ベストな生命保険加入とは?

保険料の高い安いではなく、投資効果を純粋に比較するべきなのですが、ユーザー自身で投資効果を正しく判断するのは、そもそもが難しい商材なのかもしれません。

テクノロジーがサポートするべき領域とは?

 

YOU-Uの津崎です。

 

ベストな生命保険加入とは、一体どういう加入方法でしょうか。

 


僕なりのポイントは以下の4点です。

 


・短期間で保険業界を去ってしまわない担当者から加入する

 

・複数社の生命保険商品に詳しい担当者から加入する

 

・相見積もりを取る、または取れる環境にいること

 

・個人であれば3年に1回、法人であれば1年に1回、見直すことを忘れない

 


そうは言っても最初の2点は、ユーザーからみてその担当者が業界をやめないかどうかや、担当者がどれくらい保険に詳しいかは運の要素が絡みます。


ユーザー自身でコントロールできる類のものではありません。

 


なので、この2つについてはテクノロジーによる解決しかないと当社は考えています。
保険担当者がいなくても良い仕組みを作るべく、開発に向けて構想を練っています。

 


3点目の相見積もりを取れる環境に自分を置くというのは、どの購買行動においても大切な考え方ですから、
ごく当たり前のことを書いてしまっているなと自分でも思いますが、

 

生命保険になると相見積もりを取らない人の方がかなり多い気がするので、少なくともユーザー自身の目で3社くらいは比較した方が良いのではないでしょうか。

 


ただ、判断基準が不明瞭なのも、生命保険商品特有の問題点ではあります。

 


保険料の高い安いではなく、投資効果を純粋に比較するべきなのですが、ユーザー自身で投資効果を正しく判断するのは、そもそもが難しい商材なのかもしれません。

 


最後に、見直しですね。
誰でも、3年も経てば環境は大きく変わるものです。

 


3年前や6年前に今の自分を想像できたかというと、僕自身も困難です。
数年に1回、現状に合わせた見直しでチューニングしていくべきだと思います。

 


こうして書いてみると、相見積もりや見直しも、テクノロジーがサポートするべき領域なのでしょう。

 


保険に関するソリューションを全て提供できるプロダクトを生み出せるよう、頑張ります。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 

あなたにピッタリな法人保険診断


法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。


診断フォームはこちら

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!   

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up
 

「ベストな生命保険加入とは?」に関連する記事

世界の注目FINTECH企業をまとめてみました。
世界で注目されるFINTECH企業を、人事、財務、保険、融資、投資、決済、送金、証券、企業間取引、資産管理、資産運用、仮想通貨、ブロックチェーン、クレジットスコア、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなどのカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 44309view
日本のFINTECHベンチャー勢揃い。2016年版をカテゴリ別にまとめてみました。
日本で注目されるFINTECH企業を、「決済・通貨」「クラウドファンディング」「経営支援」「家計管理」「融資」「保険」「送金」「資産運用」「セキュリティ」「金融情報」のカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 86784view
法人保険は節税ではない。未来への投資である。
法人保険という単語を聞くと、「節税のやつでしょ」という反応する人がいます。 確かにそうだけど、そんな一言でまとめられないくらい奥深いものです。 そういう人は決まって、法人保険を活用も検討もしたことがないんです。 きちんと活用している経営者から見れば、馬鹿丸出しに見られてるかもしれません。
YOU-U株式会社 | 6432view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング