予定率が史上最低水準だから人は「変額保険」に走る。

変額保険は、自分でポートフォリオを選んで返戻金のパフォーマンスをあげたい人向けの保険商品です。

死んだら回収できるんだから。

 

変額終身保険というと、「死んだら回収できる投資信託」という意味合いで、ハイリスク・ハイリターンを求めるような雰囲気があります。

 

この死亡保障というのはすごく大事な概念で、最近では従業員の退職金プランに「変額養老保険」が好まれているようです。

 

確定拠出年金だと、お金は従業員のものになり、しかもその大半が定期預金の塩漬け状態になっている。

 

であれば、「企業側が自社のお金として運用した方がいいんじゃない」という考え方です。

 

企業給付年金のような予定利率にはしばられませんし、これは理にかなっているといえます。

 

そして、死亡退職金という制度もできちゃうというわけです。

 

変額保険商品を取り扱う生命保険会社とは?

確定拠出年金(401K)よりもキャッシュ・フローが良いハーフタックスとは?

「予定率が史上最低水準だから人は「変額保険」に走る。」に関連する記事

【DCプランナー・解答速報】本日の試験結果をレポート。
昨年度は、1級が受験者数748名、合格者数324名、合格率43.3%。2級が1837名、合格者数1195名、合格率65.1%
OFFICE LIFE | 6256view
退職金準備の王道、ハーフタックスプランの極意。
経営者退職金の場合、最適な保険商品は長期定期保険ですが、従業員の方の退職金準備にはこの養老保険ハーフタックスプランが王道です。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 7020view
長期保険は期間短縮と期間延長を自由自在に。
「将来払えなくなったらどうしよう?」という不安があったときに「期間短縮」があれば、強気に行くことができます。そこでもう一つ考慮に入れたいのが、そこからの「期間延長」です。「途中で払えるようになったらどうしよう?」という時に初志に戻ることができるオプションです。
法人保険ドットコム | 4431view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング