アベノミクスって結局なんだったんだろう?

アベノミクスとは、2012年12月26日より始まった第2次安倍内閣において、安倍首相が表明した「3本の矢」を柱とする経済政策のこと。政策の最大目標を経済回復と位置づけ、デフレ脱却を達成するために日銀法の改正まで視野に入れ金融緩和措置を講ずるという金融政策。

あとから思えば、日経平均2万円が踊り場だった!?

 

アベノミクスをざっくりいうと

 

【目的】

デフレ脱却と景気回復

 

【手段】 

1.世の中のお金の量を増やす

2.政府がお金を使う

3.企業にお金を使ってもらう

 

【結果】

円安となり輸出関連企業の株価があがった。

 

 

3本の矢とは

 

毛利元就が三人の息子たちに、「矢一本なら一人の力で折ることができるが、三本となったときはなかなか折れない。このように三人が力を合わせなければいけない」と教えたのが由来。

 

1.大胆な金融政策

2%の物価目標を掲げ、大規模な金融緩和をおこなった。

それによりマネタリーベース(資金供給量)は2012年末の138兆円から2016年1月には359兆円まであがり、当時1ドル80円だったのが120円まで円安となった。

 

2.機動的な財政政策

政府は2013年1月15日、過去2番目の規模となる13兆1千億円の補正予算案を閣議決定した。内訳は、東日本大震災の「復興・防災対策」に3兆8千億円、「暮らしの安全・地域活性化」に3兆1千億円、「再生医療の実用化支援」などの成長分野へ3兆1千億円など。

 

3.民間投資を喚起する成長戦略

・投資の促進:規制緩和と投資減税

・人材の活躍:ダイバーシティ

・新たな市場の創出:少子高齢化などの世界トレンドの分野

・世界経済とのさらなる統合:日本企業の世界進出・日本への直接投資

 

安倍政権で進められているTPPは3本目の矢に入る。

円安に加えて関税が撤廃になれば、さらに輸出企業にとっては追い風になる。

自動車産業を守りたいアメリカと米農家を守りたい日本の思惑が一致したといわれる。

 

 

アベノミクス、現状の評価

 

【株価に関して】

2015年9月ごろに円安が一服し、2015年12月より円高傾向になり、日経平均株価はも同月にピークを迎え、2016年1月21日には16000円(2014年11月水準)まで下降した。※2月12日には15000円を割った。

 

とはいえ、2011年から2013年までは1万円近辺を推移していたので一定の評価は得られそうだ。

 

なお、2016年1月末の日経平均(18000円)はリーマン・ショック(2007年)前夜と同じ水準である。(※2016年2月6日には2014年10月以来、16000円を割った。)

 

また、ITバブル崩壊(2000年)前夜の株価(20000円)は、安倍政権下の最高株価と同じ水準である。

 

 

2015年の経常黒字は16兆6413億円。5年ぶりの水準に

 

【企業の収益について】

 

円安によって大手製造業を中心に企業収益が改善し、主要な上場企業1,500社の2015年3月期における経常利益は、08年3月期の過去最高益にほぼ並んだ。

 

また、アベノミクスを通じて就業者数は約100万人増加し、完全失業率は今年10月の時点で3.5%まで低下した。

 

 

【個人資産について】

 

日本の家計が保有する金融資産は今年6月末現在で過去最高の1,645兆円に上り、株高によって2012年末から6%増えた。

 

また「売却可能な金融資産が1億円を超える個人富裕層の総資産が24%増え、550兆円に達した。

 

とはいえ、「国民の経済格差を広げただけ」という声もある。

 

また、金融政策以外の2本の矢の効果を高く評価する声は少なく、

・成長戦略に欠かせない規制緩和は進んでいない

・財政の健全化に必要な社会保障費などの削減も進んでいない

などが指摘され、「日銀の一本足打法が当たった」だけだという評価もある

 

 

新3本の矢とは

 

安倍晋三首相は2015年9月24日の記者会見で「アベノミクスは第2ステージに移る」と宣言し、経済成長の推進力として新たな「3本の矢」を発表した。

 

1.希望を生み出す強い経済:GDP600兆円

2.夢を紡ぐ子育て支援:出生率1.8

3.安心につながる社会保障:介護離職ゼロ

 

また、1億総活躍プラン(ダイバーシティ)、50年後も人口1億人維持、17年4月消費税(10%)は予定どおり、といった事が首相により発言された。

 

「子育てや社会保障の充実策」と「国の借金が1000兆円を超す財政再建策」をどう両立させていくかが今後のポイントなる。

 

 

老後に備える「失敗しない確定拠出年金講座」配信中   

 

無料購読はこちら 

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「アベノミクスって結局なんだったんだろう?」に関連する記事

多くの専門家が推奨している「リバランス」に潜む罠
資産運用の代表的な手法である「分散投資」に関連するキーワードである「リバランス」とは、値上がりしている資産を売却し、値下がりしている資産を買い増すという行為をしながら、ポートフォリオの資産配分を一定に保つ事を目的としています。
OFFICE LIFE | 5943view
2016年 日本の不動産は買い時なのか?
ベタなテーマですが、「不動産はいま買い時なの?」について3つのポイントから説明します。
株式会社JAMP | 3361view
マイナス金利で、私たち、どうなっちゃうの?
黒田バズーカ第3弾「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」として、1月29日、日銀は「マイナス金利」を発表。アベノミクスへの最大の援護射撃をしました。マイナス金利政策は、民間金融機関がお金を日銀に預けた場合、その一部に2月16日から0.1%の金利を支払うという仕組みです。
OFFICE LIFE | 7116view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング