節税

福利厚生費、現物支給、その他経費について、どう節税に役立つかについてのコラムです。

「節税」に関するキーワード

» 節税に関するキーワード一覧

「節税」に関する記事一覧

6件中 1件 - 6件
生産性向上設備投資促進税制で全額即時償却してしまえ。
平成26年度税制改正大綱において、生産性向上設備投資促進税制の創設が盛り込まれました。本税制は、平成25年6月に閣議決定された日本再興戦略の一端を成すものとして4年にわたり措置される予定であり、本税制を活用した設備投資の促進を通じた我が国経済の活性化が期待されています。
OFFICE LIFE | 908view
社食支給の罠。全額会社負担すると社員の給与扱いになる!?
会社からの食事の支給は、食事の代金の半額以上が社員によって出されたもので、会社負担が一人あたり月3500円(税抜)以下にならないと福利厚生費として計上できません。
OFFICE LIFE | 2386view
使途不明金は脱税への道。
使途不明金は、「損金不算入」でその金額が課税対象(35%)となります。 使途秘匿金は、「損金不算入」となるどころか、別途40%の追徴課税がかかります。
OFFICE LIFE | 1229view
1人5,000円以下の飲食代は会議費として落とせ!
会議費として計上できるものは「交際費」ではなく「会議費」として計上したほうが納税額が下がります。ただし会議費費と認められるのは1人5000円までで、それ以上になると交際費扱いになります。
OFFICE LIFE | 2072view
福利厚生費を上手く使えば社員だけじゃなく会社もハッピー。
福利厚生費の中でも会社の独自のアイデアで経費計上できる厚生費は知恵のだしどころです。ただし、公平感のない社員への支出や、交際費扱いになるものなど、注意が必要です。
OFFICE LIFE | 1319view
現物支給で非課税になるもの。給与所得になるもの。
現物支給で非課税になるものは、1.使用者側の業務遂行上の必要から支給されるもの、2.換金性に欠けるもの、3.その評価が困難なもの、4.受給者側に物品などの選択の余地がないもの、があげられます。
OFFICE LIFE | 2907view
1
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング