終身保険の法人加入、唯一のメリットは事業承継対策

終身保険は、個人で加入する場合は、保険料について所得控除が受けられたり、保険金の受取人を指定することで保険金を相続財産から除外することができたりとメリットが大きいのですが、法人の場合は少しカラクリが違います。

実はデメリットばかりの法人終身保険。

 

終身保険に法人加入するデメリット

 

・保険料が高額のため、キャッシュフローを圧迫する
・保険料は全額が資産に計上されるため節税効果がない
・払込期間終了前に解約すると支払ってきた保険料が目減りする
・すでに資産計上しているため、退職金に当てるとそのまま赤字になる

 

 

相続による事業承継とは

 

後継者に株式を相続したら相続税を支払わなければなりません。
その時に、株式を会社に買い取ってもらうことで納税資金を準備するという方法です。

その買い取り資金のために終身保険に法人加入するということになります。


長期平準定期保険も同様なスキームで活用できますが、保険期間が最長で100歳までなので、もし100歳以上生きる自信があるなら、終身保険の方がいいでしょう。

 


まとめ

 

解約返戻金目当てでの終身保険への加入メリットはありません。
死亡保険金で「相続による事業承継対策」をするという明確な目的がある時のみに有効な手法です。

 

 

「経営者が知っておきたい生命保険プレミアム活用術」配信中


法人保険に関して、社長、財務ご担当者必見の情報をお届けするメールマガジンです。


無料購読

 

あなたにピッタリな法人保険診断    

 

法人保険マイスターの津崎桂一が、どんな法人保険プランが貴社にピッタリか診断いたします。

 

診断フォームはこちら

「終身保険の法人加入、唯一のメリットは事業承継対策」に関連する記事

従業員の退職金積み立ての落とし穴。企業が100%負ける退職金裁判。
中小企業で退職金制度があるのは77%。支払額の大卒平均は1200万円(大企業や国家公務員では2400万円)です。しかしながら、毎年200件の退職金に関する裁判があり、退職金制度そのものが企業にとって重たい負担となっているようです。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 15344view
生命保険の「変換権(コンバージョン)」は経営者の数十年かけたストーリー
生命保険営業の現場経験の長い人も、お客さんから「この保険にはコンバージョンはついてるの?」と聞かれることはごく稀です。しかしながら、変換権という機能は覚えておいて絶対に損はありません。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 5562view
経営者なら知っておくべき、生命保険の15の目的
経営者が考えるべき2つの保険とは、1つ目は、経営している会社名義の法人契約の生命保険。 もう1つは、契約者みずからの個人契約の生命保険です。経営者の方が生命保険を考えるときは、この2つの両面から考える必要があります。2つのバランスを欠いてしまった場合、後で様々な弊害がおこります。
NPO法人 全日本保険FP協会 | 10577view
ピックアップ
話題のキーワード
アクセスランキング