法律事務所が景品表示法を守らなかった(笑)

常時行っていた値引きキャンペーンを期間限定のように宣伝し消費者に誤解させたとして、消費者庁はアディーレ法律事務所(東京都豊島区)に対し景品表示法違反(有利誤認)で再発防止を求める措置命令を出しました。

「1カ月間の期間限定」の「着手金を全額返還」を48ヶ月断行

 

アディーレ法律相談事務所とは

 

72支店を持つ日本最大級の法律事務所。金融業者に対する過払い金返還の請求に力を入れていて、これまでに約28万件、1583億円を回収している。

 

消費者庁「違反期間が長く、依頼者も多い」

 

アディーレ「指摘を真摯に受け止め再発防止に取り組みたい」

 

 

 景品表示法の「有利誤認」とは

 

商品・サービスの価格が、事実と相違して、

1.実際よりも有利である(安い)と誤認させる
2.他社の商品・サービスよりも有利である(安い)と誤認させる

ことを規制する。

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

 

「法律事務所が景品表示法を守らなかった(笑)」に関連する記事

税理士も筆のあやまり。損害賠償は10億円突破。
税理士賠償責任保険の支払状況より、税理士によりどんなミスが起こりうるのかを、徹底解説していきます。経営者の皆様も、予期して税理士に確認することで、追徴課税がおきないようにしておきたいものです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 1265view
過払い金請求のビジネスモデルと士業の縄張り争い
テレビでお馴染みのアディーレ法律事務所は弁護士法人に対して、新宿事務所は司法書士法人。士業同士の縄張り争いの背景には、「簡裁訴訟の代理業務」がありました。
OFFICE LIFE | 793view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング