スタートアップとメガバンクの初のテクニカルな連携

マネーツリー株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:ポール チャップマン、  以下、 「マネーツリー」)の金融インフラサービス「MT LINK」を、 株式会社みずほ銀行(頭取:林信秀)が、 「みずほダイレクトアプリ」で採用することを決定。 今回の連携は、 スタートアップとメガバンクの初のテクニカルな連携となる。 なお、 みずほダイレクトアプリは株式会社野村総合研究所が開発を担当。

「MT LINK」がみずほ銀行の「みずほダイレクトアプリ」へ新機能を追加!

 

昨年来、 国内金融機関は「フィンテック」分野への取り組みを開始し、 一般消費者からは具体的なサービスが期待されていました。 弊社においても、 独自のテクノロジーと他に類を見ないセキュリティ技術のもとで、 2013年に個人資産管理アプリ「Moneytree一生通帳、 家計簿より楽チン!」、 2014年に経費精算サービス「Moneytree PLUS」、 法人口座閲覧サービス「Moneytree PRO」を始めましたが、 これらのサービスのプラットフォームとなっている金融インフラサービス「MT LINK」が、 この度、 「みずほダイレクトアプリ」で採用されることとなり、 ユーザーの皆さまにとって安全かつ使いやすいサービスが実現します。

 

 

MT LINKとは

 

https://moneytree.jp/

 

銀行口座、 クレジット、 電子マネー、 ポイントの情報を一つにまとめたファイナンスデータのクラウドサービスです。 いつどこで、 お金がどう動いているか、 既存のシステムと連携し、 活用できる新しい仕組みです。 MT LINKは、 様々なクラウドのサービスはもちろん、 従来のオンプレミス型サービスにもスムーズに導入できます。 システム間で、 必要な分だけの情報をキャッチボールするので、 開発コストを大幅に削減、 新規事業にも安心してスタートできます。 すでに、 会計業界、 大手企業が参入ずみの実績ある、 信頼されたサービスです。

 

この度、 具体的には、 みずほダイレクトアプリ内で、 「一生通帳 by Moneytree」の項目が追加となるもとで、 入出金明細照会の閲覧期間が登録以降、 一生閲覧可能となります。 また、 みずほ銀行の口座残高の合算表示が可能になります。

 


共同開発を経た後、 4月上旬にみずほダイレクトアプリに「一生通帳 by Moneytree」の項目が追加される予定です。 今後も、 マネーツリーは、 MT LINKを広く提供するもとで、 日本の金融サービスのユニバーサル化に貢献してまいります。

 

 

加速するMT LINKの需要

 

ここまでMT LINKへの需要が高まった理由として、 弥生株式会社、 株式会社TKCなどの大手会計業界の採用に加え、 昨年の10月からIBMのBluemixによる、 ファイナンス業界初の公式APIとして発表されたこと、 さらに法人口座のデータアグリゲーションを弊社独自のクラウドテクノロジーでの完全対応ができることへの評判の高さを要因と考えています。  

 

なお、 アプリケーションのみで対応していた法人口座への対応が、 本日より、 Web上でも閲覧可能になります。 これまで、 限定されたWindowsマシンだけしかアクセスできなかった法人口座が、 Macはもちろん、 どんな環境のマシンでも確認できるようになります。 いつでもユニバーサルでアクセスできるようになった法人口座機能は業界初の対応になります。

 

 

クラウド型請求管理ソフト「MakeLeaps(メイクリープス)」と連携

 

https://www.makeleaps.jp/

 

「MakeLeaps」は国内法人20,000社以上に導入されているクラウド型請求管理ソフトです。 見積・発注・納品・請求・領収書などの帳票作成・管理・郵送をかんたんに行うことができます。

 

インターネット環境さえあれば出先でも作業が可能になり、 請求担当、 経理、 営業、 経営者がリアルタイムで最新情報を共有し、 作業できます。

 

定期請求書の作成予約、 商品管理、 レポート、 承認・権限設定、 メンバーのグループ化、 カード決済、 口座連携、 入金管理など、 法人取引に特化した多彩な機能を提供しています。 営業支援ツールSalesforce(株式会社セールスフォース・ドットコム)、 決済代行サービスStripe(Stripe Inc.)、 Evernote(Evernote Corporation)、 YAYOI SMART CONNECT(弥生株式会社)との連携により、 最新技術を駆使した業務改善を低価格で実現し、 中小企業から大企業まで幅広いユーザーの事業成長を支援します。

 

 

経費精算サービス「Staple(ステイプル)」と連携

 

https://staple.jp/

 

Stapleはスマホ、 タブレット、 PCのどのデバイスからも経費精算を可能にし、 面倒な経費精算業務をシンプルに行える経費精算サービスです。

 

2014年12月より法人サービスの提供を開始致しました。 交通系ICカード連携、 会計システム連携、 FBデータ作成に対応しており、 個人利用は無料、 法人向けは初期費用0円1ユーザー月額600円にて提供しています。

中小企業の約90%が経費精算業務を紙、 エクセルで管理していますが、 Stapleに置き換えることで、 従業員は外出先のすきま時間にスマートフォンから経費を入力、 レポート申請ができ、 管理者は業務を可視化できる他、 外出先から承認作業や経費データの集計、 仕訳、 支払業務の効率化を図ることができます。

 

Stapleは面倒で煩雑な経費精算業務をシンプルにし、 「中小企業の生産性革命」をサポートします。

 

 

マネーツリーについて

 

2012年の起業から、 Moneytreeのミッションは人々とお金のあり方を劇的に変えることでした。 人気の個人資産管理アプリ「Moneytree」に始まり、 革新的なモバイル経費精算サービス「Moneytree PLUS」、 日本初のモバイル法人口座管理サービス「Moneytree PRO」まで、 Moneytreeは、 常に日本のフィンテック市場の最先端を走り続けています。 また、 ファイナンスデータのクラウドサービス「MT LINK」の登場は、 日本国内に限らず、 様々なプロダクトの可能性を拡げ、 イノベーションを促すことで、 大きくビジネスを変える、 ユニバーサルなプラットフォームを提供します。

 

 

週刊FINTECHマガジン配信中

 

購読(無料)はこちら!

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「スタートアップとメガバンクの初のテクニカルな連携」に関連する記事

日本のFINTECHベンチャー勢揃い。2016年版をカテゴリ別にまとめてみました。
日本で注目されるFINTECH企業を、「決済・通貨」「クラウドファンディング」「経営支援」「家計管理」「融資」「保険」「送金」「資産運用」「セキュリティ」「金融情報」のカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 101812view
世界の注目FINTECH企業をまとめてみました。
世界で注目されるFINTECH企業を、人事、財務、保険、融資、投資、決済、送金、証券、企業間取引、資産管理、資産運用、仮想通貨、ブロックチェーン、クレジットスコア、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなどのカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 62033view
保険業界が注目すべきテクノロジーとビジネスモデル
フィンテックの次のフロンティアは保険業界と見られています。 なぜなら、保険業界は全世界で120兆円産業でありながら、他の業界よりも顧客満足度は低く、マーケティング手法も古びたものだから、ITによる改善の余地が大きすぎるというわけです。 事実、保険大国アメリカでも保険未加入者が半分もいるのです。
OFFICE LIFE | 4645view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング