SPIKE Fintech Platformの第1弾はM&A仲介サービス「SPIKE マッチング」

メタップスは、オンライン決済サービス「SPIKE(スパイク)」で展開する「SPIKE Fintech Platform」の第1弾として新銀行東京と提携、インターネットビジネスに特化したM&A仲介サービス「SPIKE マッチング」を開始しました。

20万以上の登録事業者「SPIKE」の会員基盤を活用

 

人工知能(AI)が各案件の情報を分析

 

SPIKEマッチング

WEBサービスの売り手と買い手をマッチングするM&A仲介サービス。

 

【サービスの流れ】

1.売却したい方は事業の基本情報を入力、購入したい方は希望条件を入力。

2.人工知能が売り手と買い手の最適なマッチングをしてメッセージでお知らせ。

3.どちらも興味があった場合に初めて交渉が開始 

 

【対象サービス】

・ECサイト

・スマートフォンアプリ

・ソーシャルゲーム

・キュレーションメディア

・アドネットワーク

・クラウドサービス

 

【利用料】

・売主、買主ともに無料、成約時の完全成果報酬型。

・成約手数料は両社とも売買金額の5%(1億円未満の場合は10%)

 

 

 買収資金の融資をサポート

 

今回の新銀行東京と提携で、売主への融資が可能になった。

 

ネット系企業でのM&Aサービスは、バリュープレスが「ConnectMA」、GMOが「サイトM&A」、パートナーズが「アプリM&A」などがあるが、いづれも買収資金の融資サービスは無いようだ。

 

また、SPIKEで決済しているサービスの買収であれば、売上規模も正確に把握でき、正当な価値算定ができる。融資の返済計画もイメージしやすいはずだ。

 

 

週刊FINTECHマガジン配信中

 

購読(無料)はこちら!

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「SPIKE Fintech Platformの第1弾はM&A仲介サービス「SPIKE マッチング」」に関連する記事

日本のFINTECHベンチャー勢揃い。2016年版をカテゴリ別にまとめてみました。
日本で注目されるFINTECH企業を、「決済・通貨」「クラウドファンディング」「経営支援」「家計管理」「融資」「保険」「送金」「資産運用」「セキュリティ」「金融情報」のカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 110507view
ファッションについて参考にしているNO.1のインスタグラムを機械学習
インフルエンサーマーケティングを行う株式会社シェイルズ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:小熊 祐大)は、 2016年2月22日にインスタグラム上で影響力を持つ、 インスタグラマーのコーディネイト画像に特化した日本初のWEBメディア「FAMME」の提供を開始いたします。
OFFICE LIFE | 4286view
「健康じまん.com」に人工知能「KIBIT」を搭載
米ナスダックと東証マザーズに上場し、 人工知能を駆使したビッグデータ解析事業を手がける株式会社UBIC(本社:東京都港区、 代表取締役社長:守本正宏)と、 UBICの100%子会社で人工知能を活用したデジタルマーケティング事業を行うRappa(ラッパ)株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役社長:斎藤匠)は、 本日、 ヘルスケアを中心とした情報提供と利用者が交流を行うコミュニティサイト「健康じまん.com」にUBICの人工知能「KIBIT(キビット)」を搭載するリニューアルを行いました。
OFFICE LIFE | 2326view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング