損益分岐点は年金開始から2年。絶対においしい月額400円の付加年金

国民年金には付加年金という「老齢基礎年金の上乗せ年金」があります。 国民年金の保険料を支払うときに、ついでに「付加保険料」という保険料を追加して払い込むことで、65歳以降、老齢基礎年金に加えて「付加年金」という優秀な上乗せ年金を受け取ることができます。

納付する期間の長短にかかわらず、投資した金額を2年で回収できる!

 

付加年金の仕組み

 

付加年金は、月額400円を支払えば、「200円×付加保険料を納付した月数」分の上乗せ年金が毎年、死ぬまで払われるという仕組みです。

 

こういわれると、算数の苦手な人は「なぜ2年で回収できる?」って思うかもしれません。

 

その時はこう考えます。

 

「年4800円×納付した年数分」を払えば、毎年「2400円×納付した年数分」を貰えると言い換えればいいのです。

 

ほら、2年で回収できました、というお話です。

 

 

保険料を支払う人は限られる

 

そこで残念なお知らせがあります。

付加年金を納められる人は、国民年金を直接払い込んでいる人だけです。

 

つまり、サラリーマンの妻といわれる「第3号被保険者」は納付できません。

そもそも、サラリーマン(第2号被保険者)は厚生年金に加入されてますので、国民年金の「付加年金」は掛けられません。

 

では、誰が払えるのかといえば、国民年金の第1号被保険者です。

つまり、農業者年金加入者、及び任意加入被保険者です。

いわゆる自営業者、学生、無職の方などで国民年金に入っている人ですね。

 

当然ながら、「国民基金年金」など国民年金とは違う公的年金も併用ができません。

ただし、確定拠出年金との同時加入はできます。

 

また、老齢基礎年金の受給権がないと付加年金も支給されませんので、ご注意下さい。保険料を納めた期間(免除期間を含む)が原則25年以上必要です。

 

 

【注意点のまとめ】

1.第1号被保険者にしか利用できない
2.物価スライド形式ではないので、インフレに対して弱い
3.国民年金基金との同時加入はできない

4.納付期限を過ぎると納めることができない。
5.国民年金の上乗せ年金なので国民年金を払っていることが条件。

6.国民年金は25年以上払っていることが条件。

 

 

老後に備える「失敗しない確定拠出年金講座」配信中 

 

無料購読はこちら

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「損益分岐点は年金開始から2年。絶対においしい月額400円の付加年金」に関連する記事

「脱サラするなら確定拠出年金はやめておこう。」というのは本当か!?
高知の著名ブロガー、イケダハヤト氏が自身のブログで、「脱サラする予定の人は、確定拠出年金は加入しないほうがいいよ。」と発信し、それに対しLINE株式会社の上級執行役員である田端氏が「テキトーなネット上の情報を聞きかじって、自分は安全地帯からテキトーなこと抜かして、本当はもっと有利に生きられたはずの第三者の人生を損な方向に惑わす奴は許せんわけよ。」と反論。物議を醸したこの議論について整理してみたいと思います。
OFFICE LIFE | 4007view
40歳前後の会社員。3割が非正規雇用だった!?
企業が雇用している35~44歳は1330万人、そのうち390万人(3割)が非正規雇用で、非正規雇用全体の2割を占め、10年の300万人より3割増えた。なお男性は73万人で5割以上増えている。
OFFICE LIFE | 2384view
清原の年金は月10万円!?米国メジャーと20倍の格差
元プロ野球選手の清原和博容疑者が、覚せい剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。
OFFICE LIFE | 2843view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング