生産性向上設備投資促進税制で全額即時償却してしまえ。

平成26年度税制改正大綱において、生産性向上設備投資促進税制の創設が盛り込まれました。本税制は、平成25年6月に閣議決定された日本再興戦略の一端を成すものとして4年にわたり措置される予定であり、本税制を活用した設備投資の促進を通じた我が国経済の活性化が期待されています。

生産設備の購入資金が全額損金に

 

対象となる設備とは

 

・機械装置(160万円以上)

・ 工具・器具備品(合計120万円以上)

・建物・構築物(120万円以上)

・建物付属設備(合計120万円以上)

・ソフトウエア(合計70万円以上)

※中古やリース、海外で使用するものは対象外。

 

 

税制措置の概要

 

・税制期間1.2014年1月20日~2016年3月31日まで

即時償却(100%償却)か税額控除(5%。建物・構築物は3%)の選択制。

ただし、控除額の上限は法人税額の20%まで。

 

・税制期間2.2016年4月1日~2017年3月31日まで

特別償却50%(建物・構築物は25%)か税額控除(4%。建物・構築物は2%)の選択制。

ただし、控除額の上限は法人税額の20%まで。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中

 

 法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。

 

購読無料

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「生産性向上設備投資促進税制で全額即時償却してしまえ。」に関連する記事

全額損金となる法人保険のルールと保険タイプ
全損の保険といえば、解約返戻金がない法人保険で、定期保険、収入保障保険、医療保険、がん保険などを思い浮かべますが、解約返戻金があるものでも全損保険はあります。
OFFICE LIFE | 9373view
決算対策の生命保険の落とし穴。ゴールからの逆算で回避しよう。
今季は黒字決算だけど、来期も好調かどうかはわからないという時、今期の利益の一部を簿外に残して、もし赤字になったときにはその利益を計上してうまく損益相殺するという、円滑な企業経営の手段として法人保険の活用があります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3061view
解約時、ここだけは気をつけよう!法人保険の出口戦略。
法人保険は、保険料を支払っている期間中、ずっと節税効果を得ることができる上に、同時に含み益が発生しているので、節税と内部留保を実現できます。 しかしながら、解約時の返戻金は雑収入となり益金計上されますので、その時に税金がかかることになります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 3315view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング