最安値で海外旅行にいくための知識まとめ|ホテル代・飛行機代・海外旅行保険の最安値を調べる方法教えます。


sfa049-sお正月やゴールデンウィークやお盆休みなどの、長期間のお休みや学生の卒業旅行などで、海外旅行に行きたいと考えている方も多くいらっしゃると思います。

 

しかし、海外旅行は国内旅行と比べ、旅行に掛かる費用が高い事と、パスポートの準備など非常に面倒な準備があり、敷居が高いイメージの方が大半ではないでしょうか。

 

しかし、思っているよりも安く、手軽に行ける方法があるのであれば、その情報は貴重であり、知りたい方も多いと思いますので、海外旅行に掛かる費用を安くし、そして安くても安全に安心して海外旅行を楽しめる方法を紹介していこうと思います。

今回は、海外旅行に必要な、航空券・ホテルもそうでが、あまりピンとこない海外旅行保険についても詳しく書いていきますので、そこがメインになると思ってください。

 

航空券・ホテル・海外旅行保険など、事前に準備しておくものの最安値を調べる方法を教えていきますので、海外旅行に興味はあるけど、どうすれば良いのか解らない方でも、ここに書いたことを実践できれば、意外に敷居が低くなるかもしれません。

海外旅行の高額なイメージを無くしてもらえればと思いますので、ぜひ読んでみてください。

 

そもそも海外旅行保険って何?という方も多いと思います。
海外旅行保険については、『海外旅行保険とは?意外と知らない海外旅行保険の徹底解説』も参考にして下さい。

また、どの海外旅行保険に入ろうか迷った場合には、『海外旅行保険の安いおすすめランキングを一挙紹介!プロが全ての根拠を解説します』を見て頂くと、比較サイトなどよりも参考になるかと思います。

 

 

 

海外旅行に掛かる費用


海外旅行に絶対に掛かる費用を紹介していきます。


航空券等の費用
column_org_zkhr4534llk6dp7h2rsngg2uny4anrwk

海外旅行と言えば、多くの方は飛行機での旅行になると思います。飛行機以外では豪華客船や大型フェリーなどの船旅での旅行の方もいらっしゃるかもしれませんが、大半の方は飛行機での旅行になると思います。

そうなれば、海外旅行の第一歩目は航空券の手配からになります。

 

航空券を安く手に入れようと思うと、JTBなどの大手旅行代理店やHISなどの旅行代理店で手配するのも一つの手段です。
しかしインターネットなどでの購入も安く手に入れられる一つの手段であるのです。

 

これは、インターネットで「航空券 格安購入 方法」などで検索してもらえれば出てくると思います。

インターネットなどで購入するのは抵抗があるかも知れませんが、人件費や手数料などの余計な費用が掛からない為、比較的安く購入することが見込めます。

 

ホテル代
%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e4%bb%a3-300x188

航空券を購入した後は、ホテルを手配しないといけません。海外旅行に行って野宿をする人はいてないですからね。

ホテルはどのように手配すれば良いのか、これも航空券などと一緒で、大手旅行代理店などで現地の人気のホテルを予約する方法が一番確実でしょう。

近年では、海外資本のホテルでも日本で予約できるようになっているみたいですので、行きたい国があるのであれば、その国での人気のホテルを事前に調べて、旅行代理店やホテルのホームページで予約するとよいでしょう。

しかし、ホテルの予約ひとつでも、比較サイトや予約サイトを活用することで、最安値を調べることもできるのです。「このホテルにどうしても泊まりたい」や「高くても良いから安心安全なホテルが良い」など考えることもたくさんあると思います。

しかし、このような考えでもホテル予約比較サイトなどでは、正規値段よりも安く、同じ部屋を予約できることがあります。

ここ最近では、「トリバコ」という比較サイトがあるのですが、気になるホテルがある場合もあれば、同クラスのホテルで同クラスの部屋でも、安く予約できることがあります。

このサイト以外でも、「ホテル 予約 比較」などの条件でインターネットでの検索をすると、いろんなサイトが出てくると思います。

 

その他の費用
pasport

海外旅行には、航空券・ホテル代以外にも、パスポート取得費用や海外旅行保険やトラベラーズチェックなど費用が掛かると思います。

近年では、トラベラーズチェックなど使わずに、クレジットカードを持っていく事で、買い物などされる方が多いと思います。

パスポート取得費用も、「もうパスポートは持っている!」という方は必要ないと思います。

しかし、海外旅行保険は海外旅行ごとに加入をするものなので、その費用も安ければ助かりますね。

「海外旅行保険って必要なのか?」や「クレジットカードに旅行中の保険が付いているから大丈夫」など海外旅行保険について知っている方も、必要性や海外旅行保険について知らない方も多いと思います。

なので、次は海外旅行保険について詳しく書いていこうと思います。

 

海外旅行保険とは
maintitle


海外旅行保険とは、名前の通り海外旅行に関した保険です。

その内容は、旅行中の病気やケガの保障と、損害賠償の補償がメインの保障になってきます。「病気やケガの補償なら、生命保険や傷害保険に入っているから大丈夫」と思っている方はいませんか?

基本的に日本国内で販売されている、生命保険や傷害保険は「日本国内の事故に限る」という条件があります。これは、海外旅行など国外での病気やケガで現地の病院での治療などは、すべて対象外になるのです。

また、国外の医療機関は、日本の健康保険はもちろん対象外です。なので、治療費は全額自己負担であることと、国外で観光客の治療なので何があるかわかりません。

これらに対応するのが、海外旅行保険なのです。

急な病気やケガはもちろんですが、賠償責任の補償も重要になってきます。

万が一、旅行中にホテルの備品などを誤って破損させてしまった、お土産を選んでいる最中に陳列されている商品を破損させてしまったなど、無さそうなことですが、海外旅行中はそんな起こらなさそうなことが起こるのです。日本とは違い、賠償責任になりやすい国や地域もあります。

そんな賠償責任を負ってしまった場合、日本国内の傷害保険などでは、補償しきれないのです。

また、携行品の保障や、緊急救助費用や航空機のトラブルなど、海外旅行には不測突発的な事故やトラブルが起こりえます。

それらの事故やトラブルを旅行の間補償するのが、海外旅行保険なのです。またこの海外旅行保険は、訪れる国や地域・渡航期間などで保険料が変わります。

これは、危険な国や地域と比較的安全と言われる国や地域に渡航するのでは、リスクが違うこと。また渡航期間も短期と長期でリスクが違うという事で、保険料が変わってくるのです。当たり前と言えば、当たり前の事なのですが、一応書いておきました。

 

海外旅行保険の加入方法
img-main


海外旅行保険の必要性を少しでも感じていただけ、加入をしないといけないと思っても、どこで加入すればいいのかわからない方もいるかもしれませんので、海外旅行保険の加入の仕方を紹介していこうと思います。

海外旅行保険は、損害保険の分野になりますので、損害保険会社に行けば加入できると思う方は少ないと思います。

多くの方は、海外旅行を申し込む旅行代理店などで、海外旅行保険の加入を聞かれて、そこで加入すると思います。それ以外の方では、出発時の空港などで加入する方もいらっしゃるかもしれません。そして、すごく少数になるかもしれませんが、自動車保険や火災保険を加入している保険会社に連絡をするか、代理店に相談する人もいるかもしれませんね。

この様に、旅行代理店や空港や保険代理店など加入する窓口は複数あるので、比較的加入方法で困ることはないと思います。

しかし、旅行代理店で内容も解らずに、加入される方が大半なのです。しかし、クレジットカードに海外旅行保険が付いていることもあるので、重複して掛かっているという事もあり得るのです。

内容を理解したうえで、クレジットカードに付帯されている補償だけで良いのか、海外旅行保険は海外旅行保険で加入した方が良いのかを考えて、必要であれば、補償内容と保険料を検討し、加入すればいいと思います。その際は、各損害保険や共済保険や少額短期保険等ありますが、比較サイトやインターネットで「海外旅行保険」と調べると、複数の保険会社が出てくるので、余裕があれば代理店に直接相談に行ってもいいかもしれませんね。

海外旅行保険とクレジットカード保険の違い
kurezitto


海外旅行保険は、これまでに説明してきた内容が主な保障内容です。

それとは別に、クレジットカードにも旅行保険の様な補償が付帯されているカードがあるのをご存知でしょうか。

カード会社やカードの種類などによって変わると思いますが、基本的には病気やケガの保障と賠償責任に対する補償とカードの紛失などの保障であるのです。

それでは、「海外旅行保険と同じような内容なので、クレジットカードにその補償があれば海外旅行保険は必要ない」と言われてしまえば、正直その考え方もアリだと思います。

しかし、大きく違う点と言えば、その補償金額の差と補償範囲の違いになります。海外旅行保険は、それ専用に作られた商品であり、保険料も数日間の保障で数千円~数万円と決して安価な商品ではありません。その代り補償はしっかりしています。

しかし、クレジットカードに付帯されている旅行保険は、あくまでもカード会社のサービスのひとつであいかありません。なので、補償金額も少なくなり、補償範囲も必要最低限の病気になったときなどだけなのです。

その比較を表にしてみましょう。

補償内容 海外旅行保険 クレジットカード
傷害死亡 3,000万円 最高5,000万円
障害後遺症 3,000万円 最高5,000万円
疾病死亡 3,000万円

治療費 2,000万円 300万円
賠償責任 1億円 5,000万円
携行品 50万円 50万円
緊急救援費用 2,000万円 500万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円
その他 航空機遅延等費用

2万円


 

海外旅行保険は、損保ジャパン日本興亜損保の内容です。

クレジットカードは三井住友VISAカードのゴールド・プライムゴールドの内容です。また、傷害死亡・後遺症に関しては、自動付帯は1000万円までとなり、カードの使用条件で4000万円の上乗せが出来るという事で、最高5000万円となるようです。

この様に、クレジットカードは、クレジットカードの会社やカードの種類によって大きく内容が異なると思ってください。

この様に、補償範囲と補償金額に違いがあるのです。また保険会社によっても商品の内容は少し変わることもありますが、おおまかな内容は変わりません。

補償範囲の大きな違いは、疾病死亡になります。今回の比較に出した損保ジャパン日本興亜損保の商品には、航空機寄託手荷物遅延等費用というものがありますが、預けていた荷物が届かなかったという時に、着替えなどその他困った場合の費用を補償してくれるような内容もあります。

補償金額にも大きな違いがあり、クレジットカードには会社によっても違いますが、今回比較に挙げた、三井住友VISAカードでは、傷害疾病・後遺症に関しては1,000万円までは自動付帯であり、旅行期間中のホテルの代金をこのカードで支払っていたら、4,000万円の上乗せをして、5,000万円にしますという条件が付いたりします。

また、賠償責任・治療費・緊急救援費用などの箇所で大きな金額の差があります。

これは、カードの付帯サービスで付いているものか、海外旅行の専用の保険商品かの違いなのです。

また保険料と、クレジットカードの年会費の差もあると思います。クレジットカードの年会費は無料から1万円超とカードの種類によって変わりますが、海外旅行保険が付帯されているようなカードは、大体5,000円以上はします。一方の海外旅行保険は、数日の補償期間で4,000円前後もあればいい内容の補償が準備できます。

考え方次第だとは思いますが、疾病死亡など必要もなく、最低限の補償があればいいと考えるのであれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険で良いと思います。しかし、やっぱり海外だし何があるかわからないから、しっかりした補償がほしいという方や、クレジットカードは持っているけど、海外旅行保険が付いていない種類のカードや、クレジットカード自体を持っていない方などは、海外旅行保険に加入する方が良いですよね。

 

VISAカードの保険については、『VISAカードの海外旅行保険ってどうなの?』を是非参考にして下さい。

 

 

 

海外旅行保険の最安値
yjimagevm9yeern


海外旅行保険は、自動車保険や火災保険などと違い、傷害保険の要素が強い保険です。

一般的には馴染みが薄い商品ではあるのですが、国内旅行保険やレクレーション保険などといったその期間だけスポットで加入できる保険なのです。

そして、海外旅行保険は、渡航先と渡航期間によって保険料も様々な特殊な保険です。

海外旅行保険は、10社ほどの保険会社で販売されています。

その10社を比較すれば、最安値の保険料が出てきますね。10社程度なので、比較した表を書いておきたいと思います。

 

試算条件:【旅行地】ハワイ・【旅行期間】5日間・【人数】1人

ジェイアイ傷害火災


補償内容


補償金額

傷害死亡・後遺症 1,000万円
治療・救援費用 1,000万円
疾病死亡 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品 30万円
保険料

1,970円


 

損保ジャパン日本興亜損保

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺症 1,000万円
治療・救援費用 1,000万円
疾病死亡 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品 30万円

保険料


2,020円


 

三井住友海上

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺症 1,000万円
治療・救援費用 1,000万円
疾病死亡 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品 30万円
保険料

2,140円


 

エイチ・エス損保

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺症 1,000万円
治療・救援費用 1,000万円
疾病死亡 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品 30万円

保険料


2,000円


 

AIU保険

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺症 1,000万円
治療・救援費用 2,000万円
疾病死亡 500万円
賠償責任 1億円
携行品 20万円

保険料


4,730円


 

au損保

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺症 500万円
治療・救援費用 1,500万円
疾病死亡 500万円
賠償責任 1億円
携行品 30万円

保険料


1,950円


 

あいおいニッセイ同和損保

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺症 1,500万円
治療・救援費用 5,000万円
疾病死亡 1,000万円
賠償責任 3,000万円
携行品 40万円

保険料


2,760円


 

東京海上日動

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺症 1,000万円
治療・救援費用 3,000万円
疾病死亡 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品 10万円
保険料

4,000円


 

エース保険

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺症 1,000万円
治療・救援費用 無制限
疾病死亡 500万円
賠償責任 1億円
携行品 10万円
保険料

4,260円


 

富士火災


補償内容


補償金額

傷害死亡・後遺症 1,000万円
治療・救援費用 1,000万円
疾病死亡 500万円
賠償責任 1億円
携行品 10万円
保険料

3,990円


 

ハワイ5日間の旅行にしてみましたが、渡航先によって保険料は変わるかもしれません。

また、基本的な共通している補償しか書いていませんが、この補償以外のところも補償や細かな差があると思います。

しかし、大手旅行会社や旅行代理店では、提携している保険屋さんや旅行会社や旅行代理店が、保険会社の代理店をしている場合は、選ぶことが出来ずにそこが取り扱っている保険に加入させられることになります。

例えば、その保険会社が、AIU保険ならどうでしょうか。最安値のau損保や、比較的安いジェイアイ傷害火災や損保ジャパン日本興亜やエイチ・エス損保と比べると、倍ほど値段が変わります。

この様に、海外旅行保険と一概に言っても、保険料の差がここまであるのであれば、どこの保険会社でも良いと言う訳にもいかなくなりますね。

航空券やホテルなどを比較して安くしても、保険で2,000円以上の最安値よりも多く支払うと、旅行先で少し贅沢できたかもしれないのが、出来なくなるということです。

 

海外旅行保険の必要性
take1


ここまで海外旅行保険のこと、特に損保会社の海外旅行保険とクレジットカードに付帯している海外旅行時の補償の違いも書いてきました。

では、本当に海外旅行保険は必要なのかと思いませんか。

確かに旅行中にケガをすることはあり得るリスクです。食事や環境が合わなくて体調を崩す可能性もあります。旅行中のリスクでは、飛行機が飛ばなかったりすることも、考えられます。しかし、旅行中に大きな病気やケガをする可能性ってどれほどなのか考えませんか。
shippeitiryou-300x191

決して、海外旅行に行くのに保険はいらないと言っているわけではありません。

ただ、経験上1週間程度の旅行や1か月ぐらいの留学や長期の渡航でも、著しく体調を崩したことがないのです。

それを考えると、クレジットカードに付帯されている内容でも問題はないのかと思うのです。必要最低限の補償はされていると事と、疾病死亡補償があるかないかの違いぐらいです。

そんなことも考えながら、海外旅行保険を選んでください。

そして、ここで書いていることとは、違った目線からたくさん記事を書いているサイトもありますので、そちらも参考にしながら、海外旅行保険の検討などもしてみてはいかがでしょうか。

http://officelife.tokyo/A/kaigairyokou-hoken

このサイトでは、海外旅行保険の必要性や、海外旅行保険以外の国内旅行保険の事やクレジットカードの保険についても書いている記事があります。

参考になると思いますので、一度覗いてみてはいかがでしょう。

 

海外旅行保険が見落としがちになる理由


ちょっと話はそれますが、海外旅行や国内旅行を考えるうえで、やはり安くていい旅行にしたいと思う方も多いと思います。

その時に、ツアーなどのパック商品で旅行を考える方も多いと思います。実際に旅行先によっては、個人で手配していくよりも、旅行会社や旅行代理店で申し込めるフリープランのツアーなどの方が安い場合もあります。

そして、個人で手配していく旅行でも、ツアーの旅行でもそうですが、申込みするときに保険も準備しないといけないと思う方は少数だと思います。

それはなぜなのかと言うと、保険会社がそこまで力を入れていない商品なのです。

旅行会社や旅行代理店なども、保険会社の代理店になっている場合は、旅行を申し込んでもらったお客さんに、あたかもファストフード店のプラスワントークのように、「海外旅行の保険はどうしますか?」と軽い感じで進めてくると思います。

その時に、何かあったら怖いからと内容もあまりわからずに契約をすると思います。

それだけ、海外旅行保険と言うのはついでの商品なのです。

実際に販売する側の立場でいうと、海外旅行保険を売ってもお金にならないというのが現状なのです。保険代理店などは特にそうです。自動車保険や火災保険を販売している方が、利益が出るのですが、海外旅行保険などのスポットの保険と言うのは、手数料も安いので販売したがらない商品なのです。

その証拠に、損害保険会社は多数あるのに、旅行保険を取り扱っている会社は、先ほども書いた10社程度なのです。

こうしたことが、海外旅行にはリスクが付き物にもかかわらず、保険が見落とされがちな理由なのです。

その他海外旅行のポイント
illustration091124travel


飛行機代・ホテル代などの最安値を紹介しましたが、メインは海外旅行保険に付いて書いてきました。

ここでは、また少し脱線するかもしれませんが、海外旅行に安く行く方法をもう少し書いていこうともいます。

行き先が決まっているなら、飛行機代やホテルを比較しながら、どうすれば安く行けるのかを調べると思いますが、そうではない方の場合どうすればよいかと言う事を書いていきましょう。

冒頭にも書いた通り、海外旅行に行くタイミングは長期の休暇ですよね。そのタイミングで、海外旅行に行こうと持っても、どこに行こうか悩む場合は、人気の場所を選ぶ事も一つです。

この理由は、人気の観光地の場合は、飛行機の本数が多い事や、近年話題の格安航空であるLCCの路線になっている場合が多いので、比較的安く行ける場合があるのです。なので、「せっかく海外に行くんだから、あまり人がいかない所に行こう」と考える方は、人がいかない様な場所と言うのは、交通の便も悪くなる事で、交通費が高くなるのです。

また、場所によっては、観光のシーズンもあります雨季や乾季のある地域では、観光のハイシーズンになれば、現地のホテルなどの価格が高騰するのです。なので、シーズンオフでもタイミングが良ければ、ハイシーズンと変わらない環境と言う所もあります。そういう所も狙い目であるのです。

これらは、海外旅行に限らず、国内旅行などでも同じことが言えるので、旅行を考える方は、この様な事も頭に入れておけば、意外といい旅行が出来るかもしれません。

まとめ



kaiho4_17
今回は、海外旅行保険をはじめ、飛行機代・ホテル代など旅行に行く事に対してかかる費用を安くする方法を少しずつ書いてきました。

飛行機代やホテル代の比較に関しては、海外旅行保険をメインで書いたのであまり詳しくは書けませんでした。しかし、それらはインターネットで調べると膨大な情報が出てくる事でしょう。

近年は、格安航空会社も台頭してきましたし、比較的安価に海外旅行のプランを提供する旅行代理店も出来ました。そして、インターネットでは観光地の情報もたくさん出てくるようになっています。

なので、この記事では、海外旅行保険に付いて詳しく書いてきました。

 

 

海外旅行保険については、そもそも海外旅行保険って何のためにあるの?という方も多いと思います。
そういう時には、『海外旅行保険とは?意外と知らない海外旅行保険の徹底解説』を是非参考にして下さい。

また、どの海外旅行保険に入ろうか迷った場合には、『海外旅行保険の安いおすすめランキングを一挙紹介!プロが全ての根拠を解説します』を見て頂くと、ランキングサイトや、比較サイトなどよりも参考になるかと思います。

よく使われているVISAカードの海外旅行保険については、『VISAカードの海外旅行保険ってどうなの?』を見て頂くと、上手い活用法や、注意点が分かるかと思います。

 

上記のサイトでも、海外旅行保険の事も書いています。

その中には、海外旅行保険が必要なのかと言う記事もあれば、レジャー保険の事や、国内旅行保険、クレジットカードについている海外旅行中の傷害保険の内容など豊富な記事があります。

そして、この記事でも書きましたが、海外旅行保険はほとんどの方が、旅行を申し込むときにセットの様な感覚であったり、あまり必要だと思ってない方が大半なのです。

しかし、海外旅行でケガをするかもしれない、環境が変化するので体調を崩してしまうこともあるでしょう。いちばんは、食事が合わなくて胃腸炎になったりすることも少なくないのです。

しかし、海外で診療を受けると、高額な治療費になるので保険などに入っていないと、余計に高額な海外旅行になってしまうこともあり得るのです。その時の為に海外旅行保険は、大切なお守りになると言うことなのです。

そして、クレジットカードに付帯されている、海外旅行傷害保険との違いは、疾病死亡があるかないかの違いです。疾病死亡とは、病気で亡くなる事ですが、そのリスク短期の普通の旅行では考えにくい事だろうと思うので、クレジットカードに海外旅行保険が付帯されているカードを持っているのであれば、それだけでも良いかもしれません。

そして、海外旅行保険は、誰でも入れるわけではなく、年齢制限がある事だけは覚えておいてくださいね。多くの保険会社は69歳までしか加入する事が出来ないのです。

それでは、高齢の方はどうすれば良いのでしょうか。この海外旅行保険は家族タイプもあるので、家族旅行をするのであれば、69歳未満の方の海外旅行保険の同行者で準備する事が出来るのです。

お正月休みや学生さんの卒業旅行やゴールデンウィークにお盆休みなど、季節も違えば休みの期間も違いますが、旅行の時には旅行保険もしっかり考えてみてください。

そして、旅行のタイミングでも海外に行く場合は、旅行先の季節等も考えて、安く行ける方法を探してみてください。

また、飛行機以外でも、船の旅なども流行ってきているので、少し書きますが、船の旅などでも保険は必ず加入しておいてください。料理や医療もしっかりしているのですが、船旅は飛行機の度とは違い、体調を崩すと場合によっては、緊急搬送などになる場合があります。その時は、必然的にヘリコプターなどを使うことになり、通常の治療よりも高額になる場合もあると言うことです。

こんな事を理解し、最安値の旅行も良いですが、補償だけはしっかりして、楽しい海外旅行をしましょう。

そして、最安値を調べる方法は、たくさんありますが、海外旅行に慣れていない方などは、ツアーで行く事もお勧めします。

そして、飛行機などは直通の便ではなく、どこかで乗り継ぎをする事で安くなるケースも多いのです。それは、日本でも多くなってきた格安航空が海外の場合は、日本よりも多くの格安航空会社があるので、いちど大きな都市まで行き、そこから国内線であったり、格安航空を使うと言う方法を使えば、日本の航空会社で行くよりも安く済むと言うことがあるのです。

色々な方法がありますが、楽しい旅行ですので、自分らしい計画を立てる事と、行きたい場所に行く事が全てだと思います。行きたい場所を調べるのも良いですが、海外旅行保険もしっかりと調べて、もしもの時に備えてください。言葉や文化も違うので、治療費や賠償責任などには注意してください。

ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング