保険代理店の市場規模、業界動向をまとめました。

保険代理店の市場規模は4.8兆円。業界最大手は保険の窓口グループで、売上高313億円。来店型保険ショップの台頭をうけて、通信キャリアや日本生命などもこの業態に食指を伸ばし始めました。

保険ショップ、既存リテール、そして生命保険会社。窓口めがけてまっしぐら。

 

保険代理店の市場規模

 

・4兆7,972億円(2011年)
・損害保険代理店数 192,007店
・生命保険代理店数 96,107店
・損害保険代理店 1.4%減
・生命保険代理店 3%減

 

1位:保険の窓口グループで、売上高313億円(2013年6月)
2位:三菱商事インシュアランス、売上高208億円(2013年3月)

 


【2011年時点の代理店売上ランキング】

・三菱商事インシュアランス 195億円
・ほけんの窓口グループ 139億円
・双日インシュアランス 105億円
・光通信            93億円
・エムエスティ保険サービス  91億円
・ウェブクルー       77億円
・アドバンスクリエイト  73億円
・ジェイアンドエス保険サービス  57億円
・フィナンシャルエージェンシー  48億円
・アイリックコーポレーション  25億円

 

 

保険代理店業界の業界分析

 

・少子化によるマーケット縮小
・銀行窓販やネット販売、来店型保険ショップの台頭で競争激化
・自動車保険市場はダイレクト販売へ(2005年度1,324億円→2012年2,315億円)

 


来店型保険ショップの台頭

 

数多くの保険会社の商品を扱う「乗り合い型ショップ」(乗り合い型代理店)はここ数年間に急増。店舗数は全国で2000前後に達しました。

大手4社の店舗数は1000を超えております。

 

・「保険の窓口グループ」500店舗・生損保40社

・「保険市場」(アドバンスクリエイト)321店舗・生損保40社

・「保険見直し本舗」205店舗・生損保40社

・「保険クリニック」(アイリックコーポレーション)164店舗・生損保37社

 


保険代理店業界の問題(委託型募集人に関する法改正)

 

・「委託型募集人」による保険販売が、保険業法違反だとする金融庁の通告
・委託型募集人の「教育・指導・管理」の適切性
・営業職員の正規雇用促進によるコストアップ、委託型募集人の削減による人員不足
・保険会社が100%資本を持ち、社員やOBを送り込む直営型モデルの整備を検討
・地方では事業継承が困難な代理店が増大し活発なM&Aへ

 

 

日生は乗り合い代理店にも販路を拡大


中堅代理店のライフサロンを買収し、保険販売に参入したニトリホールディングスとも提携。


集客力があるドコモと組んで顧客層を広げる予定。
特に若年層のニーズをいち早くつかんで、商品開発に生かす狙いがあるようです。

 

一方、ドコモショップでは、5─6社の保険商品を取り扱う予定という発表がありました。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中   

 

法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「保険代理店の市場規模、業界動向をまとめました。」に関連する記事

保険業界の専門用語、隠語をこっそり、まとめました。
保険の契約時などに何気なく交わされる保険用語や、保険マンが社内や飲み会などで交わされる隠語などをまとめてみました。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 32961view
世界の注目FINTECH企業をまとめてみました。
世界で注目されるFINTECH企業を、人事、財務、保険、融資、投資、決済、送金、証券、企業間取引、資産管理、資産運用、仮想通貨、ブロックチェーン、クレジットスコア、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなどのカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 64214view
日本のFINTECHベンチャー勢揃い。2016年版をカテゴリ別にまとめてみました。
日本で注目されるFINTECH企業を、「決済・通貨」「クラウドファンディング」「経営支援」「家計管理」「融資」「保険」「送金」「資産運用」「セキュリティ」「金融情報」のカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 103266view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング