社員50名以上の会社はストレスチェック義務化。実施してますか?

学研グループの株式会社ブックビヨンド(社長:織田信雄)は、 医療法人社団総文会 クリニック足立(理事長:足立總一郎(医学博士))、 株式会社SAITEC(代表取締役:足立昇平)と共同で、 メンタルケアに関する社員向けセミナーとテキスト学習等を組み合わせた新しいパッケージ、 「メンタルのあいうえお」(医療監修:中尾睦宏(帝京大学教授・医学博士)ほか)を開発、 今月より法人向けに販売開始。

認知行動療法の理論に基づいた「うつ」や「不安」から自律的にぬけ出す方法

 

2015年の労働安全衛生法の改正とは

 

厚生労働省によると「化学物質による健康被害が問題となった胆管がん事案の発生や、精神障害を原因とする労災認定件数の増加など、最近の社会情勢の変化や労働災害の動向に即応し、労働者の安全と健康の確保対策を一層充実するための改正」と位置づけています。

 

その中に「ストレスチェック及び面接指導の実施」があり、以下のとおりです。

 

○ 常時使用する労働者に対して、医師、保健師等による心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)の実施を事業者に義務付け(労働者50人未満の事業場については当分の間努力義務)


○ 検査の結果、一定の要件に該当する労働者から申出があった場合、医師による面接指導を実施することを事業者の義務とする。

 

 

「メンタルのあいうえお」とは

 

メンタルのあいうえお

社員向けセミナーと学習テキスト、 そして理解度をはかるチェックテストの3つがセットになった講座パック。

 

セミナーを受けた社員は、 会社で起こる精神疾患で最も多いうつ病や不安障害の原因となる、 「うつ」や「不安」をイメージで簡単に捉えられ、 「自分で気づくこと」で心の病を予防できるようになる。

 

セミナーの最後には、 理解度を測るチェックテストを実施。 会社側でセミナーの成果がすぐに確認できる仕組みになっている。

 

ベースとなるメソッドは、 サントリーグローバルイノベーションセンターにおいて2014年に検証が行われ、 科学的検証結果が認められた。 その結果をまとめたデータは、 第23回世界心身医学会(2015年8月イギリス)でも発表された。

 

 

「管理職向け」講座パック(上級編)も販売予定

 

初級編の「メンタルのあいうえお」講座パックに続き、 自分の力で「うつ」「不安」から抜け出すための方法をより具体的に身につけることができる「ストレスケア」講座パック(中級編)や、 自分だけでなく周囲環境である職場の部下や同僚でメンタル不調者が出た場合にどう対処したらよいかが学べる「管理職向け」講座パック(上級編)も順次展開する予定。

 

 

「自分の力で抜け出す練習」ができるアプリをリリース予定

 

「ストレスチェックテスト」と「うつや不安に自分で気づいて、 自分の力で抜け出せる練習」を同時に行う機能を備えたアプリのリリースを予定。

 

【アプリの特徴】

・認知行動療法の手法に基づいた「うつ」や「不安」の予防法

・動画、アニメ、 漫画などで楽しみながら身につけられる

 

「ストレスチェックテスト」→「メンタルケア・ストレスケアの学習プログラム」→「再度のストレスチェックテストによる予防効果の測定」という流れを基軸にしており、 ストレスチェック義務化による今のニーズにマッチした、 「予防」を中心としたプログラムを目指している。

(プログラムは現在、 効果・効能を試験中であり、 年内の学会発表を予定)

 

また、このアプリは、 労働基準監督署への報告形式に則ったフォーマットでのデータの抽出、 専門医によるテスト結果の解析、 ストレス要注意者の医師による面談、 アプリの集計データを基にした事業所へのストレスケア・メンタルケアのアドバイスなど、 「ストレスチェック義務化制度」へ対応したサービスもオプションとして追加を予定している。

 

 

「メンタルのあいうえお」のメソッドを網羅した電子書籍 

 

『【図解+書き込み】イメージでつかめる「うつ」と「不安」自分で「ストレスケア」ができる本』

 

本書は、 誰にでも起こりやすい「うつ」と「不安」を取りあげ、 そこから自分の力で抜け出していく、 気軽に始められる方法を具体的にご紹介。 今注目されている認知行動療法のエッセンスを取り入れ、 極力専門的な言葉を使わず、 図解を多用して、 誰にでもわかるように構成している。

 

著:足立總一郎(医療法人社団総文会クリニック足立院長・医学博士)

  足立昇平(医療法人社団総文会理事)

 
共著:中尾睦宏(帝京大学教授・医学博士)

   城月健太郎(人間科学博士・臨床心理士)

 

価格:2,000円(税抜) 発行元:ブックビヨンド

 

【購入できる電子書籍ストア】

学研BookBeyond

Kindleストア

楽天Kobo電子書籍

iBooks

Google Playブックス

 

 

週刊福利厚生マガジンを配信中

 

購読(無料)はこちら

 

 

福利厚生サービス企業のみなさまへ

 

OFFICE LIFEでは、日本の会社生活を快適に!をモットーに、みなさまのプレスリリースを募集しております。ぜひinfo@officelife.tokyoまで送りつけください。

 

 

全額損金になる法人保険で決算対策!  

 

全国の法人保険のプロフェッショナルをご案内いたします。

決算対策をお考えの方は、お問い合わせページにお進みください。

 

<事例(一部)>
・役員報酬が1,000万円up
・法人税を2,000万円圧縮
・役員退職金が1,800万円up

「社員50名以上の会社はストレスチェック義務化。実施してますか?」に関連する記事

産後復帰のママ社員の、突然の退職とストレス軽減に役立つ福利厚生とは!?
「マイシェフ」は個人向けの出張シェフサービス。産後復帰のママ社員の定着、突然の退職予防、ストレス軽減、旦那さんとの家事分担のためにマイシェフを福利厚生として活用する企業があるそうです。
マイシェフ株式会社 | 7046view
WEBで出来るストレスチェックサービス『こころの保健室』が月額50円で!
株式会社USEN(東京都港区、代表取締役社長:田村 公正)は、2015年2月のリリースから1周年を迎えたストレスチェックASPサービス『こころの保健室』に「エントリーコース」を追加。本「エントリーコース」の発表と1周年を記念したキャンペーンを実施。
OFFICE LIFE | 1084view
従業員向けの健康促進アプリ「FiNCプラス」がサービス開始。
株式会社FiNC(本社:東京都中央区、代表取締役社長:溝口勇児)は、法人向けの新ウェルネスサービス「FiNCプラス」の受付を開始。従業員の健康状態から生活習慣改善、ウェルネスメニューの割引特典、健康教育の実施、企業の健康経営銘柄の基準への対応など、従業員1人につき月額500円で提供。本サービスの提供開始日は4月1日を予定。
OFFICE LIFE | 3073view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング