減らない待機児童問題、まとめてみました。

待機児童とは、子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請をしているにもかかわらず、入所できない状態にある児童のことをいいます。

待機児童の多い都市部においては保育士不足が根本原因

 

待機児童問題の原因とは

 

大都市への人口集中が主な原因といわれる。

 

また、共働き家庭の増加や家庭環境の多様化など社会構造が大きく変化したために保育所を必要とする子育て家庭が急増する中で、保育所の増設や受け入れ数増加など施設整備が立ち遅れたこともいわれている。

 

 

保育拡大量は増えているが、待機児童は減らず。

 

 

 

 

本当の問題は保育士不足?

 

保育士が足りないと

・開園できない

・定員を増やせない

 

なぜ保育士が足りないのかというと

・保育士給与は全国平均で月20.7万円

・全産業平均と比較して月額10万円低い

 

 

自治体がブレーキ?

 

自治体が独自のルールをつくって、それが参入障壁を上げているという。

 

ハードルの高さの例として

・エリアごとの園数規制

・園長基準に6年間『継続して』保育業務に携わった経験

・安全に運営するために必要な要件が多い

 

 

役人側の担当者の心理として、待機児童が解消できなくても自分の評価はマイナスにはならない一方で、保育所で事故や突然の事業者撤退があり問題になると評価に大きく影響するという指摘もある。

 

 

週刊福利厚生マガジンを配信中 

 

購読(無料)はこちら

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「減らない待機児童問題、まとめてみました。」に関連する記事

世界の注目FINTECH企業をまとめてみました。
世界で注目されるFINTECH企業を、人事、財務、保険、融資、投資、決済、送金、証券、企業間取引、資産管理、資産運用、仮想通貨、ブロックチェーン、クレジットスコア、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなどのカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 38065view
日本のFINTECHベンチャー勢揃い。2016年版をカテゴリ別にまとめてみました。
日本で注目されるFINTECH企業を、「決済・通貨」「クラウドファンディング」「経営支援」「家計管理」「融資」「保険」「送金」「資産運用」「セキュリティ」「金融情報」のカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 80392view
保険代理店の市場規模、業界動向をまとめました。
保険代理店の市場規模は4.8兆円。業界最大手は保険の窓口グループで、売上高313億円。来店型保険ショップの台頭をうけて、通信キャリアや日本生命などもこの業態に食指を伸ばし始めました。
OFFICE LIFE | 17158view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング