バリュープレスがM&A仲介を開始。

事業を始めたからには、現在のユーザーに長く使っていただきたい。 しかし、会社としては継続して運営する事業を選択し、集中させたい。 ユーザーは一定数いるけれど、社内での継続が困難と判断した事業、サービスをお持ちの場合にM&Aという方法を選ばれる企業も増えてきました。

売却するとしたら、自分の会社のサービスはいくらなのか?

 

▼事業の無料査定フォーム

http://connectma.jp/quick?launch13899

(3分ほどで完了します)

 

お送りいただいた内容を確認いたしまして、3営業日以内に返信させていただきます。

 
※無料査定でご案内する売却価格は、あくまでも参考価格でして、最終的なご判断はお客様にお任せしておりますので、ご安心ください。

 

 

事業の売り手と買い手をつなぐConnect M&Aとは?

 

Connect M&A

ConnectM&Aは、Webサイトや店舗・アプリなどの事業を売りたい人と買いたい人をオンライン上でつなぐサービスです。売り手が売却したい事業の情報を登録し、その事業に興味を持った買い手が購入希望を申請することで交渉がスタート。交渉は中立の立場である弊社が仲介させていただきますので、コミュニケーション上の問題や支払いなどの金銭トラブルの心配はいりません。事業の売買を初めて検討する方も、安心して利用できるサービスを目指しています。

 

M&A情報・データサイト「MARR Online」の調査によると、2014年は日本国内だけでも年間2,000件以上のM&Aが実施されました。事業を拡大する戦略の一つとして、ゼロから始めるのではなく、すでに存在している事業を統合することによって更なる成長を図るための手段として期待されています。その他、後継者不在による事業承継の問題の解決策として、また若い起業家たちのスタートアップビジネスのExitとしてなど、さまざまなケースでM&Aという手段が活用されています。

 

 

週刊福利厚生マガジンを配信中 

 

購読(無料)はこちら

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「バリュープレスがM&A仲介を開始。」に関連する記事

2016年度世界長者番付 上位50人のデータで見る「7つの共通点」
フォーブス誌が発表しているビリオネア リスト(世界長者番付)。ビル・ゲイツをはじめとする、トップ50人の総資産は約140兆円。 雲の上の存在にも感じてしまいますが、彼らも同じ人間。共通点を探っていけば、近づくための方法も見えてくるはずです。
そこで、世界長者番付の中でもトップ50人を中心に、その共通点を探っていきます。
OFFICE LIFE | 17449view
経営者が今からお友達になっておくべき弁護士。6つのすすめ。
現在、弁護士の人数は36,000人程度です。日本の人口は1億2000万人程度ですから、3000人に1人しか弁護士はいません。弁護士の新規参入は年1回、新人2000人。こんなぬるま湯の世界ですから、優秀な弁護士と出会える機会は少ないのです。
OFFICE LIFE | 4878view
OFFICE LIFE(オフィスライフ)に関するお問い合わせ
「記事の内容に対するお問い合わせ」や「FINTECH企業からのプレスリリース」や、業務アライアンスなどのお問い合わせに対応いたします。
OFFICE LIFE | 1778view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング