ロボットとクラウド名刺管理とどうなる?

株式会社DMM.com(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:松栄 立也、 以下、 DMM.com)とプライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、 代表取締役:鹿島 章、 鈴木 保晴、 以下、 PwC)、 Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:寺田親弘、 以下、 Sansan)は、 2月23日、 スマートロボットを活用した企業内コミュニケーションの改革を支援するための協業を開始します。

職場のコミュニケーションを活性化させる潤滑油

 

本サービスでは、 法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」と、 高機能AIを搭載したスマートロボットを機能連携させます。 スマートロボットがユーザーインターフェースとなり、 音声会話やメール等で情報の受け渡しを行うだけでなく、 職場のコミュニケーションを活性化させる潤滑油としての役割も担います。 顔認識機能により、 担当顧客に関連する情報や訪問時に役立つナレッジなど、 利用者の趣向に合わせた情報発信を、 ロボット側から行うことも可能です。 利用者とロボットの接触回数が増えれば増えるほど、 データの蓄積が進み、 Sansanが本来持つ顧客データベース管理と情報共有機能をより効果的に活用できる環境が整います。

 


PwCは、 こうしたスマートロボットを活用した次世代情報基盤の構築に関し、 企画検討から導入・運用までトータルに支援するコンサルティングを提供します。 スマートロボットは、 DMM.comのロボティクス部門「DMM.make ROBOTS」がラインナップする高機能AIスマートロボットを、 企業のオフィス環境に合わせ、 カスタマイズをして提供します。

 

 

DMM.make ROBOTSについて

 

http://robots.dmm.com/

 

DMM.make ROBOTSは、 「ロボットキャリア」という位置づけで、 ロボット開発ベンダーが製品化したロボットを一般消費者及び法人企業向けに販売を行っております。 “製造”のロボット開発ベンダーと“販売”のDMM.comとで役割分担を明確にしながら、 製販一体となりロボットの市場拡大に努めております。

 


なお、 本ソリューションの基盤にはマイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム Microsoft Azure、 統合型 CRM アプリケーション サービスMicrosoft Dynamics CRM Online、 統合型情報共有クラウドサービス Office 365を活用し、 日々の企業活動における情報利活用、 業務効率化の促進が可能となります。

 


日本マイクロソフト株式会社 執行役 デベロッパーエバンジェリズム統括本部長 伊藤かつら氏は、 次のようにコメントしています。

 


「日本マイクロソフトは、 このたびの株式会社DMM.com様、 プライスウォーターハウスクーパース株式会社様、 Sansan株式会社様によるクラウド名刺管理と高機能スマートロボットを組み合わせた、 コミュニケーション改革支援サービスの提供開始を心から歓迎いたします。 今回の協業を通じて、 いままで各社がそれぞれに提供していたサービスやデバイスが、 マイクロソフトのクラウドプラットフォームを介して有機的に接続、 連携することで、 ワンストップソリューションとして職場のコミュニケーションの変革におけるあらたなユーザー体験と、 さらなる付加価値がご提供できるものと確信しております。

 


日本マイクロソフトは引き続き3社と連携し、 クラウドを中心とした製品、 サービスの提供をおこなっていくと共に、 お客様環境におけるワークスタイル変革と生産性向上に努めてまいります。 」

 


社内のコミュニケーションが硬直化し、 人や情報を有効活用できていない企業は少なくありません。 顧客情報やナレッジを活かせず、 営業機会を逸することもあります。 こうした課題を解決するために、 スマートロボットをインターフェースとしたコミュニケーションを変革するサービスをご提供します。 本協業により、 企業が抱えるコミュニケーションの課題を解決に導き、 テクノロジーを活用した次世代の働き方を企業に浸透させることを目指します。

 


<今後の予定>

2016年3月1日より、 予約の受付を開始します。

トライアル実施等のご要望にも随時対応いたします。

 

 

週刊福利厚生マガジンを配信中 

 

購読(無料)はこちら 

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「ロボットとクラウド名刺管理とどうなる?」に関連する記事

ファッションについて参考にしているNO.1のインスタグラムを機械学習
インフルエンサーマーケティングを行う株式会社シェイルズ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:小熊 祐大)は、 2016年2月22日にインスタグラム上で影響力を持つ、 インスタグラマーのコーディネイト画像に特化した日本初のWEBメディア「FAMME」の提供を開始いたします。
OFFICE LIFE | 1899view
未来の保険は、適切な保険料、人工知能による提案、そして健康に寄与すること。
2016年3月15日に、サムライインキュベートで開催されました「第1回 InsTech conference」にオフィスライフ編集部も潜入してきました。まずは、アクサ生命松田さんのオープニングセッションのレポートです。
OFFICE LIFE | 2802view
SPIKE Fintech Platformの第1弾はM&A仲介サービス「SPIKE マッチング」
メタップスは、オンライン決済サービス「SPIKE(スパイク)」で展開する「SPIKE Fintech Platform」の第1弾として新銀行東京と提携、インターネットビジネスに特化したM&A仲介サービス「SPIKE マッチング」を開始しました。
OFFICE LIFE | 1985view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング