銀行窓販、生命保険の手数料を開示へ。

生命保険各社は保険商品を販売する銀行に支払う手数料を保険契約者に開示するようです。運用結果や為替相場で受取額が変わる変額年金と外貨建て保険が対象になります。開示によって透明化されれば契約者が負担する保険料の引き下げにもつながりそうです。

5~7%程度が一般的。10%近い商品もある。

 

窓口販売額は年3兆円

 

生命保険の銀行窓口販売は2001年からスタート。

円金利の低迷のなか、外貨建て保険の取り扱いは急速に伸びました。

 

またマイナス金利政策の影響で、銀行の利ざやの確保が難しくなっているので、さらに窓口販売によるこれらの商品の販売が加速すると見られ、金融庁が一手を打ったとされています。

 

 

生保会社が開示する内容とは?

 

【開示内容】

・販売時に銀行に支払う手数料

・販売目標達成時に銀行に払う成果報酬手数料

 

 【開示方法】

・窓口の販売員が口頭で説明

・パンフレットに手数料を記載

 

 

開示しないものもある

 

【円建ての一時払い終身保険】

元本割れリスクが低いため開示しない。

退職金の運用先として人気がある。

 

 

投信では10年前に手数料の開示

 

投信の手数料は1~3%程度。

手数料の開示のあと、手数料の下がる事例があった。

 

 

金融庁の狙いとは

 

・顧客の商品選びに役立つ

・保険料の引き下げにもつながる

 

金融庁は、元本割れする危険性のある商品を、手数料が高いという理由で売りつける状況を懸念している模様です。

 

また、過度に高い保険料を設定している商品は顧客が選ばなくなり、手数料を下げる方向に動くだろうとされています。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中


法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

無料購読

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!


全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。
決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「銀行窓販、生命保険の手数料を開示へ。」に関連する記事

保険業界の専門用語、隠語をこっそり、まとめました。
保険の契約時などに何気なく交わされる保険用語や、保険マンが社内や飲み会などで交わされる隠語などをまとめてみました。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 13594view
元本保証型といっても必ず保証されるわけではない!?
定期預金や生命保険など、元本保証型の金融商品がありますが、銀行のペイオフや生命保険会社の経営破綻などのリスク、そして中途解約のリスクも考えないといけません。
OFFICE LIFE | 3797view
auが生命保険や住宅ローンをやるってホント?
固定通信、決済、電力などに事業領域を拡大している携帯電話キャリア。KDDIは、生命保険や住宅ローンを発表しました。
OFFICE LIFE | 2754view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング