保険分野にブロックチェーン、ついに登場か。

保険証書のブロックチェーンが確立されると、保険メーカーの市場参入もしやすくなり、保険のオンライン管理(契約変更や解約、お金の受け取り)サービスも容易に立ち上がります。

狙いは新興国の保険市場か?

 

国際保険市場ロイズが期待するブロックチェーン

 

・TOM(ターゲット・オペレーティング・モデル)とは
ブロックチェーンの活用により、保険市場のリスク記録能力、透明性および正確性、速度を向上させるというプロジェクトで、五カ年計画として構想されている。


「もし我々がいま、香港に保険市場を設立すると決めたならば、はじめからブロックチェーンで完全に自動化した高速なオンライン・ディールルームを構築することでしょう。保険プロセスの重要なポイントは、誰から誰に送ったかを確かめる元帳です。ブロックチェーンは、はっきり言って最も適しています。」

 


【導入メリット】


・保険加入者は仲介業者を介さずダイレクトにより高速かつ良い条件で契約を結ぶことができる。
・ブローカー(仲立人)は不利なレートやシステムに起因する悪条件を呑む必要がなくなる
・カバーホルダー(代理店)は、掛金と給付でバランスすることが出来るようになる

 

 

保険大手Allianz Franceがブロックチェーンを検討


ブロックチェーン企業のEverledgerと共同で実証実験を開始した。
同社はダイアモンドの証明書をブロックチェーンに記録し、流通しているダイアモンドが紛争等に利用されるブラッド・ダイアモンドではないか等を承認するシステムを構築している。

 


金融以外のブロックチェーンの応用例

 

・Asctibe
https://www.ascribe.io/

アーティスト作品の所有権やナンバリングの発行管理。
また作品を売買できる環境も提供。

 

・Blockai

https://blockai.com/

写真家などのクリエイターのための作品登録サービス。6億円を調達。

 


・BitProof
https://bitproof.io/
作成書類へのタイムスタンプ、実在証明のサービス。学位証明の発行をブロックチェーンで実施。


・UProov
https://www.ascribe.io/
写真、ビデオのブロックチェーン。タイムスタンプキーが発行され改変や削除ができなくなる。
用途は車載カメラ、警察の違法職質、裁判の証拠など。


・Colu
https://www.colu.co/
金融から所有権まだ多種のデジタルアセットが発行可能


・Warranteer
http://www.warranteer.com/
紙面の保障証。すでにLGやGoProが利用。Coluを活用したサービス。


・Everledger
http://www.everledger.io/
ダイヤモンドを鉱山から消費者まで追跡し、ダイヤモンド認定書や取引履歴を記録。
また宝石にかけられる保険金詐欺への対策も行う。


・Filament
http://filament.com/
IOT環境をWifiや無線通信を用いずに作り出すことを可能にする。

 

・Provenance
http://www.provenance.org/
商品の生産プロセス情報を提供。QRコードをかざし、生産地や生産日なのど情報が得られる。


・Wave
http://wavebl.com/
供給販売網をP2Pでつなぐ。出荷記録のペーパレス化や偽造の防止

 

 

まとめ

 

保険専用のブロックチェーンが構築できれば、今までの保険契約が簡便になり、さまざまなコストカットが期待されます。
また、新興国などの保険の未開拓地域での世界進出も活発になるでしょう。

 

一方で、法人保険のような多数の契約を一括管理するような会計ソフトや、保険金を受け取れる口座アプリなど、ユーザにとって実用性の高いものはまだ出ていないようです。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中


法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

無料購読

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「保険分野にブロックチェーン、ついに登場か。」に関連する記事

世界の注目FINTECH企業をまとめてみました。
世界で注目されるFINTECH企業を、人事、財務、保険、融資、投資、決済、送金、証券、企業間取引、資産管理、資産運用、仮想通貨、ブロックチェーン、クレジットスコア、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなどのカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 44242view
InsTech(インステック)とは?注目の保険関連サービスもまとめてみました。
インステックとは保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の掛けあわせた言葉で、保険領域の新しいITサービスの登場が期待されます。
OFFICE LIFE | 25607view
あれからリップルはどうなった?実は激アツ市場に参入済み。
Googleが投資した仮想通貨の会社リップル。一時はビットコインを超えるんじゃないかとの期待があり、国内でも情報商アフィリエイターが騒ぎたてましたが、最近はめっきりリップルのことを触れる人もすくなくなりました。
OFFICE LIFE | 7202view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング