世界のデフォルト。デフォルトの歴史から日本の可能性をさぐる。

日本の負債合計は1200兆円。債務超過は500兆円と言われております。 日本の歳入は50兆円。それに対して歳出は100兆円ですから、毎年債務超過が50兆円ずつ増えていることになります。

日本史でお馴染みの「徳政令」は諸外国では頻繁に行われている。

 

日本では8代将軍徳川吉宗の徳政令が有名

 

8代将軍吉宗が享保4年(1719年)に出した「相対済まし令」では、金銭に関する争いに幕府は口を出さないというもので、その裁きをしないと宣言したものです。

つまり幕府が「踏み倒し」を認めてしまいました。

 

幕末においては藩も徳政令を出しています。

商人から藩が借りたお金が100年債などに変わり、金利の支払いを無くすというものでした。「藩財政の建て直し」はこのようにして行われました。

 

 

世界のデフォルトの歴史

 

16世紀の強国スペイン・フェリペ二世は、他国の銀行から借りていた多額の戦費を自らの都合で4回踏み倒ししました。その後、スペインは1900年までに13回の踏み倒しというデフォルト回数の世界記録を保ち続けています。

 

1800年以降から現在にいたるまで、世界のどこかでデフォルトが起きています。
世界恐慌や世界大戦を背景に4割以上の国がデフォルト状態になることが4回おきました。

 

【世界のおもなデフォルト】

1800年:ナポレオン戦争
オーストリア、フランス、ロシア、ドイツ。軍費の嵩みによるデフォルト

 

1826年:ギリシャの最初のデフォルト
オットー王の放漫財政が原因

 

1932年:ドイツ
ハイパーインフレと戦争と賠償金と景気後退。アメリカの投資家の債務ヘのデフォルト


1973年:ラテンアメリカの16カ国
Citibankが経営危機に

 

1994年:メキシコ
突然のペソの切り下げ、通貨危機が起こり米財務省が介入

 

1997年:アジア通貨危機
タイ、インドネシア、韓国が、自国の通貨危機のためドル建の借金返済が不可能になり、IMFが救済。


2001年:アルゼンチン
公的債務の支払いを一時的に停止。ドルへのペッグ制の廃止。

 

 

2000年以降のデフォルト

 

・ギリシャ:恒常的デフォルト状態

・アルゼンチン:2001年(対外債務)、2002〜2005年(国内債務)

・ドミニカ:2003〜2005年(国内債務)

・エクアドル:2001年(対外債務)

・グレナダ:2004~2005年(国内債務)

・スリナム:2001~2002年(国内債務)

・ウルグアイ:2003年(対外債務)

・ベネズエラ:2004年(対外債務)

・インドネシア:2000年、2002年(対外債務)

・モンゴル:2000年(国内債務)

・アンゴラ:2000年〜2002年(国内債務)

・カメルーン:2004年(国内債務)

・コートジボアール:2000年(対外債務)

・ケニア:2000年(対外債務)

・マダガスカル:2002年(国内債務)

・ナイジェリア:2001年、2004年(対外債務)

・ジンバブエ:2000年(対外債務)、2006年(国内債務)

 

 

日本がデフォルトしない理由

 

「日本人の多くが資産運用をせずに銀行預金をしているため」といわれています。

 

銀行にあずけているお金というのは、銀行によって自動的に資産運用されます。

その運用先というのが、日本国債となります。

 

つまり、日本の借金は、国民全員の銀行口座の預金を担保にして、賄われていることになります。

 

一方、アメリカ人は国民の半数以上が株式などの資産運用をおこなっており、米国債の元手がたりないためにデフォルトの危機が発生します。

 

 

米国債のデフォルト危機

 

2015年末に、米国のデフォルト(債務不履行)の可能性が高まっているという報道がされました。2011年8月にも同じ危機が起きていますが、このときも債務上限値を引き上げて、デフォルトを免れました。

 

日本政府や日本の民間金融機関は累計945兆円もの対外資産を積み上げていますが、これはほとんど米国債とも言われています。

もし米国がデフォルトするとこの945兆円がパーになります。

 

日本政府が米国債を買うということは、日本国民が米国を通貨危機から守っていることになります。

 

・アメリカ国民は、資産を株などで安全に運用

・そのアメリカ国民を支えているのが銀行預金をしている日本国民です。

 

という図式が成立してしまいます。

 

アメリカ人は資産を自分で管理する力があるので得をしますが、銀行預金に頼りっきりの日本人は搾取されつづけることになります。

 

多くの人が銀行預金をしているから、デフレ社会独特の、労働者の低賃金問題が改善されないともいえます。

 

 

TPP日米合意の裏に日本国民の金融資産1500兆円? 

 

外資系企業が日本市場に参入しやすいように米国政府が働きかけるというのは、戦後の歴史のおいて、お決まりのパターンです。

 

日本政府も保有している米国債がパーになったらお手上げですから、今後も米国債を買い続けることでしょう。

 

郵貯・簡保300兆円、年金積立金130兆円、そして農協預金400兆円といったお金も米国債に流れる可能性があります。

 

「公的金融資産が民営化」され、TPPを皮切りに外資系企業が国内市場に入ってくると、こういった米国依存がさらに加速すると論じている人もいるようです。

 

 

老後に備える「失敗しない確定拠出年金講座」配信中 

 

無料購読はこちら

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「世界のデフォルト。デフォルトの歴史から日本の可能性をさぐる。」に関連する記事

生保事件簿。7つの保険会社が破綻(1997〜2000年)
1997年から2000年にかけて7つの保険会社が破綻しました。 原因としては、予定利率が高いときに契約した満期金などの支払いが、保険会社の運用利回りを大きく上回ったことがあげられます。
OFFICE LIFE | 20452view
退職金制度を作る方法と積み立て方法
退職金制度を作るにはまず退職金規定を設けなければなりません。また退職金の積み立て方法は、公的年金と、内部留保と、生命保険があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 8029view
各国で実施される通貨単位の変更、デノミの狙いとは?
デノミネーションとは、通貨の単位の切り替えのこと。国内の全ての資産と負債に対して行われ、インフレなどにより通貨金額の桁数表示が大きくなると経済活動に支障をきたすので、その解決のために行われる。
OFFICE LIFE | 3129view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング