各国で実施される通貨単位の変更、デノミの狙いとは?

デノミネーションとは、通貨の単位の切り替えのこと。国内の全ての資産と負債に対して行われ、インフレなどにより通貨金額の桁数表示が大きくなると経済活動に支障をきたすので、その解決のために行われる。

表向きには通貨単位の変更であるが、国の借金の帳消しに使われることもある。

 

近年のデノミネーション事例

 

・1993年3月1日、ウルグアイ

ウルグアイ・ペソを発行し、1000分の1のデノミを実施。


・1994年1月1日、ユーゴスラビア

ディナールの10億分の1のデノミを実施。

デノミ直前には5000億ディナール紙幣が発行されていた。

 

・2005年1月1日、トルコ

新トルコリラを発行し、100万分の1のデノミを行った。2000万トルコリラ紙幣(当時は約1,500円に相当)は20新トルコ・リラになった。


・2005年7月1日、ルーマニア

1万分の1のデノミを実施。旧10000レイ (ROL) は新1レウ (RON) になった。

 

・2008年8月1日、ジンバブエ

100億分の1のデノミを実施した。100億ジンバブエ・ドル(当時は約2円に相当)は1新ジンバブエ・ドルになった。戦争状態にない国家でこれほどのデノミが行われるのは世界でも類を見ない。

 

・2009年2月2日、ジンバブエ

1兆分の1のデノミを行った。半年で再度実施するのは世界初。


・2009年11月30日、朝鮮民主主義人民共和国

同国通貨ウォンの100分の1のデノミを実施。今回のデノミには一世帯あたり10万ウォン(非公式レートで約3000円)の上限額が設けられ、それを超える現金は事実上北朝鮮政府に没収。しかし、混乱が続出し、2010年3月18日には、朝鮮労働党計画財政部長朴南基が、デノミに伴う経済混乱の責任を問われ処刑された。

 

・2011年9月 イラク

ディナールにおいて1000分の1のデノミを実施。

 

なお、2015年には、韓国の中央銀行総裁が国会でデノミについて示唆している。 

デノミは、隠れている現金をすべて引っ張り出せるという効果も期待されている。

 

なお、日本の企業や国民が、銀行に預けずに金庫などで保管している「タンス預金」は100兆円と言われている。

 

 

日本におけるデノミネーション

 

日本では、昭和2年と昭和21年にデノミを行った。

交換比率は1対1であったが、日本政府はデノミを行う前に国民の預金を封鎖。

そのあと、新通貨との交換期間を2週間以内に設定し、交換額に上限を設けた。

上限を越えたお金はそのまま預金となり、最大90%の財産税を課した。

 

 

戦後日本においても、1ドル=100円前後のときにデノミを行い、1ドル=1円前後にするといった提案は周期的に持ち出されている。

 

2009年9月の民主党政権発足後、鳩山由紀夫首相が政権交代の象徴としてデノミネーションを検討していたが、依頼していた藤井裕久財務大臣が辞任したことで頓挫した。

 

日本の家計資産のうちの現預金は800兆円。そのほとんどが高齢者が所有しているとされ、上記のような上限付きのデノミが行われれば、一瞬にして彼らの預金が消えることになる。

 

デノミの効果の特徴として、外国には迷惑かけずに、国の赤字を減らすことになる。

その迷惑を被るのは国民というわけだ。

 

また、デノミの他に、国の赤字をチャラにする方法としてデフォルト(債務不履行)がある。

 

例えば、発行されている日本の赤字国債1000兆円がデフォルトになれば、その債権者の90%が国民(公的年金も含む)によるものなので、体外的な問題にはならなくてすむことになる。

 

 

老後に備える「失敗しない確定拠出年金講座」配信中 

 

無料購読はこちら

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「各国で実施される通貨単位の変更、デノミの狙いとは?」に関連する記事

世界のデフォルト。デフォルトの歴史から日本の可能性をさぐる。
日本の負債合計は1200兆円。債務超過は500兆円と言われております。 日本の歳入は50兆円。それに対して歳出は100兆円ですから、毎年債務超過が50兆円ずつ増えていることになります。
OFFICE LIFE | 10872view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング