、確率論から言っても海外旅行中に病気になり無くなる可能性はすごく低いと言えるのです。

また、海外旅行中の事故の中で多いのは携行品の損害であり、それに対する補償額は、海外旅行保険でもクレジットカード付帯の保険でも大差ないと言うことです。

そして、治療費用などは多くの場合は、「足を切って細菌により足が腫れてしまった」や「ベットから落ちで顔を打ってしまった」や「食が合わずに腹痛になってしまった」や「衛生上の問題で下痢になってしまった」など比較的に軽度なケガや病気での支払い例が圧倒的に多い事で、高額な治療費にはならないと言うことです。

しかし、いくら高額にはならないと言っても、数万円~数十万円の治療費は掛かってきます。しかし海外旅行保険とクレジット付帯の保険を比べても、クレジット付帯の保険の方が保障額は低いですが、数百万の補償が付いているのであれば安心できる金額ではないかと思われるのではないでしょうか。

また、クレジットカード付帯の保険はカードの年会費だけで自動的に付帯されるものが大半なので、日頃クレジットカードを良く使う方は、必然的に支払う金額なので、そこまで気にならないと思います。

それに、クレジットカード付帯保険は90日までの旅行であれば補償の対象になるので、留学やワーキングホリデーなど長期的に海外に在住するのであれば、不利になりますが、普通の海外旅行であれば問題ないですね。

しかし、クレジットカード付帯の保険は年会費だけなのに、この様な補償があって、そんなにうまい話があるのか?いざと言う時には実際には保険金は出ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、クレジットカード付帯の保険は、基本的にはクレジットカード会社のサービス商品です。

自動付帯の範囲に、プラスしてお金を払うともう少し補償額を増やせたり、旅行のホテルをそのカードで決済していたり、旅行中にカードを使うと保険の補償額も多くなると言うことがあります。

これは、クレジットカード会社はカード決済をしてもらうことで手数料が入るので、海外旅行などに行く方は現地でカードで決済する方が煩わしくないと言うことでカードを利用する方が多いので、そこで利益が出た分をもしもの時に還元するような形になっているのです。

なので、実質保険料を払っていなくても、問題はないと言うことです。

一方の損害保険会社の海外旅行保険も、悪くはないです。

ここまで書くと、どうしてもクレジットカードがあれば大丈夫なんじゃないかと思われがちですが、クレジットカードを持てない方や、クレジットカードではなく、現金派の方はどうでしょう。

クレジットカードの保険で十分な補償が付いているのはゴールドカード以上がほとんどです。

一般的なクレジットカードしか持っていない方は対象にならない可能性もあるのです。

また、90日を超えるような留学やワーキングホリデーなどでは、クレジットカードの保障期間ではカバーできない可能性もあります。

そして、航空機の遅延や欠航などで荷物遅れたり、旅行先から帰ってこられずに急遽宿泊が増えた場合どうでしょうか。

日本の航空会社では、航空会社の都合で飛行機が飛ばなかったりすると、補償してくれる場合もありますが、あまり期待できない場合もあります。

そんな時の費用などは、損害保険会社の商品である海外旅行保険は手厚く保障してくれることでしょう。

保険会社でも海外旅行保険を取り扱っているのは、現在10社程度です。そして細かな補償は保険会社によって変わります。保険料も会社によって大きな差がある場合もあります。「クレジットカードの補償だけではやっぱり不安だ」と言う方が居れば、保険会社の海外旅行保険に加入するのも良い手段なのです。

海外旅行に行く際には楽しい事ばかりでなく、リスクも当然あり、環境や文化の違う所に行く事で、食事が合わなかったり、気候の変化が激しかったり、時差の関係で体調を崩す事も良くある話です。

また、携行品なども良くなくしてしまったり、壊れてしまったりと思わぬことが起こるのも海外旅行です。

そんなリスクには、海外旅行保険でもクレジットカード付帯の海外旅行保険でも良いので、ちゃんと備えておくことが必要ですね。

そして、不安に感じる金額や不安に感じる事は人それぞれであり、その人に合った保障を見つければ良いと思うのです。

今回の記事のほかにも、海外旅行保険や国内旅行保険など旅行に関する記事を書いているサイトもありますので、そのサイトのURLも掲載しておきますので、参考にしてみてください。

http://officelife.tokyo/A/kaigairyokou-hoken

海外旅行に最安値で行く方法や、今回の記事で書ききれなかった様な、子供の為の海外旅行保険はどうしたら良いかと言うことから、海外旅行保険は必要なのかと言った根本的な所まで、あらゆる記事があります。

この記事と共に、海外旅行を考えている方は覗いてみてください。

今回の記事で、私も海外旅行や短期留学の経験がありますが、食事が合わなかったこともありました。比較的軽度だったのですが、自分の体質的な事も忘れて、旅行先についてすぐに辛い物を食べてしまい、その後の3日間はずっと腹痛と下痢に悩まされました。

大事には至らなかったので、保険を使う事も無かったのですが、あの時にもし腸炎などを併発していたらと考えると、やはり保険は必要だなと改めて感じることも出来ました。

海外旅行保険でも、クレジットカード付帯の保険でも良いので、最低限の治療を受けれるぐらいの補償がある保険は準備しておきましょう。

一緒に旅行に行った人にも迷惑が掛かるかもしれないし、家族にも迷惑が掛かるかもしれない。しかし金銭的に安心できるものがあれば、楽しい海外旅行になるはずです。値段も安くなり海外旅行にも行きやすくなったことで、海外に行こうと考える方も多くなっていると思いますが、保険は準備していきましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードからまとめを探す

ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング