FINTECHの記事一覧

52件中 1件 - 20件
日本のFINTECHベンチャー勢揃い。2016年版をカテゴリ別にまとめてみました。
日本で注目されるFINTECH企業を、「決済・通貨」「クラウドファンディング」「経営支援」「家計管理」「融資」「保険」「送金」「資産運用」「セキュリティ」「金融情報」のカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 99684view
世界の注目FINTECH企業をまとめてみました。
世界で注目されるFINTECH企業を、人事、財務、保険、融資、投資、決済、送金、証券、企業間取引、資産管理、資産運用、仮想通貨、ブロックチェーン、クレジットスコア、クラウドファンディング、ソーシャルレンディングなどのカテゴリーにわけて紹介していきます。
OFFICE LIFE | 59384view
世界のマーケットプレイス型のプラットフォームサービスをまとめてみました。
世界で注目されているマーケットプレイス型のサービスを、店舗、BtoB、就職、配達、家事代行、教育、融資・出資、美容・健康・医療、家族、滞在、イベント、食事、フリマ、物流、写真・デザイン、スキル、クラウドファンディング、商品・製品、移動などのカテゴリーにわけて紹介します。
OFFICE LIFE | 24379view
あれからリップルはどうなった?実は激アツ市場に参入済み。
Googleが投資した仮想通貨の会社リップル。一時はビットコインを超えるんじゃないかとの期待があり、国内でも情報商アフィリエイターが騒ぎたてましたが、最近はめっきりリップルのことを触れる人もすくなくなりました。
OFFICE LIFE | 10628view
「会話型(対話型)コマース」を採用しているサービスをまとめました。
「会話型(対話型)コマース」とは、検索することなく、サービス提供側とチャットをするような形で商品が提示され、購入まで「会話」で完結するサービスのことをいいます。海外では「Conversational Commerce」といわれたり、人工知能がのったものであれば、ボット型サービスといわれたりします。
OFFICE LIFE | 7299view
政府の介入をうけないビットコイン。なぜ注目されているのか?
仮想マネーの中で最も注目されている理由に迫ります。ブロックチェーンとは何か?政府の発行する紙幣とは何がちがうのか?とことん分かり易くご説明します。
OFFICE LIFE | 6241view
日本IBMが銀行向けにFinTech共通APIを提供。NTTデータは静岡銀行から。
日本IBMは、オープンかつ汎用的な「FinTech 共通API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)」を銀行向けに提供を開始しました。またNTTデータはFintechサービスとインターネットバンキングを接続するAPI連携サービスの商用化を4月より開始、静岡銀行が最初の事例となります。
OFFICE LIFE | 5738view
【Zenefits】人事の無料クラウドは、実は保険で稼いでいた!?
Zenefitsは中小企業向けに給与計算・支払、住民税支払、健康保険、401K、ストックオプション、採用手続き、勤怠管理などの人事管理サービスをSaaSで無料提供。保険仲介業務の免許取得業者でもあり、保険会社からの販売手数料で収益をあげている。
OFFICE LIFE | 4343view
電通に思わぬ対抗馬!?平和不動産がFinTech企業誘致で兜町を再興へ
平和不動産は、日本証券取引所が1947年に解散する際に証券会社各社の出資で発足。東京証券取引所ビルや茅場町駅前の共同ビルを所有している。これらのビルが2月にもFINTECH向けのカフェやコーワキングスペース、イベント会場になる。
OFFICE LIFE | 3882view
クラウド契約書「クラウドサイン」1000社導入。ブロックチェーンで所有権移転も。
弁護士ドットコムは、日本初のWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」をリリースし、サービス開始4カ月で導入社数は1,000社達成。契約締結における煩雑な手間、多大な時間、郵送代等のコストに悩みを抱えている企業が多く、契約締結のスピード化、コスト削減、管理機能が強化できることが評価された。
OFFICE LIFE | 3454view
一介のサラリーマンでも「ヘッジファンドダイレクト」で世界一流の投資家に自分の運用を託せる時代に。
「世界ランキング上位の優秀ファンド」に関する投資助言サービスを提供するヘッジファンドダイレクト株式会社はグローバルなフィンテック時代における個人投資家のために、「業界内部の視点から、金融機関や運用商品を見極めるポイントを初心者にも分かり易く解説したレポート」を発表。
OFFICE LIFE | 3185view
ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)がサービス開始
2016年1月18日より、ロボット資産運用アドバイザーである「WealthNavi」を招待制サービスとして提供開始。同サービスは本年3月より一般公開予定。
OFFICE LIFE | 3176view
MUFG Fintechアクセラレータ第1期に5社が決定
今後、約4ヶ月間のアクセラレータ・プログラムにて、第1期生による革新的な新事業の創造を目指す。
OFFICE LIFE | 2726view
SPIKE Fintech Platformの第1弾はM&A仲介サービス「SPIKE マッチング」
メタップスは、オンライン決済サービス「SPIKE(スパイク)」で展開する「SPIKE Fintech Platform」の第1弾として新銀行東京と提携、インターネットビジネスに特化したM&A仲介サービス「SPIKE マッチング」を開始しました。
OFFICE LIFE | 2701view
早くも課題が山積み。日本のフィンテック業界の惨状。
ナイストゥハブであり、マストトゥハブではない、今の日本のフィンテック業界。第一世代がひとまわりした今、あえて苦言をしてみたい。
OFFICE LIFE | 2664view
矢野経済、2015年度の国内FinTech市場規模は34億円と発表
2015年度を領域別にみると、特に「クラウド型会計ソフト」と「ソーシャルレンディング(融資)」が市場を牽引した模様です。今後、不動産関連のサービスが盛上がり、2020年度には568億円になると予想しています。
OFFICE LIFE | 2599view
会計ソフトの弥生がクラウド請求書のミソカを買収。
オリックス傘下で会計ソフト大手の弥生(東京・千代田)は企業の請求書に基づく出入金を帳簿上で自動処理するサービスを始める。ソフト開発のMisoca(ミソカ、名古屋市)を買収し、同社の請求書管理サービスと弥生の会計ソフトを連携。軽減税率の導入で煩雑になる請求書の管理を簡素化し、中小企業の需要を取り込む。
OFFICE LIFE | 2576view
スタートアップ支援プログラム「MUFG Fintechアクセラレータ」第1期募集締切は1月31日。
三井住友銀行は「Plug and Play」と提携し、すでにフィンテック企業の発掘を開始しておりますが、三菱東京UFJ銀行もそれに対抗するかのごとく、フィンテック・スタートアップ支援プログラムを開始します。
OFFICE LIFE | 2563view
日本初のFinTech産業拠点「Fino Lab」が丸の内にて2月1日スタート
電通は「FinTech」が金融業界に閉じた現象にとどまらず、人々のライフスタイルや世界観さえ変えていくものだと捉える。Fino Labを通じて、人々の生活の質的向上、ひいては社会全体の発展に貢献したいという構えだ。
OFFICE LIFE | 2330view
R3と大手銀40行がブロックチェーン活用した債権システムへ。
R3はブロックチェーン技術を活用した債権の発行・取引・配当を行うシステムについて5つの異なる試験を完了したことを発表しました。本実証実験は金融業界での現実のビジネスを想定したもので、世界最大規模でした。
OFFICE LIFE | 2308view
1 2 3
ピックアップ
話題のキーワード

該当する記事がありません。

アクセスランキング