10万円でスマホからはじめる資産運用

株式会社お金のデザイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:廣瀬朋由)は、2月16日よりこれまで一部の富裕層や機関投資家だけが享受してきたプロレベルの資産運用を、スマホから誰でも低コストで利用できるサービス、「THEO[テオ]」の提供を開始。

お金を、将来の不安要素から新たな世界につながる可能性へ

 

THEO(テオ)とは

 

THEO

約6,000のETFの中から最適に組合わせをおこなう独自ロボアドバイザーのアルゴリズムによって、10万円でスマホからはじめる、日本初の「一般消費者向け」投資一任運用サービス。

 

注)ETFとは、上場投資信託(Exchange Traded Fund)のこと。投資信託が証券取引所に上場しているので、株の売買と同じように証券会社を通して取引ができる。

 

THEOの主なポイントは、京都大学大学院 加藤康之教授監修のもと、投資家のニーズを起点とし、そこから投資理論につなげていくという逆方向のアプローチをしている。


投資家の「リスクをヘッジしたいニーズ」から、3つの機能ポートフォリオである成長ポートフォリオ、インフレ・ヘッジポートフォリオ、インカム・ポートフォリオを導入。複数のETFによって、組み合わせたポートフォリオをさらに組み合わせることによって、細分化した顧客ニーズにフィットしたポートフォリオの作成を可能にしている。

 

【3つの特徴】

[1]2分で最適なプランを提案
9つの質問に答えると、約6,000のETFの中から、2分であなたに最適なプランが提案される。

[2]自動で運用
最適化したポートフォリオの運用開始後は、毎月リバランス、定期的なリアケーション、年齢に応じたリバランスをおこなう。

[3]最小限のコストで資産を形成
・完全無料に最適な資産形成プランを診断。
・10万円からプロレベルの資産形成を利用可。
・投資一任報酬は預かり資産の年率1.0%(税抜)。
・追加の手数料、費用は一切かからない。
・いつでも変更・解約の申し込みが可能。

 

 

一部の富裕層や機関投資家からの開放

 

これまで一部の富裕層や機関投資家だけが享受してきたプロの資産運用が、独自開発のアルゴリズムによるロボアドバイザーによって、すべての人が使えるサービスとなった。

 

お金のことはTHEOにまかせて、自分がやりたいことに大切な時間を使う。THEOは投資一任運用サービスを通じて、お金に対する将来の不安を、希望に変えようとしている。

 

 

サービス開始を記念して、今だけ投資一任報酬が500円に!

 

5月15日までのTHEO契約者は、預け入れ金額100万円まで1年間、通常のお預け入れ金額の年率1.0%(税抜)の投資一任報酬が500円(税込)となる模様。

 

 

これまで当たり前だった円預金ではなく、グローバルな資産運用 へ

 

これからの100年は、人口の減少、超高齢化社会、円安・インフレなど、これまで経験したことのない社会変化が続く時代、人はより創造的に生きることが求められている。


一人ひとりが自分らしく生きるには、金融工学とテクノロジーを駆使し、お金を将来の不安要素から新たな世界につながる可能性へと変えてゆく必要がある。


具体的には、これまで当たり前とされてきた円預金ではなく、グローバルに開かれた資産運用をすべきなのだ。

 

 

週刊FINTECHマガジン配信中

 

購読(無料)はこちら!
 

 

免責・ご協力のお願い


FINTECH企業の皆様で、本記事に掲載希望の方は「info@officelife.tokyo」までお問い合わせください。紹介文の変更を希望の方も上記アドレスまでお問い合わせくださいませ。またプレスリリースも承っております。 

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「10万円でスマホからはじめる資産運用」に関連する記事

日本のFINTECHベンチャー勢揃い。2016年版をカテゴリ別にまとめてみました。
日本で注目されるFINTECH企業を、「決済・通貨」「クラウドファンディング」「経営支援」「家計管理」「融資」「保険」「送金」「資産運用」「セキュリティ」「金融情報」のカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 113495view
経営者なら知っておくべき、生命保険の15の目的
経営者が考えるべき2つの保険とは、1つ目は、経営している会社名義の法人契約の生命保険。 もう1つは、契約者みずからの個人契約の生命保険です。経営者の方が生命保険を考えるときは、この2つの両面から考える必要があります。2つのバランスを欠いてしまった場合、後で様々な弊害がおこります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 11092view
ドルコスト平均法とリバランスを合体したのがバリュー平均法
バリュー投資法は、株価下落の際は「追加の投資」で数量を増やし、逆に株価上昇の際には「目標を上回る分を売却」で利益確定をするという運用方法です。
OFFICE LIFE | 4530view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング